舞台『No.9 ―不滅の旋律―』、演出家が稲垣吾郎を絶賛! 立見券・注釈付S席の販売が決定

舞台『No.9 ―不滅の旋律―』、演出家が稲垣吾郎を絶賛! 立見券・注釈付S席の販売が決定

稲垣吾郎が音楽家ベートーヴェンに挑む舞台、木下グループpresents『No.9 ―不滅の旋律―』が、11月11日(日)の開幕に向けて、 東京公演の立見券、 注釈付S席(一部見づらいシーンあり)の販売を決定。また開幕に向けて、演出の白井 晃、脚本の中島かずきがインタビューに答えた。

偉大なる音楽家ベートーヴェンの苦悩の人生を、新しい視点と意欲的な演出、音楽表現で描き、2015年の初演より3年の時を経て再演を果たす舞台『No.9 ―不滅の旋律―』。 7月に発売を開始したチケットはすでに完売につき、今回の追加席の販売が決定した。

今回も主演はもちろん稲垣。初演時には、幼少期の父親からの暴力、母の死、貧困と孤独、報われぬ想い、そして音楽家にとって致命的ともいえる聴覚障害……。多くの困難に見舞われ、偏屈な激情家と化した天才が持つ人間味溢れる様々な面を、文字どおり全身全霊で熱演し、観客を魅了。“ハマリ役” “ベートーヴェンが降りてきたかのよう”と絶賛を浴びた。

再演といえども出演者の半数は新しい顔ぶれとなる今作。ベートーヴェンを支える女性マリアに剛力彩芽が抜擢! 稽古も10月初旬よりスタート。演出の白井は「稽古をやっていてすごいなと思うのは、稲垣さんは、稽古場に集まった様々な世界を持つ人たちの芝居を、すべて柔軟に受け入れている。今回は特にそう感じます」と語り、 脚本の中島は「剛力さんが演じるマリアが変わることで、化学反応が当然起きると思う。そこがどんな反応になるのか、楽しみなところですね」とコメント。また初演時の苦労話(?)や再演だからこその魅力なども話した。

再演決定後、ウィーンを訪れ、ベートーヴェンの足跡を辿った稲垣もさらに深みのある演技が期待されるところ。天才作曲家の波乱の人生と、彼が生み出した珠玉の調べが響き合う交歓のシンフォニー。伝説の第2章がまもなく開幕する。

公演情報

木下グループ presents  舞台『No.9 ―不滅の旋律―』

[出演]
稲垣吾郎 / 剛力彩芽
片桐 仁 村川絵梨 鈴木拡樹
岡田義徳 深水元基 橋本 淳 広澤 草 小川ゲン 野坂 弘
奥貫 薫 羽場裕一 長谷川初範

[演出]白井 晃
[脚本]中島かずき(劇団☆新感線)
[音楽監督]三宅 純

【東京公演】11月11日(日)~12月2日(日) 会場:TBS赤坂ACTシアター
【大阪公演】12月7日(金)~12月10日(月) 会場:オリックス劇場
【横浜公演】12月22日(土)~12月24日(月・祝) 会場:KAAT 神奈川芸術劇場<ホール>
【久留米公演】2019年1月11日(金)~1月14日(月・祝) 会場:久留米シティプラザ


白井晃、 中島かずきのインタビューはこちら
https://spice.eplus.jp/articles/213998
『No.9 ―不滅の旋律―』オフィシャルサイト
http://www.no9-stage.com/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC