宮野真守、『AERA』表紙に初登場! 「商品としての美学」について語る

宮野真守、『AERA』表紙に初登場! 「商品としての美学」について語る

宮野真守が、10月29日(月)発売の週刊誌『AERA』11月5日(月)号の表紙に登場する。

現在は、俳優、歌手としても活躍中の宮野は1990年に劇団ひまわりに入団し、海外ドラマの吹き替えで声優デビュー。『DEATH NOTE』の夜神 月役でブレイクし、以来、主役級のキャラクターを演じ続けてきた。今回がAERAの表紙”初登場”。撮影は、AERA表紙フォトグラファーの蜷川実花が務めた。

この号では、人物コラム「表紙の人」のほかインタビューも掲載し、「商品としての美学」について宮野が語っている。声優として、キャラクターを掘り下げることで「出てくる声に自信が持てる」と話し、その境地に至るきっかけになった作品として、『DEATH NOTE』を挙げた。「今いる場所を山にたとえるとどれくらいの高さ?」という問いには、「何個か山は登りました。でも、『頂上だぜ!』と思ったら公園の丘の上だった(笑)」と語っており、宮野の美学がちりばめられた内容となっている。

書籍情報

『AERA』  11月5日(月) 号
発売日:10月29日(月)
定価:390円(税込)
表紙:宮野真守

内容:
・大特集「有力25私大 未来を作る力」
18歳人口が減少に転じたいま、多くの私立大学は、未来の学生確保、生き残りをかけて「次の一手」を打ち始めている。特集では、その現場をルポし、偏差値に表れることのない、大学の「育てる力」にスポットを当てている。
・志尊 淳インタビュー
・Facebook 個人情報流出とザッカーバーグ
・34歳日本人がガーナの電子廃棄物から生み出すアート
など、多彩な記事を掲載