『PSYCHO-PASSサイコパス Sinners of the System』 公開日やスタッフ&キャスト、楽曲情報など解禁!

『PSYCHO-PASSサイコパス Sinners of the System』 公開日やスタッフ&キャスト、楽曲情報など解禁!

10月27日に行われた第31回東京国際映画祭で特別招待作品として『PSYCHO-PASSサイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰 &Case.2 First Guardian』ワールドプレミア上映イベントが実施された。関 智一(狡噛慎也 役)、野島健児(宜野座伸元 役)、塩谷直義監督が登壇。本作を披露するのは初で、TVシリーズ放送と2015年1月劇場版公開から3年半以上経過していると感じさせないほど劇場には大勢の『PSYCHO-PASS サイコパス』ファンの観客がいる中、本作に込めたメッセージやタイトルの意味を語った。

──「Sinners of the System」の意図

監督:今までつくったシリーズ(TVシリーズ、劇場版)がすごいスケールの大きいストーリー構成だったので、また別作品としてつくりたかった。サイドストーリーとして、もっと焦点を絞ってたかったので、「Sinners of the System」というサブタイトルをつけました。

──3作品のビジュアルイメージについて

監督:今回はキービジュアルに3作品それぞれのストーリーの内容を詰め込んでみました。サブタイトルも、僕がつけさせていただいて、作品をご覧いただければ、なるほどと、おわかりいただけるサブタイトルになっています。また、キービジュアルはすべてキャラクターデザインの恩田尚之に渋くかっこよく描いていただきました。

──Case.1、Case.2の注目ポイント

:誰がメインで登場するかというのはキービジュアルで推測できます。Case.1は宜野座と霜月がフィーチャーされていて、Case.2は須郷と征陸が、(お客様の反応を見ながら)あれ? 知りたくなかったですか?(会場爆笑) ここまで言っちゃいましたが、何も知らないでご覧いただくほうがより楽しめる作品に仕上がっていると思います。

野島:今回メインで登場している彼らの成長を楽しんでいただけたらと思います。未来のお話もあるので、本作の未来と現代のお話がつまっているので、ぜひ楽しんでいただけますとうれしいです。

監督:何もお伝えしないほうが楽しいと思うんですが、大きい感じでつくりました。いろんなものを入れ込んでつくっています。知っておいたほうがいいキーワードがたくさん散りばめらています。

──本作のお話をいただいたとき、アフレコ時のエピソード

:最初台本をいただいたとき、一度うちに持って帰り、部屋に飾り、少し眺めてから1ページずつ台本を読みました。スタッフ、キャストクレジットからじっくりと。それくらい、自分にとっては大切な作品ですので、とにかく何度も読み返しました。

野島:音声収録したのが2017年6月頃で、やっと完成したんだと思い、楽しみにしていました。

──最後の一言

野島:とにかく先入観なくご覧いただきたいので、細部までご覧になって楽しんでいただけたらと思います。

:本日はCase.1、Case.2とご覧いただけますが、3作品全てご覧いただき、大いなる「PSYCHO-PASSサイコパス」の流れの世界観を踏まえてご覧いただけると、さらに楽しんでいただけると嬉しいです。

監督:スタッフ以外でご覧いただくのが、実は今日が初めてなのでドキドキしています。スタッフも苦労して、つきつめて本作を制作しました。スタッフのモチベーションもあげたいので、今日ご覧になって面白いなと思っていただけたら、ぜひともこれからも応援お願いします。最後まで楽しんでいただけたらと思っています。本日はありがとうございました!

作品情報

『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』
2019年1月25日(金)より連続公開

【CAST】
野島健児、佐倉綾音、東地宏樹、有本欽隆、関 智一

【STAFF】
SSストーリー原案・監督:塩谷直義
脚本:吉上亮(Case.1)、深見真(Case.2,3)
キャラクターデザイン:恩田尚之、浅野恭司、阿部 恒、青木康浩
アニメーション制作:Production I.G 制作:サイコパス製作委員会 
配給:東宝映像事業部
©サイコパス製作委員会  

【イントロダクション】
正義は、歪んだ世界を照らす。
人間の心理状態を数値化し管理する近未来。犯罪に関する数値〈犯罪係数〉を測定する銃〈ドミネーター〉を持つ刑事たちは、犯罪を犯す前の〈潜在犯〉を追う。
2012年にスタートしたオリジナルTVアニメーション作品『PSYCHO-PASS サイコパス』は、2014年にTVアニメ第二期を放送、2015年に劇場版アニメを公開し、その世界観を広げてきた。
そして2019年――劇場版アニメ三部作としてその物語が動き始める。
これまでのシリーズと劇場版に参加したスタッフが再結集。塩谷直義が監督を務め、アニメーション制作はProduction I.Gが担当する。Case.1の脚本は、『PSYCHO-PASS サイコパス』ノベライズ「PSYCHO-PASS ASYLUM/GENESIS」を執筆した吉上亮が担当。Case.2とCase.3の脚本を、TVアニメ第一期、劇場版の脚本を手掛けた深見真が担うことになった。
3つの物語の舞台は約100年後の日本とアジア――その現在、過去、未来に起きる事件が語られる。
事件に立ち向かうのは、規定値を超えた〈犯罪係数〉を計測された〈執行官〉たちと〈シビュラシステム〉が適性を見出したエリート刑事〈監視官〉たち。犯罪を未然に防ぐために必要なものは、猟犬の本能か、狩人の知性か。事件は思わぬ事実を明らかにし、世界のあり方を映し出す。これまで語られていなかった『PSYCHO-PASS サイコパス』のミッシングリンクがついに紐解かれる。

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰
2019年1月25日(金)より公開

【STORY】
「今回は、私の事件ってことでいいですよね、センパイ」。2117年冬、公安局ビルに一台の暴走車両が突入する事件が発生。その運転手は青森にある潜在犯隔離施設 〈サンクチュアリ〉の心理カウンセラー・夜坂泉だった。しかし取調べ直前に夜坂の即時送還が決定する。監視官の霜月美佳は、執行官・宜野座伸元らとともに夜坂送還のため青森へ向かう。そこで待っていたのは、〈偽りの楽園〉だった。

【CAST】
宜野座伸元:野島健児、霜月美佳:佐倉綾音、夜坂 泉:弓場沙織、久々利武弥:平井祥恵、辻飼羌香:岡寛 恵、松来ロジオン:小山力也、玄沢愛子:斉藤貴美子、能登耕二:多田野曜平、烏間 明:中川慶一、常守 朱:花澤香菜、須郷徹平:東地宏樹、雛河 翔:櫻井孝宏、六合塚弥生:伊藤 静、唐之杜志恩:沢城みゆき

【STAFF】
SSストーリー原案・監督:塩谷直義
脚本:吉上亮 総作画監督:中村 悟 作画監督:新野量太、古川良太、鈴木俊二、森田 史、中村 悟、諸貫哲朗
演出:黒川智之、下司泰弘 
撮影監督:荒井栄児 
3D:サブリメイション 
色彩設計:上野詠美子 
美術監督:草森秀一
音響監督:岩浪美和 
音楽:菅野祐悟 
キャラクターデザイン:恩田尚之、浅野恭司、阿部 恒 
シリーズ原案:虚 淵玄
キャラクター原案:天野 明 
アニメーション制作:Production I.G
配給:東宝映像事業部
©サイコパス製作委員会

PSYCHO-PASS サイコパスSinners of the System Case.2First Guardian
2019年2月15日(金)より公開

【STORY】
「『フットスタンプ作戦』……あそこで、本当はいったいなにがあったんですか!」常守朱が公安局刑事課一係に配属される前の2112年夏、沖縄。国防軍第15統合任務部隊に所属する須郷徹平は、優秀なパイロットとして軍事作戦に参加していた。3カ月後、無人の武装ドローンが東京・国防省を攻撃する事件が発生する。事件調査のため、国防軍基地を訪れた刑事課一係執行官・征陸智己は、須郷とともに事件の真相に迫る。

【CAST】
須郷徹平:東地宏樹、征陸智己:有本欽隆、青柳璃彩:浅野真澄、大友逸樹:てらそままさき、大友 燐:大原さやか、狡噛慎也:関 智一、宜野座伸元:野島健児、縢 秀星:石田彰、六合塚弥生:伊藤静、唐之杜志恩:沢城みゆき、花城フレデリカ:本田貴子、常守 朱:花澤香菜、霜月美佳:佐倉綾音  

【STAFF】
SSストーリー原案・監督:塩谷直義
脚本:深見真 
総作画監督:阿部 恒 
作画監督:中村深雪、古川良太、阿部恒、諸貫哲朗 演出:下司泰弘 
撮影監督:荒井栄児
3D:I.G3D
色彩設計:上野詠美子 
美術監督:草森秀一 
音響監督:岩浪美和 
音楽:菅野祐悟
キャラクターデザイン:恩田尚之、浅野恭司、青木康浩 
シリーズ原案:虚 淵玄 
キャラクター原案:天野明
アニメーション制作:Production I.G
配給:東宝映像事業部
©サイコパス製作委員会

PSYCHO-PASSサイコパスSinners of the System Case.3恩讐の彼方に__
2019年3月8日(金)より公開

【STORY】
「わたしの、先生になってもらえませんか」。2116年に起きた東南アジア連合・SEAUnでの事件後、狡噛慎也は放浪の旅を続けていた。南アジアの小国で、狡噛は武装ゲリラに襲われている難民を乗せたバスを救う。その中には、テンジンと名乗るひとりの少女がいた。かたき討ちのために戦い方を学びたいと狡噛に懇願するテンジン。出口のない世界の縁辺で、復讐を望む少女と復讐を終えた男が見届ける、この世界の様相とは……。

【CAST】
狡噛慎也:関 智一、テンジン・ワンチュク:諸星すみれ、花城フレデリカ:本田貴子、キンレイ・ドルジ:志村知幸、ギレルモ・ガルシア:磯部勉、ツェリン・グルン:高木渉、ジャン=マルセル・ベルモンド:鶴岡 聡

【STAFF】
SSストーリー原案・監督:塩谷直義
脚本:深見 真
総作画監督:恩田尚之、阿部 恒、中村 悟 
作画監督:中村深雪、古川良太、竹内知海、古川尚哉、市川美帆、黄瀬和哉、阿部恒、諸貫哲朗、新野量太、中村悟 
演出:河野利幸、遠藤広隆 
撮影監督:荒井栄児 
3D:サブリメイション 
色彩設計:上野詠美子 
美術監督:草森秀一 
音響監督:岩浪美和 
音楽:菅野祐悟 
キャラクターデザイン:恩田尚之、浅野恭司、阿部恒 
シリーズ原案:虚 淵玄 
キャラクター原案:天野 明 
アニメーション制作:Production I.G
配給:東宝映像事業部
©サイコパス製作委員会

楽曲情報 

『PSYCHO-PASS サイコパスSinners of the System』3シリーズを通しての主題歌、各作品のエンディングテーマが決定! TVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』第1期、第1期新編集版、第2期のオープニング&エンディングテーマを、エレクトロニックとロックの要素を取り入れながら新しい未知の音楽を想像し続ける日本屈指のクリエイター中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)によるリミックスで再びスクリーンに蘇らせる。3シリーズを通しての主題歌は、第1期第1話〜第11話オープニングテーマ「abnormalize」(凛として時雨)のリミックスで、Case.1は、第2期エンティングテーマ「Fallen」(EGOIST)、Case.2は、第1期第12話〜第22話エンディングテーマ「All Alone With You」(EGOIST)、Case.3は、第1期第1話〜第11話エンディングテーマ「名前のない怪物」(EGOIST)のリミックスとなる。過去に松本大洋原作映画『PING PONG☆ピンポン☆』や士郎正宗原作映画『APPLESEED』などの劇場アニメ音楽も手がけてきた中野による新たな『PSYCHO-PASS サイコパス』サウンドとの未知との遭遇だ。

【中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)コメント】

『PSYCHO-PASS サイコパスSinners of the System』に参加できてとても光栄です。作品とアーティストに対するファンの強い思い入れを感じながら慎重に作業しました。また楽曲にもう一度違った角度から光をあてて新たな魅力を引き出すリプロデュースのような感覚で挑みました。オリジナル作品との対比を楽しんでいただけたらと思います。

『PSYCHO-PASS サイコパスSinners of the System』
主題歌:abnormalize(Remixed by MASAYUKI NAKANO)
作詞・作曲:TK
編曲:中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)

Case.1エンディング・テーマ:Fallen(Remixed by MASAYUKI NAKANO)
作詞・作曲:ryo(supercell)
編曲:中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)

Case.2 エンディング・テーマ:All Alone With You(Remixed by MASAYUKI NAKANO)
作詞・作曲:ryo(supercell)
編曲:中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)

Case.3エンディング・テーマ:名前のない怪物(Remixed by MASAYUKI NAKANO) 
作詞・作曲:ryo(supercell)
編曲:中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)


『PSYCHO-PASS サイコパスSinners of the System』オフィシャルサイト
psycho-pass.com

©サイコパス製作委員会