ポール・マッカートニー、ハッピ姿で妻のナンシーと7度目の日本ツアーのため来日!

ポール・マッカートニー、ハッピ姿で妻のナンシーと7度目の日本ツアーのため来日!

ポール・マッカートニーが、通算7度目の日本ツアーを行うため、10月29日夕刻に来日を果たした。

羽田空港には、昨年4月以来、約1年半ぶりとなる来日となったポール・マッカーニーの到着を待つ約500人のファンが集結。空港の到着ロビーはポールの到着を待ちわびるファンの熱気で溢れ、手作りのメッセージボードを掲げる人や、ザ・ビートルズの衣装を着ている人も見受けられた。

19時14分、ポールは妻のナンシー・シェヴェルと、マーチャンダイズでも販売されるハッピ姿で到着ロビーに姿を現し、会場にいたカメラに対して「コンバンハ。日本に戻ってこられてうれしいよ。サイコー」と語り、ファンが持参していたポールの似顔絵やCDにサインをしたり、多くのファンと握手をして日本のファンとの再会を楽しんでいた。

今回の日本ツアー『フレッシュン・アップ ジャパン・ツアー 2018』は、今年9月17日のカナダ・ケベック・シティで幕を開けたばかりの世界ツアーの一環として行われ、10月31日(水)と11月1日(木)が東京ドーム、11月5日(月)が両国国技館、そして11月8日(木)にはナゴヤドームでの公演が予定されている。ポールにとって、両国国技館、ナゴヤドームでの公演は初めてとなる。

9月7日に世界同時リリースされたニューアルバム『エジプト・ステーション』のリリース後初めてのツアーともなる今回の世界ツアー。ニューアルバム『エジプト・ステーション』は、36年ぶりに全米アルバムチャート1位を獲得するなど世界的なヒットとなっている。

今回の日本公演では、ポールがソロでリリースした楽曲、ウイングスの楽曲、そして世界遺産ともいえる「レット・イット・ビー」「ヘイ・ジュード」などのザ・ビートルズの楽曲に至るまで、世界中の人々を魅了し続けてきた名曲の数々が惜しげもなく披露される予定だ。

日本に対して「日本が大好きだよ。日本に行くたびにそれは楽しい思い出になるんだ」と語っているポール・マッカートニー。そのキャリアの集大成とも言える『フレッシュン・アップ』ツアーに期待は膨らむばかりだ。

PHOTO BY Kayoko Yamamoto

ライブ情報

フレッシュン・アップ ジャパン・ツアー 2018
10/31(水)・01(木)東京・東京ドーム
11/05(月)東京・両国国技館
11/08(木)愛知・ナゴヤドーム

リリース情報

2018.09.07 ON SALE
ALBUM『エジプト・ステーション』




ポール・マッカートニー 日本ツアーオフィシャルサイト
http://freshenup-japantour.jp/
ポール・マッカートニー 日本オフィシャルサイト
https://www.universal-music.co.jp/paul-mccartney/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC