伝説のバンド・クイーンの軌跡を描く映画『ボヘミアン・ラプソディ』より、出演者が“クイーンになるまで”の奮闘を映したメイキング公開!

伝説のバンド・クイーンの軌跡を描く映画『ボヘミアン・ラプソディ』より、出演者が“クイーンになるまで”の奮闘を映したメイキング公開!

11月9日(金)に日本で公開される、映画『ボヘミアン・ラプソディ』より、クイーンを演じた4人(ラミ・マレック、グウィリム・リー、ベン・ハーディ、ジョー・マッゼロ)のメイキング映像が公開。さらに、4人の来日と、11月に開催されるジャパンプレミアへの出演も決定した。

本作は、「世界で最も売れたアーティスト」に名を連ね、マイケル・ジャクソンやエアロスミスらと共にロックの殿堂入りを果たした伝説のロックバンド、クイーンのフレディ・マーキュリーの姿を、「X-MEN」シリーズのブライアン・シンガー監督が描いた作品。クイーンの現メンバーのブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮として参加しており、劇中に甦った32もの不朽の名曲には主にフレディ自身の歌声が使われている。

今回解禁された映像は、ブライアンに「クイーン役の4人は見事だ。完全に僕たち(クイーン)だった」とまで言わしめた、クイーンを演じた4人の奮闘がわかるメイキング「クイーンになるまで」。映像で、フレディを演じたラミは「クイーンになり切るつもりで挑んだ」と話し、ブライアンを演じたグウィリムは「スケールだけでなく、バンド内の絆まで表現しなければと思った」と熱を込めて語っている。

そして、ジョン・ディーコンを演じたジョーは、「全員が死に物狂いで楽器を習得した、弾いているフリをしてもすぐにバレる、ごまかしは効かない」と真剣な表情で当時の様子を回顧。ロジャーを演じたベンは「ロジャーを演じるのは並大抵じゃない」と、名ドラマーを演じた苦労を明かしている。

作品情報

『ボヘミアン・ラプソディ』
11月9日(金)全国公開

監督:ブライアン・シンガー 
製作:グレアム・キング、ジム・ビーチ
音楽総指揮:ブライアン・メイ(クイーン/ギター)、ロジャー・テイラー(クイーン/ドラマー)
出演:ラミ・マレック、ジョセフ・マッゼロ、ベン・ハーディ、グウィリム・リー、ルーシー・ボイントン、マイク・マイヤーズ、アレン・リーチ
配給:20世紀フォックス映画

© 2018 Twentieth Century Fox

オフィシャルサイト
http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/