スタジオジブリ発行「熱風」最新号は濱口竜介特集。鈴木敏夫が映画『寝ても覚めても』を大絶賛

スタジオジブリ発行「熱風」最新号は濱口竜介特集。鈴木敏夫が映画『寝ても覚めても』を大絶賛

スタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫が、現在ロングランヒット中 の映画『寝ても覚めても』を大絶賛している。

東出昌大を主演に迎え、濱口竜介監督が、芥川賞作家・柴崎友香による同名恋愛小説を映画化した本作。SNS では

「今年一番の傑作!」「とにかく普通の恋愛映画だと思って観に行ったら凄まじいものを観せられた! この映画凄すぎ!」「完全に『寝ても覚めても』中毒になった…。また観たくて身体震える」

などの大絶賛の感想で連日盛り上がりをみせている。

また、カンヌ、トロント、サンセバスチャン、釜山、ニューヨークと国際映画祭でも常に好評を博し、世界20カ国以上で公開が決定している本作。スタートしたばかりの今年の日本映画の賞レースでも、すでに山路ふみ子賞で最優秀作品賞にあたる山路ふみ子映画賞と山路ふみ子新人女優賞(唐田えりか)、TAMA映画賞では最優秀作品賞と最優秀男優賞(東出昌大)を受賞するなど、「今年の代表作」として話題をさらっている。

そんな盛り上がりを見せるなか、11月9日発行のスタジオジブリのフリーペーパー「熱風」にて濱口竜介特集が組まれることが決定。 “「寝ても覚めても」に至るまで、映画をつくり、考え、語り合ったこと”と題して、26ページに渡るロングインタビューが掲載される。濱口監督の映画作りの原点に迫る濃厚なインタビューとなっているほか、鈴木と濱口監督の対談も展開されている。 


細部に渡って本作を鑑賞していたスタジオジブリ鈴木は、 映画に寄せて下記熱いコメントを寄せている。

神と獣の間に人間はいる。 その人間の結合が「愛」だと、この映画は教えてくれる。――鈴木敏夫/スタジオジブリ(プロデューサー)

なお、このロングインタビューの様子は、鈴木氏がパーソナリティをつとめるラジオ番組「鈴木敏夫のジブリ汗 まみれ」(TOKYO FM 他、JFN 系列全国 38局ネット、毎週日曜日 23:00-23:30 放送)で 11月11日(日)に放送される予定だ。

【STORY】
東京。カフェで働く朝子は、コーヒーを届けに行った先の会社で亮平と出会う。真っ直ぐに想いを伝えてくれる亮平に、戸惑いながらも朝子は惹かれていきふたりは仲を深めていく。しかし、朝子には亮平には告げていない秘密があった。亮平は、かつて朝子が運命的な恋に落ちた恋人・麦に顔がそっくりだったのだ――。

作品情報

『寝ても覚めても』
好評上映中

出演:東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知(黒猫チェルシー)/仲本工事/田中美佐子
監督:濱口竜介
原作:『寝ても覚めても』柴崎友香(河出書房新社刊)
音楽:tofubeats
製作:『寝ても覚めても』製作委員会/COMME DES CINÉMAS
製作幹事:メ〜テレ、ビターズ・エンド
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス

©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/COMME DES CINÉMAS

『寝ても覚めても』オフィシャルサイト
http://www.netemosametemo.jp/

『寝ても覚めても』原作