2019年ブレイク必須の新人女優・森 七菜、『Negative Pop』で連載開始! 若干17歳、等身大の自分を見せる

2019年ブレイク必須の新人女優・森 七菜、『Negative Pop』で連載開始! 若干17歳、等身大の自分を見せる

2019年ブレイク必至の新人女優・森 七菜が、『Negative Pop』にて本日11月1日(木)より連載を開始した。

森は、中学3年生だった2016年夏に大分県でスカウトされた後、はじめて受けたオーディションで行定 勲監督のWEBCMに出演し、芸能活動をスタート。次々とオーディションを勝ち抜きさまざまな作品に出演。来年公開予定である岩井俊二監督の最新作『Last Letter』や白石晃士監督作品『地獄少女』などにも出演が決定し、2019年ブレイク必至の新人女優だ。

今回は、写真家・丸谷嘉長のホームページにおいて、1年間にわたり月イチ配信された「Negative Pop」シリーズで今年写真集を発売し話題を呼んだ松本穂香に続いての配信。今年出演した『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』(NHK)や、連続ドラマW『イアリー 見えない顔』(WOWOW)では影のある女子高生役を演じていたが、『Negative Pop』では若干17歳である等身大の彼女を見ることができる。ブレイク直前の初々しい彼女に是非注目してほしい。

Negative Pop オフィシャルサイト
http://negativepop.net/
森 七菜 オフィシャルInstgram
https://www.instagram.com/morinana_official/