黒木 華×野村周平、劇中さながらの掛け合いを披露! 映画『ビブリア古書堂の事件手帖』特大アンカット本で公開初日をお祝い

黒木 華×野村周平、劇中さながらの掛け合いを披露! 映画『ビブリア古書堂の事件手帖』特大アンカット本で公開初日をお祝い

本日11月1日(木)、映画『ビブリア古書堂の事件手帖』の初日舞台挨拶がTOHOシネマズ日比谷にて行われ、黒木 華、野村周平、成田 凌、夏帆、東出昌大、三島有紀子監督が登壇した。

初日舞台挨拶 レポート

登壇者らが登場すると会場は大きな拍手に包まれ、主演を務めた黒木は「初日を迎えられて嬉しいです」と公開の喜びを語った。野村も「どういう感想が来るのかとても楽しみです」と挨拶し、成田は自身の役柄に絡めて「上映後ということで心なしか冷ややかな視線を感じます(笑)」と会場の笑いを誘った。三島監督は「企画が始まったのが4年位前で、やっと産み落とすことができ、とても幸せです」と無事公開を迎えられた喜びを笑顔で語った。

「演じた感想や、ここを観てほしいというポイントはありますか?」という質問に黒木は、「本の知識と推理力がすごいという役だったので、本の読み聞かせをするシーンでも本の知識がある前提ですらすら話さなければいけないのが大変でした。後は原作のイラストのイメージとどう合わせるかというのは監督と相談しましたね」とコメント。野村が「比較的自分に近い役でしたね。監督から太陽みたいにしていて下さいと言われたので、現場で太陽みたいにしていたら“うるさい”と怒られました(笑)」と答えると、監督から「あったかいイメージでと伝えたつもりだったのですが、ギラギラの太陽でした(笑)」とツッコミを受け、会場を沸かせた。その後成田が「役には見た目から入っていきましたね。今日の衣装も少し稲垣に寄せました」と答えると、今度は野村が「サウナとか岩盤浴で着るやつでしょ(笑)」とツッコミを入れ、監督とキャストの仲睦まじい様子を見ることができた。

また、夏帆は「過去から現在へ思いが伝わるというテーマだったので、現代へきちんとバトンを渡せるように心がけました」と劇中での自身の役回りを意識したと語り、東出は「劇中で人に太宰治をお勧めする役だったので、役の為に必要なんだと言いながら文学作品を沢山読めたのは役得でしたね」と読書家で知られる東出らしい回答をみせた。

登場人物が本や人との出会いから人生が変わるほど影響を受けることに因み、「今までで自分の人生を変えた人や物はありますか?」という質問を受けた黒木は、「野田(秀樹)さんとの出会いですかね。自分の人生のはじまりなので。環境が変わっていくきっかけと、お芝居が好きなんだな、仕事としてやっていけるのかなと思ったきっかけですね」と語った。成田は「津川(雅彦)さんですかね。僕の目を見ててって言われただけなんですけど」と津川とのやり取りが自身の始まりであると語った。三島監督は「父が三島由紀夫を好きだったので私の名前を“有紀子”とつけたんですが、その結果、文学好きになって今日ここに立っているので、そういう意味では父ですかね。その父親から解放されたのは坂口安吾の【堕落論】でして。“人間は生きてるだけで堕ちていくものだ”という文章を読んで生きて行こうと思えたので、そういう意味では坂口安吾かもしれません」と本作の監督らしい回答を述べた。

続いて、本が過去と今を繋ぐ本作とは逆に、今と未来を繋ぐべく、キャストと監督がそれぞれ“10年後の自分へ向けてメッセージ”を書いたフリップを披露。三島監督が《生きてる?撮ってる?》、夏帆が《健康第一》、成田が《体調管理しっかりな。》と健康に関する真面目な回答を披露したのに対し、東出は1人だけ《最大何cmの岩魚釣った?》と趣味の回答を披露し、会場の笑いを誘った。

一方W主演である黒木と野村は、野村が“10年後も落ち着いていたくない”という逆説的な意味を込めて《落ち着いていますか?》と回答したのに対し、黒木は《好きな人たちと好きなことを。》と書いたフリップを披露して「10年後は無理していたくない…」と野村と真逆の回答。劇中の栞子と大輔のような掛け合いに会場からは笑いが起こり、すかさず野村が「栞子と大輔を演じるということはこういうことです(笑)」とコメントすると更なる笑いが会場を包んだ。

イベント終盤のフォトセッションでは、劇中で主人公・栞子が祖父から受け継ぐ、まだページが切り落とされていない貴重なアンカット本が出てくることに因んで、ステージに巨大アンカット本が登場! キャストと監督全員でテープカットならぬ、“アンカット本カット”が行われ、公開初日の晴れ舞台を観客と共に盛大に祝った。

まだ観ていない観客へのメッセージを求められた野村は「セットや光のこだわりが素晴らしいので、そうした所も楽しんで欲しいです」とコメント。黒木は「本が人と人を繋いでいく姿に私自身も感動しています。是非周りの方にもお勧めして欲しいです」と語った。最後に三島監督が「人の想いが届くって本当に奇蹟的な事だと思っています。皆さんの“想い”が届いた瞬間を思い出して帰って頂けたらと思います」と挨拶すると会場は大きな拍手に包まれ、イベントは幕を閉じた。

【STORY】
五浦大輔(野村周平)は、亡くなった祖母の遺品から夏目漱石の直筆と思われる署名入りの『それから』を見つけ、鑑定依頼のため北鎌倉の古書店「ビブリア古書堂」を訪れる。そこで出会ったのは、極度の人見知りながらも、本に対しては並大抵でない情熱と知識を持つ、若く美しい店主・篠川栞子(黒木華)だった。栞子は本を手に取り見ただけで、大輔の祖母が死ぬまで守っていたある秘密を鮮やかに解き明かしてしまう―。栞子の推理力に圧倒された大輔は、足を怪我し、力仕事のできない栞子のためにビブリア古書堂を手伝うことに。互いの魅力に惹かれ始め、二人の距離が少しずつ近づく中、栞子は大輔にある秘密を打ち明ける。それは、自身が所有する太宰治『晩年』の希少本が、“大庭葉蔵”という謎の人物に狙われ、栞子自身も度重なる脅迫を受けており、足の怪我もその人物の仕業だという驚きの告白だった。太宰治『人間失格』の主人公“大庭葉蔵”を名乗る謎の人物の正体は―。そして明かされる50年前の悲しく切ない愛の物語―。

作品情報

『ビブリア古書堂の事件手帖』
全国公開中

出演:黒木 華 野村周平/成田 凌/夏帆 東出昌大
監督:三島有紀子
脚本:渡部亮平、松井香奈
配給:20世紀フォックス映画、KADOKAWA
© 2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会

オフィシャルサイト
biblia-movie.jp

『ビブリア古書堂の事件手帖』原作