劇団EXILE・青柳 翔、町田啓太、鈴木伸之ら登壇! 映画『jam』舞台挨拶で早くも『jam2』を発表!?

劇団EXILE・青柳 翔、町田啓太、鈴木伸之ら登壇! 映画『jam』舞台挨拶で早くも『jam2』を発表!?

12月1日(土)より新宿バルト9ほかにて全国公開される映画『jam』。本日11月1日(木)に「第31回 東京国際映画祭」特別招待作品として、東京・EXシアター六本木で上映され、劇団EXILEの青柳 翔、町田啓太、鈴木伸之、秋山真太郎、八木将康、小澤雄太、小野塚勇人、佐藤寛太、SABU監督が舞台挨拶した。

上映後に開催された舞台挨拶。まずは、秋山、小澤、小野塚、八木、佐藤による和太鼓のパフォーマンスからスタート。一糸乱れぬ圧巻のパフォーマンスに会場からは大きな拍手が沸き上がった。

続いては、青柳が本作で演じるアイドル演歌歌手・ヒロシの歌謡ショーがスタート。会場後方から登場すると、「ヒロシ~!」と黄色い声援が。ステージに到着すると、役柄について「現場では監督に楽しくディレクションしていただき、本当に楽しく一生懸命撮影させていただきました。」と振り返り、劇団EXILE全員が出演した本作について「なかなか、このような体験をさせていただくことはないので、本当に貴重ですし、これから『jam』を12月の公開までにもっともっと盛り上げていけたらいいなと思います。」と意気込みを語った。

また、撮影中印象に残っていることを聞かれた町田は「ブラジャーを拾うシーンがあったんですけど、最初普通に『落ちましたよ』って上げたら、SABUさんが『違う。いやらしくフリフリして』ってニコニコしながら言ってきてくださったんですけど(笑)。それが、だいぶ衝撃でした(笑)。」と振り返った。一方、劇中で一言もセリフのなかった鈴木は、「逆にアクションに集中できましたし、誰もケガもなく無事に撮影を終えることができてよかったです」とコメント。撮影外では「北九州で撮影させていただいたのですが、1回全員でご飯を食べに行ったのがたのしかった思い出です」と振り返った。

監督は、「みんな本当に仲がいいので、現場がすごく楽しかったです」と、劇団EXILEとのコラボについてコメント。最後の言葉を求められると「『jam2』のほうが面白いかもしれない(笑)。」一言。キャストをはじめ、会場が笑いに包まれた。改めて、監督は「本当に、思惑通りというか、今日のヒロシのコンサートも、なんとなく考えていたことなので、考えていたことができて、よかったです。そして、『jam2』ができるように! 『jam2』のほうが面白いから!」と挨拶して、イベントは幕を閉じた。

レッドカーペット イベント

【STORY】
主人公は3人。場末のアイドル演歌歌手・ヒロシ(青柳翔)は、熱烈なファンに支えられ舞台では華やかに輝きながらも、いつも心に空虚感を抱えている。ある日のコンサート終わり、ファンのひとり・雅子(筒井真理子)に付きまとわれ、そのまま彼女の暴挙に巻き込まれ、彼女の自宅に監禁されてしまう。

一方、大切な彼女が瀕死の重傷を負ってしまい、毎日彼女の意識回復だけを望むタケル(町田啓太)。彼は、“善いこと”貯金をすれば、彼女の意識が戻るのではないかと信じ、毎日を必死に生きている。

そして、刑期を終え、刑務所からシャバに戻ったテツオ(鈴木伸之)。自分を刑務所送りにしたやくざに復讐を仕掛けるために、やくざ事務所に単身殴り込みをかける。

3人のストーリーが、同時間&同じ街で交差し絡み合いながら、それぞれの人生の“因果応報”が巡り巡って行くのだった……。

作品情報

『jam』
2018年12月1日(土)より新宿バルト9ほか全国公開
エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
監督・脚本:SABU
出演:青柳 翔、町田啓太、鈴木伸之、秋山真太郎、八木将康、小澤雄太、小野塚勇人、佐藤寛太、野替愁平、筒井真理子
配給:LDH PICTURES
宣伝:フリーストーン
(C)2018「jam」製作委員会

『jam』オフィシャルサイト
https://ldhpictures.co.jp/movie/jam/