映画『鈴木家の嘘』、「第31回東京国際映画祭」日本映画スプラッシュ部門作品賞&東京ジェムストーン賞受賞!

映画『鈴木家の嘘』、「第31回東京国際映画祭」日本映画スプラッシュ部門作品賞&東京ジェムストーン賞受賞!

本日11月2日(金)、「第31回東京国際映画祭」の授賞式が開催され、映画『鈴木家の嘘』(11月16日(金)公開)が日本映画スプラッシュ部門作品賞を受賞。さらに、ヒロイン役を演じる木竜麻生が「東京ジェムストーン賞」を受賞した。

同映画祭にて行われたレッドカーペットやワールドプレミア舞台挨拶は満員御礼で迎え、上映後に行われたチラシ&サイン会では長蛇の列。鑑賞後の観客からは絶賛の声が多く寄せられるなど、盛り上がりを見せた本作。

日本映画スプラッシュ部門は、海外への飛躍を強く意識した部門であり、活況を呈する日本のインディペンデント映画から、とりわけ個性が強く独創性とチャレンジ精神に溢れる作品が選出される。過去には、大ヒットした『百円の恋』(武 正晴監督)も受賞している。

デビュー作で初の映画祭出品が決まり、この度作品賞を受賞した野尻監督。4年の月日をかけ自身の経験を基に書き上げたオリジナル脚本は、キャスト全員が出演を即決するほど。スピーチの際には脚本を書いていた時期や撮影当時を思い出し、支えてくれたキャスト・スタッフへ感謝の気持ちを述べた。はじめ、司会より結果発表がフライングされるハプニングもあったが、それについて監督は「正直ダメかと思いました…」と最後に安堵の様子を見せた。

一方「東京ジェムストーン賞」は、東京国際映画祭のビジョンの一つに掲げた「映画の未来の開拓」に沿って、宝石の原石(ジェムストーン)の様な輝きを放つ若手俳優を東京で見出し、顕彰し、世界に紹介することで、彼らがその輝きを増す一助となることを目的として昨年から設けられた賞。同映画祭に出品される全作品を対象に、男優・女優問わず日本と世界の若手俳優数名が選出される。昨年度には『勝手にふるえてろ』主演・松岡茉優など、映画界を盛り上げる今人気の若手女優らが受賞したことでも知られる。

この賞を受賞した木竜は、瀬々敬久監督『菊とギロチン』や本作のヒロインに抜擢され、新人女優としてその名を広めた一年となった。同映画祭が初めての参加ということもあり、緊張な面持ちの中、作品に関わったすべての人へ感謝の気持ちを述べた。この度の東京ジェムストーン賞を受賞したことで、女優人生で大きな転機となりさらに期待が高まったに違いない。

【野尻克己監督 受賞コメント】
生まれてこの方、一度も賞をとったことがなく読書感想文でさえもらったことがないので驚いてます。脚本は4年前に書き始め、こつこつ書いて
いました。体験を基にしつつ小さい映画にはしたくなかった。魂をゆさぶる映画を撮りたいと思っていた4年前は、このような形で映画になるとは夢にも思っていませんでした。先輩監督が、「監督は、なるものではなく、まわりの人にならせてもらうものだ」と仰っていたが、その通りだと思っています。僕に監督にしてくださったキャスト、スタッフの皆さんの賞だと思っています。審査員の方も僕の作品を認めてくださってありがとうございます。

【木竜麻生 受賞コメント】
このような素晴らしい賞をいただき本当にありがとうございます。
東京国際映画祭は今回初めて参加させていただきました。
作品に関わった皆さんといただけた賞だと思っています。
これからも精進してまいります。

【STORY】
あまりにも突然に訪れた長男・浩一の死。ショックのあまり記憶を失った母のため、遺された父と長女は一世一代の嘘をつく。ひきこもりだった浩一は、扉を開けて家を離れ、世界に飛び出したのだと―。母の笑顔を守るべく奮闘する父と娘の姿をユーモラスに描きつつ、悲しみと悔しみを抱えながら再生しようともがく家族の姿を丁寧に紡ぐ感動作。

作品情報

映画『鈴木家の嘘』
11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー


監督・脚本:野尻克己
出演:岸部一徳 原 日出子 木竜麻生 加瀬 亮 岸本加世子 大森南朋
音楽・主題歌:明星/Akeboshi「点と線」(RoofTop Owl) 
製作:松竹ブロードキャスティング
制作プロダクション:ハーベストフィルム
配給:松竹ブロードキャスティング/ビターズ・エンド
©松竹ブロードキャスティング

オフィシャルサイト
www.suzukikenouso.com