『うる星やつら』『からかい上手の高木さん』などの名作ラブコメを“米粒マンガ”として大胆に再構成! 音楽はキュウソネコカミ

『うる星やつら』『からかい上手の高木さん』などの名作ラブコメを“米粒マンガ”として大胆に再構成!  音楽はキュウソネコカミ

小学館発行の歴代人気ラブコメ5作品(「『アフロ田中』シリーズ」『うる星やつら』『からかい上手の高木さん』『ツルモク独身寮』『ハヤテのごとく!』)と、人気ロックバンド・キュウソネコカミの書き下ろし楽曲「米米米米(べいまいべいべー)」がコラボレーション、クボタのお米への愛を伝える“クボタ LOVE米プロジェクト特別映像『米米米米』”が公開された。

本映像は、人気ラブコメの名シーンを“米粒一つひとつ”に描き、繋ぎ合わせ、お米への興味を喚起するストーリーに再構成するという“世界初!?”の手法で制作。

今回の映像では、幅5mmほどの米粒に5 作品の中から抜粋した計137のシーンひとつずつを「微細切削加工」により描き、人気キャラクターたちがお米への愛を熱く語る、さながらLOVE 米(ラブコメ)ストーリーとして再構成。

コマ撮りならぬ“コメ撮り”を用いたユニークな撮影手法と、キュウソネコカミが本映像のために書き下ろした楽曲「米米米米」が奇跡的に融合し、“クボタLOVE 米プロジェクト特別映像『米米米米』”の世界観を作り出している。

本映像を通して、お米を取り巻く環境や最新トリビアなどの情報を発信すると共に、「LOVE 米」「日本の農業を、食べて応援しよう。」というメッセージを訴求していく。

■映像完成に至るまでの制作スタッフの見えない努力!
まず制作スタッフ間で、5作品のマンガ全巻(※2018年10月時点で販売されているコミックに限る)を読破し、ストーリー構成に使えるシーンをセレクトするところから作業はスタート。

その後、漫画を描くキャンバスとして使用する米粒が微細切削加工によって破損しないかなどのテスト検証を様々な品種で実施し、切削に最適な米粒を選定。いざ本番の微細切削加工による描写作業になった際は、刃の細さが20ミクロン(髪の毛は80ミクロン)ほどしかない最高レベルの切削機器を使用し、米粒が乾燥して割れないように、室内の湿度を60%以上に保ちながら、1粒あたり5~6時間かけ描写。また、同じお米であっても1粒1粒で大きさや硬さが異なるため、つねに試行錯誤を重ねながら切削を行った。

さらに、切削作業以外にも、撮影時に米粒を並べ映像の1シーンを完全な手作業でデザイン。このような制作スタッフの努力の結晶で本映像は完成に至った。

■視聴するだけで“豆知識ならぬ米知識”をゲットできるネタがたくさん!
本映像にはマンガのシーンを通して、お米にまつわる様々なトリビアを紹介。「アンチエイジング効果がある」「スギ花粉症治療のお米が開発されている」「『青天の霹靂』や『森のくまさん』、『ほほほの穂』という名前のお米が存在する」「品種は800種類以上ある」など、思わず誰かに披露したくなる情報が盛り込まれている。

■作品の垣根を超えた全員集合のラストカットで夢のコラボが実現!
最大の注目ポイントは、ラストカット。5作品のメインキャラクターである田中広、ラムちゃん、高木さん、宮川正太、綾崎ハヤテらだけでなく、キュウソネコカミのマスコットキャラクターである「ネズミくん」など、本映像に登場したキャラクターが作品の垣根を超え、一堂に勢揃い! さらにクボタのトラクタもちゃっかり登場しているオリジナルの1カットは、本映像でしか見られない大変貴重なシーンとなっている。

キュウソネコカミは、「米米米米」を収録したニューアルバム『ギリ平成』を、12月5日にリリース。「米米米米」は、先行して11月14日よりiTunes Store、レコチョクなど、主要配信ストアおよびApple Music、LINE MUSIC、Spotify、AWA など主要定額制音楽ストリーミングサービスにて配信される。

(C)窪之内英策/小学館  (C)高橋留美子/小学館  (C)のりつけ雅春/小学館  (C)畑健二郎/小学館  (C)山本崇一朗/小学館

リリース情報

2018.12.05 ON SALE
キュウソネコカミ ALBUM『ギリ平成』


特設サイト https://www.kubota.co.jp/0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000/

キュウソネコカミ OFFICIAL WEBSITE
http://kyusonekokami.com/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC