山寺宏一、『宇宙戦艦ヤマト2202  愛の戦士たち』第六章「回生篇」見どころを語る!

山寺宏一、『宇宙戦艦ヤマト2202  愛の戦士たち』第六章「回生篇」見どころを語る!

11月2日より公開がスタートした『宇宙戦艦ヤマト2202  愛の戦士たち』第六章「回生篇」。本シリーズにアベルト・デスラー役で出演している山寺宏一が、第六章ではエンディング主題歌「大いなる和」も担当し話題になっている。

このたび、主題歌について、そして第六章の見所について山寺氏に語ってもらったオフィシャルインタビューが到着した。

オフィシャルインタビュー

――オファーを受けたときの印象をお聞かせ下さい。

山寺宏一 突然「ヤマトのエンディング主題歌が決まりました」とマネージャーに言われて。てっきりデスラーとして好敵手のようなイメージのオファーなのかと思ったら、「歌手として歌って欲しい」というお話だったんです。なにかの間違いじゃないかと思いました(笑)。とにかくびっくりしたのと、ありがたいっていう思い。がんばらなきゃいけないなって。

――曲や詞の印象はいかがでしたか?

山寺 昔、企画もののアルバムで「ヤマトより愛をこめて」を歌ったことがあるんですよ。『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』って『さらば宇宙戦艦ヤマト』のリメイクだから、そういう曲なのかなって思っていたんです。そうしたらプロデュースがS.E.N.S. Projectさんで、曲を聴かせていただいたらとにかくすばらしい曲でした。詞もきっと、皆さんが経験したことのあるような、懐かしい情景を歌っている、とても希望を感じさせる詞でした。

――レコーディングの様子をお聞かせ下さい。

山寺 S.E.N.S. Projectの中心人物である勝木ゆかりさんと、安全地帯のギタリスト武沢 豊さんが実際にスタジオにいらしてディレクションして、くださったんです。歌詞はセリフを言うように、その気持ちだけで歌ってくれたらそれでいい。心に刺さる、人の気持ちを動かす歌っていうのは、上手いとかテクニックがあるとか、そういうことではないんですと、おふたりは言ってくれました。そこで詞の内容と演奏、メロディを聴いて、それに乗っかるまま気持ちを込めて歌ったんです。上手く歌おうとか、そういうことは考えず、気持ちで。例えば、僕の地元宮城の風景を思い浮かべながら歌ってみたら、自分の中でいろんな想いが溢れてきました。その気持ちが伝わってくれたらいいなと思いますね。

――ヤマト世代の山寺さんにとって、ヤマトのエンディングを歌うということは?

山寺 『宇宙戦艦ヤマト』は、僕が小さい頃から観ていた作品です。旧作から今作に至るまで、名だたる歌手の皆さんと名を連ねることになるわけですから、すごいことです。しかも重要な役、デスラーで出させていただいたうえにさらにエンディング主題歌まで。ハンパないプレッシャーですよ!

――上映が迫る、第六章の見所をお聞かせ下さい。

山寺 まずは前章が、ヤマトが沈んだところで終わったんですよね。だからヤマトは一体どうなるのか、というのが大きな見所ですよ。そして銀河というヤマトに似て非なる戦艦と、山南のアンドロメダの活躍。もう鳥肌ものでしたね。あとはガトランティスです。ずっと謎だったんですけど、ズォーダーとは!? ガトランティスとは!? サーベラーとの関係もいろいろと明らかになります。そのあたりデスラーは全然出てこないんですが(笑)。

――ファンの皆さんにメッセージをお願いします。

山寺 「大いなる和」――人が集まってできる和を尊ぶ、大いなる「和」がタイトルの歌です。『2202』のファンは僕のようなヤマト世代の方もいれば、10代、20代でも観ている方はたくさんいらっしゃるでしょう。この歌はそのみんなの心に、すっと入ってくる。そういう歌にできあがっています。みんなの心に思い浮かぶような風景から、未来へとぐぐっと広がっていく。ヤマトらしい大きなスケール感の曲を楽しんで下さい。

リリース情報

『宇宙戦艦ヤマト2202』主題歌シングル第3弾
「大いなる和/ようらんか」
10月31日発売
価格:1,300円+税

<CD>
1.大いなる和 (『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第六章エンディングテーマ)
プロデュース・作詞・作曲:S.E.N.S. Project 歌:山寺宏一
2.ようらんか (『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第五章エンディングテーマ)
プロデュース・作詞・作曲:S.E.N.S. Project 歌:ありましの with MayTree
3.大いなる和 (Instrumental)
4.ようらんか (Instrumental with MayTree)

作品情報

『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』第六章「回生篇」
全国35館にて劇場上映中


【スタッフ】
製作総指揮:西﨑彰司
原作:西﨑義展
監督:羽原信義
シリーズ構成:福井晴敏
副監督:小林 誠
キャラクターデザイン:結城信輝
音楽:宮川彬良・宮川 泰
アニメーション制作:XEBEC
製作:宇宙戦艦ヤマト 2202 製作委員会

【キャスト】
古代 進:小野大輔
森 雪:桑島法子
島 大介:鈴村健一
真田志郎:大塚芳忠
南部康雄:赤羽根健治
相原義一:國分和人
太田健二郎:千葉優輝
徳川彦左衛門:麦人
アナライザー:チョー
加藤三郎:細谷佳正
山本 玲:田中理恵
斉藤 始:東地宏樹
永倉志織:雨谷和砂
土方 竜:石塚運昇・楠見尚己
山南 修:江原正士
桂木透子:甲斐田裕子
藤堂早紀:高垣彩陽
神崎恵:林原めぐみ
市瀬美奈:黒沢ともよ
日下部うらら:小宮有紗
ズォーダー:手塚秀彰
サーベラー:甲斐田裕子
ミル:内山昂輝
クラウス・キーマン:神谷浩史
アベルト・デスラー:山寺宏一

番組情報

TVアニメ『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』
放送中

テレビ東京 毎週金曜深夜1時23分~
テレビ大阪 毎週金曜深夜2時10分~ ※初回放送のみ2時46分~
テレビ愛知 毎週金曜深夜2時05分~

©西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト 2202 製作委員会

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』オフィシャルサイト

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by リスアニ!WEB