木村拓哉、20人の子供たちとクリスマスの名曲「Wonderful Christmastime」を合唱

木村拓哉、20人の子供たちとクリスマスの名曲「Wonderful Christmastime」を合唱

そごう・西武が、11月6日(火)よりスタートする2018年度のクリスマスプロモーションに向けて、イメージキャラクターの木村拓哉が出演するPR動画『愛と、未来と、クリスマス。』篇(130秒・30秒)を制作。本日11月5日(月)より、そごう・西武15店舗の店頭モニターや、そごう・西武ホームページの特設サイト、屋外ビジョンほかにて放映を開始する(※期間限定:12月31日(月)まで)。

PR動画『愛と、未来と、クリスマス。』篇では、子供へのクリスマスプレゼントに、何を贈れば良いのだろうかと悩む父と母が、子供の未来を想い、考え、想像し、そごう・西武で最高のひと品にめぐり合うまでの様子が、無声のショートムービーとして描かれている。

そのバックグランドで流れているのは、木村拓哉と、20人の子供たちが歌うクリスマスソング「Wonderful Christmastime」。あの名曲を、木村がアコースティックギターで奏で、子供たちと声を合わせる。時に優しく囁くように、時にはハンドクラップを交えて背中を押してくれるように、物語の進行にピタリと合った贅沢なBGM……。

この夢のようなコラボレーションは「子供の未来を拓く」というそごう・西武のクリスマステーマに木村が共感したことから実現。たっぷりの愛をこめて歌いあげられた「Wonderful Christmastime」、そして 130秒間の動画を通して、「本当の愛は、大切な人の未来を想うこと。」というそごう・西武からのメッセージを訴求する。

なお、PR動画『愛と、未来と、クリスマス。』篇の作中で、重要な役割を担うハートの水彩画は、撮影中に木村が実際に描いたもの。赤を基調とした、ふわりと温かみのあるハートは、子供たちが描いた個性ゆたかなハートの数々で形取られたクリスマスツリーのトップに配置され、ポスターや、クリスマス用に店内で使われる包装紙やショッパー(お買い物袋)のキーデザインとなる。

また、12月8日(土)・9日(日)(そごう広島店・西武東戸塚店のみ12月15日(土)・16日(日))限定で、そごう・西武15店舗に設置される特設フォトブースで写真を撮り、ハッシュタグ「#愛と未来とクリスマス」をつけて TwitterまたはInstagramに投稿すると、先着10,000名(そごう・西武対象店舗総計)に、木村が描いた水彩画のハートと同じデザインの「西武・そごう×木村拓哉 オリジナルハートチャーム」がプレゼントされるハッシュタグキャンペーンも開催される。

木村が歌い奏でる「Wonderful Christmastime」の音色とともに幕を開ける、そごう・西武『愛と、未来と、クリスマス。』に注目だ。

【PR動画『愛と、未来と、クリスマス。』篇 STORY】 
クリスマスのイルミネーションが輝く夜の街を急ぐ母親。同じく急ぎ足の父親。ふたりが待ち合わせをしたそごう・西武のエントランスにも、大きなクリスマスリースが飾られている。

合流したふたりはエスカレーターで上階へ。子供へのクリスマスプレゼントを買いに来たふたりだったが、「何を贈れば良いんだろう」と思い悩む。子供のギフトが並ぶ売場で二手に別れ、プレゼントの品定めをするふたり。地球儀を手に取る母……確信が持てない。サッカーボールを持つ父……悩んでいる。

「大切な人には、必ず可能性がある。だから、考えて、考えて、考えて。」 不安そうなふたりを、木村拓哉と20人の子供たちが歌う「Wonderful Christmastime」が優しく包み込む。

そして、子供たちとハートの絵を描き始める木村。完成したハートの絵はスケッチブックを離れ、空高く舞い上がっていく。

やがてそのハートの絵は子供へのクリスマスプレゼントを決めあぐんでいるふたりのもとへ。するとふたりは同時にあることを思い出す。それは、子供が楽しそうにクレヨンでお絵描きをしている姿。その瞬間、ふたりの思いは決まった。

翌朝、枕元に置かれたプレゼントの包みに気付く男の子。何が入っているのか開ける瞬間、歌っていた木村と20人の子供たちも息を潜める。

プレゼントの中身を見て、みるみるうちに表情が明るくなっていく男の子。幸せいっぱいの笑みがこぼれる。両親からのプレゼントは、何十色もの色鉛筆。その様子をそっと見守る両親。内心ほっとしているよう。

「本当の愛は、大切な人の未来を思うこと。」木村がウインクすると、ハートの絵と「愛と、未来と、クリスマス。LOVE & FUTURE」の文字が現れる。

【撮影エピソード】
・木村拓哉の即席アンプラグドライブにスタッフうっとり!
撮影開始予定時間の20分前、スタジオにひとりひょっこり現れたのは木村拓哉本人。突然の出来事に、現れたのが木村本人だと気付いているスタッフはごく少数だ。制作スタッフの多くは、これから長丁場になるであろう撮影に備えて休憩をとっていたり、機材の最終チェックをしたりしているタイミング。

木村はスルスルっとセットの中に入り込むと、ソファーに腰掛け自ら持参したアコースティックギターを爪弾き始めた。その音色に聞き惚れて、次々とスタジオに戻ってきたスタッフが、その音色の主が木村だと知ってビックリ!

ソファーにゆったりと腰掛け、アコースティックギターを弾きながら名曲「Wonderful Christmastime」を口ずさむ木村の姿に、「これ、アンプラグドのライブだね!」と喜ぶスタッフたち。長い期間、この日の撮影のために準備を積み重ね、撮影当日も早朝からスタジオ入りしていたスタッフに、木村からの思わぬ20分間のプレゼントは、ひと足・ふた足早いクリスマスプレゼントだったのかもしれない。

・賑やかな撮影現場が一転、スタジオから音が消えた!?
今回の撮影で、木村と共演したのは20人の子供たち。5歳から11歳、年齢も国籍もまちまちだが、共通することがひとつあった。

それは全員、「とても元気がいい」こと。特に名曲「Wonderful Christmastime」を木村と合唱するシーンでは、元気いっぱいのハンドクラップで、PR動画『愛と、未来と、クリスマス。』篇終盤の重要な場面を大いに盛り上げた。

元気のよさは撮影中にとどまらず、撮影の合間や休憩時間にも全開。撮影で出会ったあらたなお友だちと、おしゃべりしたり、とんだり跳ねたり走ったり、とても賑やかな撮影現場となった。

しかし、そんな子供たちの笑い声や足音がスタジオから消えてしまった瞬間が。それは、木村とともに、作中で重要な役割を担うハートの画を描くシーン。先ほどまでの喧騒が信じられないくらい静まり返ったスタジオ内に、筆や色鉛筆、クレヨンを走らせる音と静かな息遣いだけが聞こえた。その集中力のすごさに、撮影するカメラマンも息を呑むほど。

その後、ひとり目が完成、ふたり目が完成、描き終えた子供たちが徐々に増えていくに従って、元の賑やかなスタジオに戻っていく。

そして、この日いちばんの賑やかさを迎えたのは、(木村も含め)完成したハートの絵を皆で見せ合い始めたとき。

ずらりと並んだ色とりどり、形も様々な個性豊かなハートの数々に、さながらスタジオ内に小さなアートギャラリーがオープンしたかのよう。このとき描かれたハートの絵は、PR動画だけではなく、クリスマス全体のキービジュアルにも使用されることとなった。


そごう・西武ホームページ クリスマス特設サイト
https://www.sogo-seibu.jp/christmas2018/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC