ASKA、5年ぶりの全国ツアーで感極まる。「待っていてくれてありがとう。」

ASKA、5年ぶりの全国ツアーで感極まる。「待っていてくれてありがとう。」

「待っていてくれてありがとう。本当にありがとう!」 コンサートの終盤、ASKAは感極まり、客席に深く頭を下げた。

11月5日、『ASKA PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018 -THE PRIDE-』で、 5年ぶりにASKAがステージに戻ってきた。

「いちばん心配なのは、 僕の気持ちの高ぶりです。久しぶりにステージに立てるので、こみ上げてくるはず。いかに感情の高ぶりを抑えて、最後までいいコンサートにするか。自分に強く言い聞かせています」 2ヵ月前に会ったときにASKAは話していた。

1曲目は「熱風」。ネイビーのスーツにシャツ、ネイビー&ホワイトのタイで現れたASKAは、マイクとの距離をたくみにコントロールして、ていねいに歌っていく。喉の状態はいい。声に力を感じる。マイクから離れても歌は説得力を持つ。そんなASKAのボーカルを、オーケストラが温かく包み込む。下手側でひとりだけラテンテイストのパーカッションが励ますようにリズムを刻む。

「今回のコンサートでは代表曲をずらりと歌います」 本人の予告どおり、 名曲・有名曲をずらり。 最初のクライマックスは前半に訪れた。ショパンの「雨だれ」を使ったイントロから「はじまりはいつも雨」の歌い出しに、客席の温度がぐっと上がった。涙ぐむ客の姿も。

20分の休憩をはさんで再び現れたASKAは、明らかにギアを上げた。声が一気に輝きを増す。「君が愛を語れ」「月が近づけば少しはましだろう」では、天井を突き破るようなロングトーン。

このあとASKAは、さらにもう一段ギアを上げた。CHAGE and ASKAの1990年代の代表曲を立て続けに披露。会場のボルテージは最高潮に。ASKA自身も瞳を潤ませているのがわかる。1階から2階へ、オーディエンスが次々と立ち上がる。歌う。こぶしを振り上げる。そんな会場の熱が冷めぬまま終演を迎えた。

『ASKA PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018 -THE PRIDE-』は、まだスタートしたばかり。ツアーは北海道から九州まで8都市10公演、12月まで発表されている。東京は12月にまだ2公演ある。さらに、12月23日(日)に静岡で追加公演が決まった。2018年はASKA復活のショーで暮れていく。

リリース情報

2018.10.17 ON SALE
ALBUM『We are the Fellows』


2018.10.17 ON SALE
ALBUM『Made in ASKA』

2018.11.21 ON SALE
ALBUM『SCENE -Remix ver.-』

2018.11.21 ON SALE
ALBUM『SCENE II -Remix ver.-』


ASKA 商品特設ページ
https://www.yamahamusic.co.jp/aska-sp2018/
ASKA オフィシャルサイト
https://www.fellows.tokyo/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC