人生は鉄道に乗った⻑い旅。「RAILWAYS」シリーズ最新作、有村架純と國村 隼のW主演『かぞくいろ』の魅力

人生は鉄道に乗った⻑い旅。「RAILWAYS」シリーズ最新作、有村架純と國村 隼のW主演『かぞくいろ』の魅力

有村架純と國村 隼をダブル主演に迎えた、人気シリーズ「RAILWAYS」の最新作『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』。

前作から約7年ぶりとなる最新作の舞台は、熊本・八代~鹿児島・川内を結ぶ<肥薩おれんじ鉄道>。シリーズ初となる「⼥性運転⼠」の物語で、シングルマザー、核家族など、現代の多様化する家族の在り⽅にも問いかけながら、今時の“家族のカタチ”を表現し、愛する⼈を失った哀しみなどを背負いながらも、新たな⼈⽣を再出発する姿を描く。

鉄道会社全⾯協⼒のもと、鉄道教習所で研修を受けるシーンや鉄道を運転するシーンなど細部まで鉄道の描写にこだわりっているのはもちろん、舞台となる⿅児島・熊本の⾃然あふれる⾵景、その地域の⽂化、作品に出てくる⼈々の⼈⽣などをありのままを物語に溶け込ませているのは、3作品通じて共通する「RAILWAYS」シリーズの特徴でもあり、本作にも描かれている重要なポイントだ。

島根県の⼀畑電⾞を舞台に、中井貴⼀が演じる50歳⼿前の順⾵満帆なサラリーマンが、あるきっかけによって故郷に帰り、⼦供の頃からの夢だった故郷の電⾞運転⼠になっていく姿を描いた、シリーズ第1作⽬の『RAILWAYS 49歳で電⾞の運転⼠になった男の物語』(10)。


そして、富⼭県の富⼭地⽅鉄道を舞台に、三浦友和演じる定年退職間近の運転⼠と、余 貴美⼦演じるその妻が迎えた“第2の⼈⽣”への分岐点を描いたシリーズ2作目の『RAILWAYS 愛を伝えられない⼤⼈たちへ』(11)。

それぞれ、⽇本の美しい⾵景を⾛る鉄道とともに、迷いながらも成⻑していく⼈々の姿を清々しく描く、映画「RAILWAYS」シリーズ。愛する人を失った、血の繋がらない3世代3人の“ふろい”な家族の愛と希望に満ちた再出発を描いた最新作も、世代を超えて、多くの人から愛される映画になるに違いない。

【STORY】
わたしたちにしか描けない、家族のカタチ。
晶(有村架純)は、夫・修平(⻘⽊崇⾼)とその連れ⼦・駿也(歸⼭⻯成)と東京で幸せに暮らしていたが、修平の突然の死で⽣活は⼀変。残された駿也と共に夫の故郷・⿅児島へ向かい、まだ会ったことのない義⽗の節夫(國村 隼)を訪ねる。節夫は、運転⼠の仕事⼀筋で家族を顧みずに⽣きてきたが、突然やってきた晶たちを⼾惑いつつも受け⼊れ、⺟としてまっすぐに⽣きようとする晶の姿に次第に⼼を動かされていく。そして晶は、亡き修平の⼦供の頃の夢でもあり、電⾞好きな駿也のため、鉄道の運転⼠を⽬指すことに。温かい⼈々との出会いや絆が、晶・節夫・駿也の3⼈を“かぞくいろ”に染めていく―。

作品情報

『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』
11⽉30⽇(⾦)より、全国ロードショー


キャスト:有村架純、國村 隼、桜庭ななみ、歸⼭⻯成/⽊下ほうか、筒井真理⼦/板尾創路、⻘⽊崇⾼
エグゼクティブ・プロデューサー:阿部秀司
監督・脚本:吉⽥康弘
⾳楽:富貴晴美
プロデューサー:⽯⽥和義/秋吉朝⼦/櫛⼭ 慶/⽯⽥聡⼦
ライン・プロデューサー:渡辺栄⼆
撮影:柴崎幸三
照明:上⽥なりゆき
美術:古積弘⼆
装飾:⼩林宙央
録⾳:⽩取 貢
編集:村上雅樹
サウンドエフェクト:北⽥雅也
特機:奥⽥ 悟
⾐裳:岡⽥敦之/牧亜⽮美
ヘア・メイク:宮内三千代
スクリプター:⾚澤 環
助監督:甲斐聖太郎
制作担当:間⼝ 彰
特別協賛:出⽔酒造
協賛:⿅児島県阿久根市/映画「かぞくいろ」制作を応援する会
撮影協⼒:肥薩おれんじ鉄道/九州旅客鉄道
製作:「かぞくいろ」製作委員会
企画:阿部秀司事務所/ROBOT
制作プロダクション:ROBOT
配給:松⽵
©2018「かぞくいろ」製作委員会

オフィシャルサイト
http://www.railwaysmovie.jp/