『続・終物語』初日舞台挨拶が開催! 神谷浩史、喜多村英梨、井口裕香らが登壇し、出演者の裏の顔に迫る!?

『続・終物語』初日舞台挨拶が開催! 神谷浩史、喜多村英梨、井口裕香らが登壇し、出演者の裏の顔に迫る!?

本日11月10日(土)、新宿バルト9にて劇場版アニメ『続・終物語』の初日舞台挨拶が開催。当日はトークショーが開催され、キャストの神谷浩史(阿良々木暦役)、井上麻里奈(老倉育役)、MCとして喜多村英梨(阿良々木火憐役)、井口裕香(阿良々木月火役)が登壇した。

イベントの冒頭では、Q&Aコーナーが設けられ、本作の率直な感想が語られた。神谷は148分というボリューミーな内容に「長げーな」とひと言。井上は「幸せだった」と語り、それを受けて神谷は「(育が)可愛かったと」反応した。

本作は鏡の世界のお話を描いているということで、“もし鏡の世界があるとしたらどんな自分がいると思いますか?”という質問が投げかけられた。それについて喜多村が打ち上げの時にあまり社交できずに端っこに座っていると「キタエリ!」と神谷、井上が優しく声をかけてくれたという心温まるエピソード披露。

しかし、「そのあと2人が話している内容をよく聞くとすんごい黒い!」と鏡の様な神谷、井上の二面性をぶちまけた。それを受けて神谷は「闇を煮詰めたような感じだよね」と、井上との共通点を冷静に分析し会場の笑いを誘った。

逆に井口は裏表のない性格らしく、喜多村からは「みんなの見ている井口が全ての井口ですから!」と井口が演じる月火と同じく素直な性格であると述べていた。

本作は全6話のテレビシリーズの内容をギュギュっと148分という大ボリュームの劇場版サイズにしているということで、井上は「アフレコが始まって1本、2本目を録ったくらいで劇場公開って知ったんですよ」と、テレビシリーズだと思っていたものが劇場版になると知った時の驚きを語った。

また、井上は「テレビシリーズみたいに収録したのにどこで(話が)区切れているのかわからないくらい自然に一本の映画にまとまっていました」と出来上がりを絶賛していた。

そして、最後に注目点として『物語シリーズ』は、いつもその回のオープニングをヒロインが担当するのだが、今回は暦が担当するということで神谷は「耳を凝らして聴いてみてください」と本作オープニングに隠された面白いギミックを臭わせた。

井上は今回育が物語に前面に押されていて「なんでだろう?」と疑問に思ったそうだが、最後まで観ると「ああ、なるほどそういう意図だったのか!」と腑に落ちる様な作りになっているということや、可愛い育が見れる点を注目してほしいと期待を煽りイベントは締めくくられた。

『続・終物語』初日舞台挨拶 フォトギャラリー

【STORY】
高校の卒業式の翌朝。顔を洗おうと洗面台の鏡に向かい合った暦は、そこに映った自分自身に見つめられている感覚に陥る。思わず鏡に手を触れると、そのまま指先が沈み込んでいき……。気がついたとき、暦はあらゆることが反転した世界にいた。

作品情報

『続・終物語』
全国劇場にてイベント上映中

【STAFF】
原作:西尾維新(『続・終物語』講談社BOX)
キャラクター原案:VOFAN
監督:新房昭之
キャラクターデザイン・総作画監督:渡辺明夫
アニメーション制作:シャフト
配給:アニプレックス

【CAST】
阿良々木 暦:神谷浩史
戦場ヶ原ひたぎ:斎藤千和
八九寺真宵:加藤英美里
神原駿河:沢城みゆき
千石撫子:花澤香菜
羽川 翼:堀江由衣
阿良々木火燐:喜多村英梨
阿良々木月火:井口裕香
斧乃木余接:早見沙織
老倉 育:井上麻里

©西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト

『続・終物語』オフィシャルサイト
http://www.monogatari-series.com/

原作小説『続・終物語』