脊山麻理子、漆黒ボンデージで登場!写真集で、“手ブラ”を超える“手パンツ”披露!

脊山麻理子、漆黒ボンデージで登場!写真集で、“手ブラ”を超える“手パンツ”披露!

元女子アナ・脊山麻理子が、写真集『S』、『M』を11月10日(土)2冊同時に発売し、11月11日(日)書泉ブックタワーで発売記念握手会が行われ、会見に登場した。

元女子アナという経歴から、まさかここまで…というチャレンジを続け、そのたびに話題を集めている脊山が新たに挑戦したのは、自身の名前に因んだ『S』、『M』という2冊同時発売の写真集企画。
もちろんその名の通り、緊縛あり、ボンテージありの各々のタイトル通り、全く内容が異なった写真集となっている。

写真集にちなんで、黒のボンデージで登場すると、写真集の内容について訊かれ「今回写真集を出すにあたって、他で見たことのない写真集にしようということで、『S』と『M』2冊別のテーマで、脊山麻理子が表現するということに挑戦しました。もちろんSM要素もあるんですが、精神的なSとMを究極に考えて作りました」と想いを語っていた。

写真集を作ってみて、自身がSかMかを訊かれると「自分は2面性があると思います。やっていてどちらも楽しかったので(笑)。意外と撮影中はSが楽しいなと思ったんですが、精神的にはMだと思いました」と自己分析をしてくれた。

写真集『M』からのお気に入りを披露

お気に入りの写真をそれぞれでしてくれた。写真集『M』のお気に入りについては「よく手ブラとかありますが、これは“手パンツ”という、新しいジャンルを考えまして(笑)。ブラはしているけど、パンツははいてない…新しいエロの形を提案してみました」と、大胆な写真を披露してくれた。

『S』の方については、「鞭で女王様的なものだけではなく…Sでなぜお風呂に入っているところなのか?ということなんですけど、覗かれていることを知っていてわざと見せつけるような形は精神S。好きな小説で谷崎潤一郎さんの『痴人の愛』という作品があるんですが、その中でも主人公のナオミがお風呂の扉をわざと開けたまま入浴するというシーンがありまして、そんな精神的なエロを表現してみました」と、お気に入りのカットを説明をしてくれた。

写真集『S』からのお気に入りを披露

たくさんの大胆カットがある中でも恥ずかしかったページはやはり、手パンツだったようだ。「手パンツは結構はずかしいなと思いました。おしりは結構、今までお見せしてきたんですけど、前は初めてだったのでさすがにちょっと恥ずかしかったですね」。

誰に見てほしいかを訊かれると「世の中の人に見ていただいて、評価を聞きたいです。感想を聞くことで、SかMか感じとれるようになってるので(笑)。どの写真が好きかでも何フェチかもわかるので、女性も含め聞きたいですね」とアピールしていた。

会見に臨んだ大胆な衣装についても話が及んだ。「この衣装は、撮影のために作りました。キャットスーツと呼ばれるもので、少しでも体型にあってないと、身体のラインがきれいにでないということで、一からオーダーしました。どこも隙がないというか、ハダカ状態というか、完全にフィットしています。峰不二子さんが着ているようなスーツを着ています」と 説明してくれた。

どんどんディープになっている脊山の動向だが、この先に目指すものを訊かれると「最初がピュアな私、次が女子アナとしての表現、次は大人のエロだったと思うんですが、今回はエロティシズムみたいなことを極めていきたいということに到達したというか、“エロって何!?。難しい!”ということを考えました。エロティシズムに向かっていっているんじゃないでしょうか」と、今後の表現にも期待できるコメントをしてくれた。

最後に「脊山麻理子、2冊同時発売となっています。写真集『S』と『M』、両方合わせて見ることで、あなたの中にあるSM性も見つけられると思います。一緒にこの世界に来てください!」とアピールして会見は終了した。

脊山麻理子が、肉体的にも精神的にも刺激的に表現した『S』『M』2冊の写真集はワニブックスより発売中。
2冊同時に見て、脊山自身、そして自身の本質をその目で確認してほしい。

フォトギャラリー

脊山麻理子写真集

『S』『M』
発売日:2018年11月10日(土)
撮影:塚原孝顕
定価:各3500円(税込)
仕様:B5判ハードカバー96P
発売元:ワニブックス