“北米No.1”を記録! 映画『グリンチ』、週末興収76億円越えの大ヒットスタート

“北米No.1”を記録! 映画『グリンチ』、週末興収76億円越えの大ヒットスタート

『ミニオンズ』『ペット』『SING/シング』など、ハズレ知らずのイルミネーション・エンターテインメントが満を持して贈る最新長編アニメ映画『グリンチ』。日本公開に先駆け、11月9日(現地時間)から北米で公開を迎えた本作が、週末興収6,757万ドル(約76億円=1ドル113円計算)を売り上げ、初登場No.1を記録! 大ヒットスタートをきった。

公開からたったの3日間(11/9~11/11)で驚異的な記録を叩き出した本作は、『くるみ割り人形と秘密の王国』『ボヘミアン・ラプソティ』といった今秋公開の並み居る大敵から大差をつけて、週末興行ランキングのトップに登場。全世界興収は早くも8,067万ドル(約91億円)を突破した!(Box Office Mojo調べ、2018年11月13日時点)

本国で、すでに鑑賞した観客からは「グリンチはほんとに嫌な奴なのに、憎めない可愛さが最高!」、「イルミネーションは『グリンチ』でまたもや素晴らしい作品を作ってくれた!」、「間違いなくこれまでで一番のクリスマス映画だ!」など、いつも不機嫌だけど孤独なグリンチに隠された意外な魅力、そしてイルミネーションが新たに息吹を吹き込んだ新生”グリンチ”や、クリスマスにピッタリなストーリー展開にも絶賛の声が続出している。

さらに、グリンチの声を務めるベネディクト・カンバーバッチの出身国イギリス、そしてアイルランドでは、『アナと雪の女王』(13)『リメンバー・ミー』(18)『モアナと伝説の海』(17)と言った大人気アニメーション作品のオープニング興収を軽々と上回る好スタートを記録。12月14日(金)の日本公開を控え、ますます期待は高まるばかりだ!

【STORY】
フーの村に住む人々はみんな陽気でクリスマスが大好き。けれど村の北にある洞窟で暮らすグリンチはクリスマスが大嫌い。今年は食料が底につき村まで調達しに向かったものの、案の定みんなはニコニコ笑顔で大騒ぎ。クリスマスを待ち遠しそうに笑いあう村人たちが憎くて仕方ないグリンチは「村からクリスマスを盗んでやる!!」と心に決めて、大計画に乗り出すが……。

作品情報

『グリンチ』
12月14日(金)全国ロードショー
日本語吹替え:大泉 洋、杏、秋山竜次(ロバート)、横溝菜帆、宮野真守
プロデューサー:クリス・メレダンドリ
監督:ヤーロウ・チェイニー、スコット・モシャー
声の出演:ベネディクト・カンバーバッチ
配給:東宝東和

©2018 UNIVERSAL STUDIO

オフィシャルサイト
http://grinch.jp/