エリック・クラプトンの初来日時エピソードを語る。「表参道にある練習場に酔っぱらって現れた」

エリック・クラプトンの初来日時エピソードを語る。「表参道にある練習場に酔っぱらって現れた」

11月23日(金)にTOHOシネマズ シャンテ、シネクイントほか全国ロードショーとなるドキュメンタリー映画『エリック・クラプトン~12小節の人生~』の公開を記念し、トークショー付き特別試写会が開催され、エリック・クラプトンの来日公演に長く携わってきたウドー音楽事務所の高橋辰雄、石谷正和、そしてピーター・バラカンが登壇した。

外国人アーティストとしてはダントツの公演数を誇るエリック・クラプトン。石谷が、「初来日から前回で211回のコンサートに裏方として関わってきました」と挨拶すると会場は驚きでどよめいた。高橋は、「この映画を通して新しいクラプトンを発見できたら」と続け、バラカンは「僕もエリック・クラプトンの初来日公演を見てます。さすがに私は211回は見てませんが、クラプトン歴はヤードバーズのデビューシングルに遡ります」と挨拶し会場を沸かせた。

初来日時のクラプトンについて、「酔っ払いでした。表参道にある練習場に酔っぱらって現れて、当時の優秀なツアーメンバーの頭にケチャップをかけてました」と石谷が明かすと、若かりし頃のクラプトンを知るファンが多く詰めかけていることもあって大きな笑いが起こった。バラカンも「映画の中でも、本人がビックリするほど自分がダメだった頃を事細かに語っているんです」と本作を説明。高橋も映画でも描かれる「70年代のジャンキーの時期から酒もドラッグも煙草もやめて今の家族を築くまでの40年間近くクラプトンを見てきた。『Tears in Heaven』の頃に変わった、そして一番大きいのは今の奥さんとの出会いだろう」と懐かしんだ。

「イメージ的には“ギターの神様”、ロックミュージシャンだったんです。ブルースの方に行くのは違うんじゃないかなと思ってた。でも後から考えると絶えず先を行ってましたね」と石谷。バラカンは「66年のジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズのLPのジャケットの裏にクラプトンがギターを弾いてる写真があって、ギターのヘッドの部分にタバコを挟んでいて、シャツのカフスボタンを開けてるんです。66年当時カフスボタンを外している人なんて私は見たことが無く、当時のイギリスの若者はみんな真似していた」とクラプトンの音楽以外での影響力についても語った。高橋は「日本への来日時にはよく裏原宿に行き日本人デザイナーの靴を買っていました。トンカツも好きで週に2,3回行っていた」と来日時のクラプトンのプライベートも明かした。

印象的なコンサートについて、「リハーサルはしないでライブの30分前に会場に着いて、コーヒーを飲んで、ステージに向かい吸っていたタバコをギターのヘッドに挟んで、いきなりレイラを弾くっていうのが印象に残っている」と高橋、「やっぱり74年の初来日時のコンサート」と石谷、バラカンも「2006年だったかな、ギタリストを連れてきてトリプルギターだったんです。連れてきた二人に弾かせて余裕だな」と、それぞれ語った。

最後に本作について石谷は「おとこエリック・クラプトンのカッコ良さを再考した、みなさんが知らないクラプトンを楽しみながら見てほしい」、高橋は「音楽映画じゃないんです。エリック・クラプトンの人生を描いた映画だと思いました。それを彼は見てほしかったんだなと思いました」、バラカンは、「彼はこの映画を通じて俺と同じ間違いをしないでちょうだいなという風に考えたと思ったんです」と締めくくり、当時の貴重な話で盛り上がったトークイベントは幕を閉じた。

作品情報

『エリック・クラプトン~12小節の人生~』
11月23日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー


監督:リリ・フィニー・ザナック
製作:ジョン・バトセック
編集:クリス・キング、ポール・ホナハン
音楽:グスターボ・サンタオラヤ
出演ミュージシャン:エリック・クラプトン、B.B.キング、ジョージ・ハリスン、パティ・ボイド、ジミ・ヘンドリックス、ロジャー・ウォーターズ、ボブ・ディラン、ザ・ローリング・ストーンズ、ザ・ビートルズ ほか
原題:ERIC CLAPTON : LIFE IN 12 BARS
配給:ポニーキャニオン/STAR CHANNEL MOVIES
提供:東北新社
PG-12 
© BUSHBRANCH FILMS LTD 201

オフィシャルサイト 
ericclaptonmovie.jp