岡田将生、自身の反抗期エピソードを告白。主演『家族のはなし』親子特別試写会開催

岡田将生、自身の反抗期エピソードを告白。主演『家族のはなし』親子特別試写会開催

11月23日(金・祝)に全国公開される映画『家族のはなし』の舞台挨拶付き親子特別試写会が11月13日にスペースFS汐留で行われ、劇中で親子役を演じた岡田将生と時任三郎が登壇。岡田演じる拓也の幼少時代を演じた田中レイがサプライズ登場した。

「鉄拳さんのパラパラ漫画を初めて読ませていただいた時に、温かい気持ちになって、観ていただいたお客さんにもそんな気持ちになっていただきたい」と挨拶した岡田は、「20代前半はいろんな壁にぶち当たってましたし、僕自身もどこにもぶつけられない苛立ちというのはあった」と、自身が演じた主人公・拓也に共感しながら演じたようで、自身の反抗期については、「ありました、ありました、反抗しました! “ありがとう”や“ただいま“が思春期だと素直に言えない。その延長で母親と話さなくなった時期もあった。父が間に入ってくれて僕の反抗期は半年くらいで終わりました」とエピソードを披露。時任も「素直になれないよな」と理解を示していた。

また、時任との共演について、岡田は「立ち振る舞いなど尊敬しますし、現場でも優しくしてくれていることで、僕も演じる上でとてもありがたかった」と感謝を伝えると、時任も「僕も同じで、反抗されればされるほど、見守る父親になっていけた。お互いいい影響を与えながら撮影を進められた」と微笑んだ。ちょうどオリンピック時期だったこともあり、「(役柄上)ギスギスした間柄でしたが、親子仲良く羽生君をTVで見てました」という撮影中のエピソードに笑いが起こった。

そして拓也の子供時代を演じたレイ君が映画にちなんで、かごいっぱいのリンゴをもってサプライズ登場! レイ君に目線を合わせた岡田が「楽しく過ごせたよね!」と撮影を振り返り、レイ君に「僕の年齢、何歳に見えるんだっけ?」と質問すると、レイ君は「19才」と答え、岡田は「まだ高校生役できる!」と笑顔。それを見ていただいた時任にはなんと「15才」と答え、時任も「ありがとう!」と満面の笑みだった。

【STORY】
リンゴ農園を営む優しい両親とその一人息子・拓也。上京しバンド活動を営むが挫折。そんな彼を優しく見守る両親。しかし、両親の気持ちを疎ましいと感じ、苛立ちを常にぶつけてしまう。大学中退の秘密を持って帰郷した拓也だが、父、徹も拓也に言えない秘密があって―。

作品情報

『家族のはなし』
11月23日(金・祝)よりイオンシネマにて全国ロードショー!(一部劇場を除く)


監督:山本剛義(WOWOW『海に降る』、NHK『絆~走れ奇跡の子馬~』)
出演:岡田将生、成海璃子、金子大地、佐藤寛太、水田信二(和牛)、渡辺憲吉/財前直見、時任三郎
日本/2018年/80分
制作:よしもとクリエイティブエージェンシー MBS
制作プロダクション:ドリマックス・テレビジョン
配給:KATSU-do 
製作:吉本興業 MBS VAPユニバーサル・ミュージック 
Ⓒ「家族のはなし」製作委員会

オフィシャルサイト
http://kazokunohanashi.official-movie.com/