高杉真宙&加藤 諒もノリノリ! 渡辺大知プロデュース、映画『ギャングース』主題歌収録メイキング映像が解禁

高杉真宙&加藤 諒もノリノリ! 渡辺大知プロデュース、映画『ギャングース』主題歌収録メイキング映像が解禁

11月23日(金)より公開される映画『ギャングース』の主題歌「CRYBABY」の収録メイキング映像が解禁された。

本作の主題歌のために結成されたユニット“The Gangoose” が歌う「CRYBABY」はタケオ役の渡辺による作詞・作曲・プロデュース、メインボーカルによる書き下ろし楽曲で、サイケ役の高杉とカズキ役の加藤もコーラスで参加していることが話題を呼んだ。

解禁されたメイキング映像には、収録スタジオに集まった高杉と加藤に、渡辺から、バンド名や楽曲、この曲に込めた想いを説明するシーンや、レコーディング経験が少ない高杉と加藤へ、渡辺が「映画のイメージとかメッセージを含んだ上で、映画のことを意識しすぎずと思って作った」との語る様子などが収められている。レコーディングが始まると軽快なロックミュージックに全員ノリノリ! 和気あいあいと収録に挑む3人がまるで兄弟のようで、絆の深さが感じられる。

収録後、渡辺は「この映画に対する想いを、自分の持ってる力を注げるだけ注ぎこんで作りこんでおります!めちゃくちゃ楽しんでレコーディングしました!」と笑顔でコメント。加藤は「こういう男くさくって、汗の匂いが漂ってくるような曲はあまり歌ったことがなかったから、歌ってて気持ちよかった!男の魂というか…やっぱロックっていいっすよね!」と興奮冷めやらぬ様子。そして高杉も「初めて聴いたときに自分が撮影したときの記憶が巡ってくる感じがあったり、大知君から”サイケっぽく”と言ってもらったりして、それがすごく新鮮で…めちゃくちゃ緊張していたんですけど、楽しくできたんじゃないかな。早く皆さんに聴いてほしいです!」と熱いメッセージを語っている。

【STORY】
職ナシ。学ナシ。犯罪歴アリ。生まれたときから最底辺。親から虐待され、ろくに学校にも行けず、青春期を少年院で過ごしたサイケ・カズキ・タケオ。社会に見放された少年3人が生き抜くためにつかんだ仕事は、悪(犯罪者)だけをターゲットにした“タタキ”(窃盗、強盗)稼業。3人は、裏稼業・悪徳業種の収益金(アガリ)を狙う窃盗団を結成する。暴力団排除の機運の中、日本の裏社会に存在するヒエラルキーにも転換期が訪れ、ヤクザ組織に属さない“半グレ”系アウトローで構成される犯罪営利組織“カンパニー”の支配権を侵す。3人は後戻り不能なキケンな領域に立っていたがー。
ギャングース=悪の毒だけを喰らう小動物

作品情報

『ギャングース』
11月23日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

監督:入江 悠(『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ビジランテ』)
原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社モーニングKC所載)
出演:高杉真宙、加藤諒、渡辺大知(黒猫チェルシー)、林 遣都、伊東 蒼、山本舞香、芦那すみれ 勝矢、般若、菅原 健、斉藤祥太、斉藤慶太、金子ノブアキ、篠田麻里子、MIYAVI
製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
制作プロダクション:アミューズ+パイプライン
©2018「ギャングース」FILM PARTNERS©肥谷圭介・鈴木大介/講談社

『ギャングース』オフシャルサイト
http://gangoose-movie.jp/

『ギャングース』原作コミック