感染すると家族にさえ見放される“それ”とは……? 映画『イット・カムズ・アット・ナイト』冒頭映像が公開

感染すると家族にさえ見放される“それ”とは……? 映画『イット・カムズ・アット・ナイト』冒頭映像が公開

11月23日(金・祝)より順次公開される、映画『イット・カムズ・アット・ナイト』の本編冒頭映像が公開された。

本作は、『イット・フォローズ』の製作陣と、『ムーンライト』『エクス・マキナ』『ア・ゴースト・ストーリー』などの話題作を放ち続ける気鋭スタジオA24による、“それ”の感染に怯えるとある一家を描いた極限心理スリラー。よくあるホラー・スリラー映画とは少し違う角度から襲ってくる恐怖に目が離せなくなること間違いなしの作品だ。

主演として一家の父・ポールを演じるのは、『ザ・ギフト』で主演と長編初監督を務めたジョエル・エドガートン。さらに、その妻サラをカルメン・イジョゴ、もうひとつの家族の父・ウィルをクリストファー・アボット、ウィルの妻・キムをライリー・キーオ、ポールの息子・トラヴィスをケルビン・ハリソン・ジュニアがそれぞれ演じている。そして、監督はインディペンデント映画賞を多数受賞した経歴を持つ、鬼才トレイ・エドワード・シュルツが務める。

今回解禁された冒頭の映像は、“それ”に感染した祖父・バドの顔のアップからスタート。ガスマスクを付けたサラから「愛してるわ、パパ。本当よ」と最後の別れを告げられたバドは森へと運ばれる。

さらに、孫・トラヴィスも「さよなら、おじいちゃん。大好きだよ」と森の中で別れを告げ、「許してください」という意味深な言葉と共にバドをシーツで包む。とても不穏な空気が流れる冒頭だが、“それ”感染したバドはこのあとどうなってしまうのか……? この続きは、ぜひ劇場で確かめてほしい。

【STORY】
夜やってくる正体不明の“それ”から逃れるため、 森の中の一軒家に隠れ住むポール一家の元に、ウィルと名乗る男とその家族が、助けを求めてやって来た。ポールは“それ”の侵入を防ぐため「夜入口の赤いドアは常にロックする」というこの家のルールに従うことを条件に、彼らを受け入れる。うまく回り始めたかに思えた共同生活だったが、ある夜、赤いドアが開け放たれていたことが発覚。互いへの猜疑心と、迫り来る“それ”への恐怖が、少しずつ2家族の本性を露にしていく。新しくやってきた家族は何者なのか、そして彼らを追い詰める“それ”とは一体…? 疑心暗鬼に陥った彼らは、予想だにしない結末へと突き進んでいく―

作品情報

『イット・カムズ・アット・ナイト』
11月23日(金・祝)新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー

監督・脚本:トレイ・エドワード・シュルツ
製作総指揮・主演:ジョエル・エドガートン
出演:クリストファー・アボット、カルメン・イジョゴ、ケルビン・ハリソン・ジュニア、ライリー・キーオ ほか
原題:IT COMES AT NIGHT
配給:ギャガ・プラスGAGA+
© 2017 A24 Distribution,LLC

オフィシャルサイトgaga.ne.jp/itcomesatnight