Da-iCE、入山法子×桜田 通が出演する新曲「雲を抜けた青空」MV公開

Da-iCE、入山法子×桜田 通が出演する新曲「雲を抜けた青空」MV公開

Da-iCEが、11月14日にAbemaTVで放送された『Da-iCEデビュー5周年イヤー第3弾シングル「雲を抜けた青空」リリース直前SP』にて、11月21日(水)に発売するニューシングルの表題曲「雲を抜けた青空」のミュージックビデオを初公開した。

「雲を抜けた青空」は、2016年11月に発売した10枚目のシングル「恋ごころ」以来、約2年ぶりとなるバラードシングル。

5周年イヤーのラストを飾るこのシングルは、「自分たちの言葉で、聴いてくださる皆さんにメッセージを届けたい」という強い希望のもと、花村想太を中心に、工藤大輝、大野雄大の3人が作詞を手がけた。

メンバー自らが歌詞を手がけたのは、シングル表題曲では15枚目にして初めて。「結婚式でかけられる曲はないですか」というファンから届いた声をモチーフに、花村を中心に大切な人に贈る一曲として3人が言葉を紡いでいった。

そんな「雲を抜けた青空」のミュージックビデオは、初めてメンバーの3人が歌詞を手がけた表題曲であり、何よりもひとりでも多くの人に「曲を知ってもらいたい」「“曲を聴いてもらいたい」という強い想いのもと、デビュー以来初めてDa-iCEがいっさい出演しないドラマ仕立ての作品となった。

出演は、女優やモデルで活躍している入山法子と、ミュージカル『テニスの王子様』、映画『劇場版さらば仮面ライダー電王ファイナル・カウントダウン』で主演を務めるなど俳優として活躍している桜田 通。楽曲に込めたメッセージを大切にした、これまでのDa-iCEの作品にはない世界観の温かい作品が仕上がった。

ミュージックビデオは現在、Da-iCEのオフィシャルYouTubeチャンネルで公開中。

デビュー5年間で初めてミュージックビデオに出演しないDa-iCEのメンバー5名は、ミュージックビデオの撮影現場に表敬訪問、今回のドラマの舞台となったカップルが住むアパートを訪れた。

デビュー以来発表してきた約20本ほどのミュージックビデオでは、すべてダンスパフォーマンスを魅せるなど、自ら出演してきた5人。撮影現場では、Da-iCEのために早朝から撮影している入山、桜田に恐縮しっぱなし。

今回が初めて本人が出演しない作品になるということを告げると、桜田は「楽曲のよさをちゃんと芝居で魅せなければならないということにすごいプレッシャーです」と話していた。

Da-iCEメンバーはふたりに「出来上がりを楽しみにしています」と差し入れを届け、撮影現場を後にした。早朝5時過ぎから始った撮影は、深夜3時過ぎまで続いたという。

なお、今回公開されたミュージックビデオは、楽曲の長さにあわせたバージョン。「雲を抜けた青空」の初回限定盤Aに付属するDVDには、少し長めに作られたフルサイズのドラマが収録される。

【入山法子 コメント】
恋人との日常に起こる何気ない幸せな瞬間や、小さな衝突、不安を抱えながらも歩もうとするふたりを描いたMVは、観てくださる皆さんにも、どこか共感していただけるのではないかと思います。Da-iCEの皆さんの歌声が重なって広がる世界観が、とても温かく感じました。冬にぴったりな一曲です。ゆったりとした心温まるひと時を過ごしてくださるとうれしいです。

【桜田 通 コメント】
ふたりで過ごす何気ない日々、大切な人への気持ちと、壮大でそして爽やかな音楽がとてもあっていて素敵な楽曲だと思いました。MVはそんな曲のイメージを壊さないように「ふたり」というキーワードをつねに意識しながら撮影をしました。ひとりで過ごすときも、心はひとりきりではないと思えるような、離れていても支え合える存在を感じられる、そんなふたりのMVになっていると思います。

リリース情報

2018.11.21 ON SALE
SINGLE「雲を抜けた青空」


Da-iCE オフィシャルサイト 
http://da-ice.jp/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC