MIYAVI、バスローブ姿で金八先生のモノマネ!? 金子ノブアキとの仲良しコメント動画が解禁

MIYAVI、バスローブ姿で金八先生のモノマネ!? 金子ノブアキとの仲良しコメント動画が解禁

11月23日(金)より公開される高杉真宙、加藤 諒、渡辺大知(黒猫チェルシー)が出演する映画『ギャングース』。本作で、半グレ系アウトローによる犯罪営利組織・六龍天のトップに君臨する安達を怪演するMIYAVIと、安達の下で働く詐欺組織の番頭・加藤を演じる金子ノブアキのクランクアップコメント動画が解禁となった。

原作は、2013年の連載開始以降、読者アンケートでは常に上位人気をキープし続けた「モーニング」の人気作品。ストーリー共同制作の気鋭のルポライターである鈴木大介による未成年の犯罪者への取材をもとに、裏社会の実態をリアルに描いた“超実証主義漫画”として知られている。メガホンをとったのは映画「SR サイタマノラッパー」シリーズ、映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』の入江 悠。社会に見放され最底辺の生き方をする少年たちの生き様を、原作に劣らずリアルに描く。

普段からミュージシャンとして同じ舞台に立ち、旧知の仲だと語る2人は映像冒頭から金子のフリでMIYAVIが(金子の演じた役が加藤)金八先生のモノマネを披露するなどリラックスした様子。MIYAVIは「音楽で一緒にステージを去年もやったしね! こういった違う畑で、違うステージでジャムれて楽しかったね」と笑顔で語ると、金子も同調しながら、ネタバレ全開のピー音混じりに感想を語る。続けて金子は「ここまで完成された撮影クルーに入れてもらえるのは非常に光栄なこと。プレッシャーも少しの不安も心地よくあったんですけど、入団テストだと思って頑張らせてもらいました。」と和やかに撮影現場を振り返る。

MIYAVIも「今回安達という非常に残虐で非道な役をやらせてもらったんですけど、この作品を通じてこんなにも恵まれた国の中にも貧困児童を含めてたくさんの問題があるということ。それぞれのバックグラウンドを背負って、それでも生き延びるしかない、生きていくしかない。これしか術がない社会を、今後俺たちがどういう風にしていくのか、そういうことを考えるきっかけになる作品になればいいなと思います」とUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)親善大使を務める彼ならではの熱い想いを語った。さらに「アクションシーンも含めて、僕自身新しいチャレンジがありました。アクションシーン知ったの前日ですから(笑)」と驚きの裏話も暴露している。

見事にはまっている最凶半グレ系アウトローのMIYAVIと金子。劇中での非道っぷりと2人が演じた安達と加藤の関係性にも注目してほしい。

【STORY】
職ナシ。学ナシ。犯罪歴アリ。生まれたときから最底辺。親から虐待され、ろくに学校にも行けず、青春期を少年院で過ごしたサイケ・カズキ・タケオ。社会に見放された少年3人が生き抜くためにつかんだ仕事は、悪(犯罪者)だけをターゲットにした“タタキ”(窃盗、強盗)稼業。3人は、裏稼業・悪徳業種の収益金(アガリ)を狙う窃盗団を結成する。暴力団排除の機運の中、日本の裏社会に存在するヒエラルキーにも転換期が訪れ、ヤクザ組織に属さない“半グレ”系アウトローで構成される犯罪営利組織“カンパニー”の支配権を侵す。3人は後戻り不能なキケンな領域に立っていたがー。
ギャングース=悪の毒だけを喰らう小動物

作品情報

『ギャングース』
11月23日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

監督:入江 悠(『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ビジランテ』)
原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社モーニングKC所載)
出演:高杉真宙、加藤諒、渡辺大知(黒猫チェルシー)、林 遣都、伊東 蒼、山本舞香、芦那すみれ 勝矢、般若、菅原 健、斉藤祥太、斉藤慶太、金子ノブアキ、篠田麻里子、MIYAVI
製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
制作プロダクション:アミューズ+パイプライン
©2018「ギャングース」FILM PARTNERS©肥谷圭介・鈴木大介/講談社

『ギャングース』オフシャルサイト
http://gangoose-movie.jp/

『ギャングース』原作コミック