麻生久美子&中村倫也W主演舞台『クラッシャー女中』公演詳細&追加キャストが発表

麻生久美子&中村倫也W主演舞台『クラッシャー女中』公演詳細&追加キャストが発表

2019年3月に東京・本多劇場をはじめ、名古屋、大阪、島根、広島で上演されるM&Oplaysプロデュース『クラッシャー女中』に出演する追加キャストと公演詳細が発表された。

本公演は、2017年2月に本多劇場で上演され、連日立ち見が出る盛況のうちに幕を閉じた、『皆、シンデレラがやりたい。』に続く、根本宗子×M&Oplays 本多劇場公演の第2弾。全てに貪欲な、やっかいな女・ゆみこを中心に繰り広げられる悲喜劇。根本の筆が冴える最新話題作となっている。

屋敷の女中・ゆみこ役の麻生久美子と屋敷の息子・義則役の中村倫也のW主演をはじめ、義則の婚約者・静香役には、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』への出演などで注目を集め、『ブラックペアン』でのクールな看護師役も話題となった趣里、屋敷の主であり息子を溺愛する母・和沙役には存在感ある確かな演技で観客を魅了する西田尚美のほか、佐藤真弓、田村健太郎と独特な空気感を持ち、演技力の高い個性的なキャストが集結。さらに、根本自身も出演する。

【あらすじ】
幼少期、驚くほど貧乏だったゆみこ。彼女は母の再婚相手の子供、静香と「貧乏なんてこりごり、絶対金持ちになってやる。」という誓いを立てる。長じて、二人はとある屋敷に居た。静香はこの屋敷の息子・義則の婚約者として。ゆみこはこの屋敷の女中として。屋敷の主は義則の母・和紗。和紗は息子を溺愛し、自分の理想の男性として育て上げた。義則は和紗の期待通りの完璧な男性を演じているが、そのストレスを使用人たちにぶつけて、疎ましがられている。「金持ちになる」という夢のために静香を「お嬢さん」に仕立てて、まんまと屋敷に潜り込んだゆみこ。しかし、「育ちのいいお坊ちゃん」という仮面の下に、底知れぬ本性を隠し持っていた義則によって、二人の計画はねじれ、思わぬ方向へ暴走し始める。しかしそれはすべて完全に何かがぶっ壊れていたゆみこの欲望が原因だった。やがて屋敷の人々の欲望があらわになったとき、ゆみこと義則を中心にして、人間関係のクラッシュが始まる――。勝つのは女の欲望か、男の欲望か。

公演情報

M&Oplaysプロデュース『クラッシャー女中』
東京公演:2019年3月22日(金)~4月14日(日)本多劇場
名古屋公演:2019年4月17日(水)日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
大阪公演:2019年4月19日(金)~21日(日)梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
島根公演:2019年4月23日(火)島根県民会館 大ホール
広島公演 :2019年4月25日(木)JMSアステールプラザ 大ホール

脚本・演出:根本宗子
出演:麻生久美子、中村倫也 趣里、佐藤真弓、根本宗子、田村健太郎、西田尚美
主催・製作:M&Oplays

東京チケット発売日:2019年1月19日(土)