アクションRPG『Dragon Marked For Death』最新映像公開!

アクションRPG『Dragon Marked For Death』最新映像公開!

インティ・クリエイツは2018年11月17日から19日にアメリカ・ニューヨーク市で開催されたAnime NYCにおいて、Nintendo Switch向けソフト『Dragon Marked For Death』のイメージ映像を公開した。


呪われし“龍血の一族”が織りなす
ダークファンタジー・アクションRPG 「Dragon Marked For Death」
Anime NYCで“イメージ映像・バージョンA“を公開

 インティ・クリエイツは、11月17日~19日に米国ニューヨーク市で開催されたアニメイベント”Anime NYC”のパネルで、2019年1月31日発売予定のNintendo Switch専用ソフト『Dragon Marked For Death』のイメージ映像・バージョンAを公開しました!

『Dragon Marked For Death』(読み:ドラゴン・マークト・フォー・デス)は、最大4人同時プレイが可能な本格2
D横スクロールアクションRPGです。さらわれた龍血の一族の巫女“アミカ”の救出と一族の復讐を果たすため、ドラゴンの力を受け継いだ全く異なる4種のプレイアブルキャラクター(皇女/戦士/忍び/魔女)を操作し成長させ、時にはマルチプレイでクエストを攻略するなど、独自のダークファンタジー世界で繰り広げられる、龍血の一族の物語をお楽しみいただける作品です。

Anime NYCのパネル内では、本作のプロデューサーである はしもとよしふみ氏(HAKAMA株式会社 代表取締役)と、會津卓也(株式会社インティ・クリエイツ 代表取締役)による実機マルチプレイが行われました。

実機プレイには同イベントのブース内で展示していた体験版が使用され、未公開の新ボス“九頭竜”との戦いを披露し、2戦2敗とゲームの難易度の高さを見せつける結果となりました。

▲右から會津卓也、はしもとよしふみ氏、Matt Papa(ローカライズディレクター)

▲何本もの巨大な触手が襲い来る“九頭竜”

▲結局負けてしまい苦笑する はしもとふしふみ氏と會津卓也


パネルの最後には、本邦初公開となるイメージ映像・バージョンAを公開し、ファンが興奮に包まれる中、パネルは盛況のうちに終演しました。

 

▲Dragon Marked For Deathの世界観を表現したイメージ映像・バージョンA

※イメージ映像・バージョンAはこちらです!

尚、Anime NYCにブース展示、及び、パネルに使用された体験版は、国内の店頭体験会でも試遊できます!年内では新たに名古屋での実施も決定しましたので、是非ご来店ください!

11月24日(土)・25日(日) 11時~17時 ヨドバシカメラ新宿西口本店
https://www.yodobashi.com/ec/store/0011/

12月1日(土)13時~17時 ゲーマーズなんば店
https://www.gamers.co.jp/shop/shop_detail/4182/

<追加決定>
12月8日(土)13時~17時 ワンダーグー名古屋大須店
https://www.wonder.co.jp/shop/detail/?id=629


【商品情報】

タイトル名:『Dragon Marked For Death』(読み:ドラゴン・マークト・フォー・デス)
機種:Nintendo Switch
ジャンル:アクションRPG
プレイ人数:1~4人(ローカル通信、オンライン通信)
レーティング:CERO審査予定
発売日:2019年1月31日(木)
価格:通常版 5,537円(+税)/限定版 9,241円(+税) /ダウンロード版 未定
初回生産封入特典:「雷霆の武具」ダウンロードコード封入
発売元:株式会社インティ・クリエイツ

※通常版・限定版ともに「追加シナリオ①」が遊べるシーズンパス(ダウンロードコード)を封入
※限定版には設定資料集とオリジナルサウンドトラック(2枚組)を同梱

Dragon Marked For Death公式サイト
http://DragonMFD.com/

© Marvelous Inc. / INTI CREATES CO., LTD.

※リリース情報を基に記事を掲載しています。