「お姉ちゃんって呼ばれたい!」19歳になった大原優乃の新境地グラビア!

「お姉ちゃんって呼ばれたい!」19歳になった大原優乃の新境地グラビア!

グラビアデビューから1年余り、童顔巨乳の妹キャラで雑誌の表紙を多数獲得するなど大ブレイクを果たした大原優乃が、11月19日発売の週刊FLASH(12月4日号)の表紙に登場している。

今号では、19歳になった大原が新たな一面をみせている。実の弟にも「姉ちゃん」と呼ばれないことを悩む彼女が、子供でも大人でもない、お姉さん的な魅力をグラビアで表現。

ちょっと背伸びした大原優乃の最新グラビアを本誌でチェックしてほしい。

※アイキャッチ:大原優乃 ©細居幸次郎/週刊FLASH

週刊FLASH(12/4号)

発売日:11月19日(月)
価格:本誌・450円(税込)デジタル版・450円(税込)
発行:光文社

大原優乃(おおはらゆうの)

19歳 `99年10月8日生まれ 鹿児島県出身 T154
ニックネームは「ゆーの」
2017年6月にグラビアデビュー。エースコップ「スーパーカップ」のCMに出演するなど活躍の幅を広げている。オフィシャルファンクラブ「you&ゆー」が10月に開設。そのほか最新情報は、下記でチェック!
公式Twitter:@Yuno_official
公式Instagram:@yuno_ohara