土屋太鳳&小関裕太、映画『春待つ僕ら』撮影裏話披露! 土屋が足を運んだ、某カフェの“伝説の席”とは!?

土屋太鳳&小関裕太、映画『春待つ僕ら』撮影裏話披露! 土屋が足を運んだ、某カフェの“伝説の席”とは!?

土屋太鳳×北村匠海×小関裕太というフレッシュなキャストが集結し、青春映画の傑作『ROOKIES-卒業-』の監督と、日本中が泣いた『君の膵臓をたべたい』のプロデューサーが強力タッグを組んだ映画『春待つ僕ら』が、12月14日(金)に公開となる。

11月20日、映画『春待つ僕ら』の公開収録イベントが大阪・あべのキューズモール3F スカイコートにて開催。スペシャルゲストとして、本作の主人公・春野美月を演じた土屋と、美月の幼なじみ・神山亜哉を演じた小関が登壇した。

イベントを心待ちにしていた1,500名のファンで一杯になった会場に土屋と小関が登壇すると、会場は黄色い声援に包まれた。

イベント会場の近くには、劇中で幼少期に美月が亜哉と出会った大切な場所で、高校生の美月がバイトするカフェのモデルになったワーズカフェがあり、土屋は「映画のクランクイン1週間前に、ちょうど初舞台の千秋楽が大阪で終わり、その際に行きました。そのときにマスターが温かく迎えてくださり、この温かさのなかで美月は成長していくんだなと感じることができました。あと、伝説の席(その席に座ると有名になる逸話がある)がありまして、そこに座って台本を読みました」と撮影開始前に聖地巡礼をして、役作りをしたことを明かし、地元のファンを熱狂させた。

一方、亜哉を演じた小関も役作りでは負けておらず、アメリカ帰りの高校バスケ界期待の男子選手という、登場キャラクターのなかで、いちばんバスケがうまくなくてはならない役どころにもかかわらず、「実は、お恥ずかしながら経験ゼロでした。話を伺った際は本当に焦って、今日からやらなきゃと土砂降りのなか練習を始めたんです(笑)」と約半年間かけて努力を重ねたバスケ練習を振り返った。

そして、ラジオの公開収録とあって、11月14日に本作の主題歌に決定したことが明かされたばかりの、土屋と北村(DISH//)によって結成された音楽ユニット“TAOTAK”が歌う楽曲「Anniversary」を土屋が直々に曲紹介。さらに、集まったファンから質問を募り、直接ふたりが答えるひと幕もあり、会場は終始熱気に包まれた。

作品情報

『春待つ僕ら』
12月14日(金)全国ロードショー
監督:平川雄一朗
脚本:おかざきさとこ
原作:あなしん
出演:土屋太鳳 北村匠海 小関裕太 磯村勇斗 杉野遥亮 稲葉 友 泉 里香 佐生 雪 緒川たまき
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
配給:ワーナー・ブラザース映画
©あなしん/講談社 (C)2018 映画『春待つ僕ら』製作委員会

『春待つ僕ら』原作

映画『春待つ僕ら』作品サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/harumatsumovie/

リリース情報

2018.11.16 ON SALE
TAOTAK DIGITAL SINGLE「Anniversary」



TAOTAK オフィシャルサイト
http://www.sonymusic.co.jp/artist/TAOTAK/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC