天才ピアニスト”ラン・ランの「くるみ割り人形」生演奏に拍手喝采! 坂本真綾も“魔法のような音楽”に大感激

天才ピアニスト”ラン・ランの「くるみ割り人形」生演奏に拍手喝采! 坂本真綾も“魔法のような音楽”に大感激

ディズニー映画最新作『くるみ割り人形と秘密の王国』(11月30日(金)全国公開)の公開記念ミュージックイベントが、11月21日(水)に開催され、ピアニストのラン・ランと、声優の坂本真綾がゲスト出演した。

まず、坂本が日本語吹替版で演じたシュガー・プラムをイメージしたパールピンク色のドレスを身に纏い登場。自身が演じた役について坂本は「オーディションで初めて彼女の声を聞いた時、トーンが高く、いつものキーラさんと声が違うなと驚きました。彼女は『金平糖の精の踊り』の曲をモチーフに役作りしたそうで、できるだけ彼女の声と違和感が無いように近づけて演じるようにがんばりました」とアフレコ当時を振り返った。また、本作の大切なポイントである音楽については「聴けば必ず知っている楽曲だと思うので、“あの曲をこのようにアレンジするんだ!”という新しい発見してもらうことができると思いますし、初めての方でも楽曲を聞けばどんどん『くるみ割り人形』の世界に引き込まれていくと思います」と太鼓判を押した。

坂本も絶賛した本作の“音楽”に、ピアノ・ソリストとして参加したピアニストのラン・ランがついに登場。会場の熱い視線を集めながらこの日のためにラン・ラン自身がアレンジした、『くるみ割り人形』スペシャルメドレーを生演奏! 一瞬たりとも見逃すまいと観客は演奏に釘付け。世界最高峰の演奏とアレンジによって聴き馴染みのある名曲が新しさをも感じられる、この日限りのスペシャルなパフォーマンスで、映画館を『くるみ割り人形』の音楽の世界に変えた。演奏が終わるや否や会場の観客からは熱気を帯びた拍手喝采が起こり、コンサートホールのような雰囲気に包まれた。

間近で聴いていた坂本も「今回ピアノのソロ演奏ということでより一層、繊細なところまで聞くことができて、想像力を掻き立てられましたね。東京のど真ん中とは思えない、ファンタジーの入口がすぐそこにあるような気持ちにさせてくれる、魔法のような音楽ですね。ドキドキして聴いていました」と興奮気味に語り、感動を隠し切れない様子。ラン・ランは「映画で演奏した楽曲を披露したかったのですが、今日はこの日だけのオリジナルバージョンにしました、楽しんでいただけましたでしょうか? このような場で披露することはなかなか無いので、ユニークな経験をさせていただきました」と今日のために用意したパフォーマンスを振り返り、本作の楽曲について「チャイコフスキー版の持つ叙情的な大きなメロディラインに対して、本作の音楽を手掛けたジェームズ・ニュートン・ハワードの“くるみ割り人形”はチャイコフスキー版にはない繊細さや色彩感もあり、物語をパーフェクトにたどっていくような楽曲です。全く違う2つのアプローチの楽曲を映画が橋渡しとなって映像としてまとめられているのが素晴らしいですね」と絶賛した。

最後にラン・ランは「クラシック音楽とはだれでも楽しめるこの作品を通して皆さんにすごく感じていただけると思います。ホリデイシーズンに皆でそろって、温かく、ハッピーで、冒険心に満ちた子供心をくすぐるような映画をぜひ観ていただきたいです」とアピールし、坂本は「見どころはたくさんあるんですが、最後に受け取るメッセージが年代を選ばず響くかと思います。また、キーラ・ナイトレイはとてもチャレンジングな役どころで彼女のキャリアにおいても大事な役だったんじゃないかなと思っています。字幕版も観ていただき、ぜひ日本語吹替え版の方も観ていただけたらうれしいです」とこれから映画を観るファンにメッセージを送った。

【STORY】
愛する母を亡くし、心を閉ざしたクララがクリスマス・イブの夜に迷い込んだのは、誰も知らない秘密の王国――“花の国”、“雪の国”、“お菓子の国”、“第4の国”からなる<4つの王国>だった。プリンセスと呼ばれ戸惑うクララだが、やがて“第4の国”の反乱によって危機に瀕した王国の戦いに巻き込まれていく。クララに向けられた「見た目に惑わされるな」という忠告その言葉が意味するものとは?すべては、亡き母がこの目を奪うほどに美しい世界に隠した<真実>を探す、驚くべき冒険の始まりだった……。

作品情報

『くるみ割り人形と秘密の王国』
11月30日(金)全国公開

監督:ラッセ・ハルストレム、ジョー・ジョンストン
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
指揮:グスターポ・ドゥダメル
出演:キーラ・ナイトレイ、マッケンジー・フォイ、ヘレン・ミレン、モーガン・フリーマン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

© 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

オフィシャルサイト
https://www.disney.co.jp/movie/news/20180712_01.html