エディ・レッドメイン、ジュード・ロウら“ファンタビ”キャスト集結! ニュート&ティナの恋の行方など最新作の裏話や見どころをアピール

エディ・レッドメイン、ジュード・ロウら“ファンタビ”キャスト集結! ニュート&ティナの恋の行方など最新作の裏話や見どころをアピール

いよいよ11月23日(金・祝)に全国公開される映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のワールドツアーファイナルプレミア in JAPAN レッドカーペットイベントが本日11月21日(水)に六本木ヒルズアリーナで行われ、エディ・レッドメインをはじめ、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、クローディア・キム、そしてジュード・ロウが登壇した。

まず、ハリー・ポッター魔法ワールドの公式アンバサダーを務める桐谷美玲と、ファンタスティック・ビースト公式アンバサダーの芦田愛菜が登場。ロンドンプレミアに参加した桐谷は、「すごい盛り上がりでした。でも、この日本でプレアミ開催できるのは格別ですよね。盛り上げていきたいなと思います」と意気込みを語った。また、一足先にの本作を鑑賞すた芦田は「衝撃的なことが多すぎて興奮が止まらないです!」とコメントした。

そして、ついに登場した本作の豪華キャスト陣。主人公のニュートを演じたエディは「コンニチワ!(日本語)。2年間、本作の秘密をずっと守ってきました。やっと日本のファンの皆さんにお話しできます!」と、と興奮気味に挨拶。続けて、キャサリンは「みんな大好き!」と日本語での挨拶にファン歓喜! 投げキッスをするとさらに大きな声が沸き上がった。また、ニュートとティナの今後の関係について質問されると、コメントしようとしたエディに「シーっ!」として、仲の良い2人の姿が垣間見れた。「いつの日か、この二人が結婚するだろうというのはみなさん想像つくと思います。でも、J・K・ローリングさんは、そこに至るまでの本当に美しい旅路を、ゆっくりゆっくり私たちに共有してくださってます。」と話すと、エディも「今作では、ニュートがティナを誘うシーンもあるので、そこにも注目してほしい」と見どころを明かした。

そして、ダンは「コンニチワ(日本語)!  1作目に劣らず、ファンタスティックな芝居をしていますので、こうご期待ください! そして、今回ファンブルドアを演じているジュード・ロウ、ほんっとに完璧に演じてます。そして、ナギニ役のクローディアも素晴らしい演技でした。とにかく壮大な作品になってます!」と本作に自信をみせ、強烈にアピールした。

続けて、アリソンは「日本は私たちにとって特別な場所だと思っています。日本の文化が私たちを温かく迎えてくれますし、みなさんからは元気をもらえます。時差ボケであっても、みなさんの魔法にかかれば平気! ありがとうございます」と日本のファンに向けて感謝の気持ちを伝えた。そしてアリソン演じるクイニーが今作で、ロンドンに行った理由について質問されると、「アメリカだと、魔法使いとノーマジの接触が許されていなくて、ジェイコブのことが大好きなクイニーにとってはとても不公平で、辛いんです。ジェイコブには、ちょっとした魔法を使ってるから、ジェイコブは知らない状態でロンドンに行くことになるんだけど、ごたごたしちゃうの。一つ言えることは、本人の意に反して海を渡らせることは良くないですね(笑)。」と笑った。この流れは、しっかり劇中で描かれているので、確認してみよう。

また、重要なキャラクター・ナギニを演じるクローディアは「アジア人として、この作品に参加できたことは、とても嬉しく思っています」と挨拶。続けて、「最初に脚本読んだときに、人間としてとてももろい部分がある、このキャラクターに惚れこみました。このようなキャラクターを演じられて光栄です」と語った。

そして、世界中から愛されるキャラクター・ダンブルドアを演じたジュード。大きな歓声を受け、「日本に来られてうれしいです! 今回初参加となるんですが、チームが僕を温かく迎えてくださいました。ファンタビの世界に参加できるということは、僕の俳優人生においてもハイライトだと言えます。また、世界中のファンの熱の高さに驚いてます。原作では、ファンブルドアの過去について少し触れられていると思うんですけど、いろいろと試すことができました。映画作っているときは集中して台本通りに演じていたので、実はプレッシャーは感じてないんです。でも、今は非常に責任を感じています。」と挨拶。また、コスプレしているファンを見て「次回は、ダンブルドアの髭を生やしてね! 今から生やせば来年までには間に合います!」とコメントして、ファンを笑わせた。

ここで、芦田からジュードへ、“数いる教え子の中からなぜニュートを選んだのか”という質問が。「とってもいい質問だね」と言い、「ニュートは、非常に素直で、何が正しいかということを直感で分かっている人。だから彼には欲もエゴもなくて道徳観をすごく持っているんだ。実はダンブルドアは、自分の中の悪を分かっているのですが、そういうところを判断せずに素直に受けてくれると思っているのではないかと思います」と明かした。

このジャパンプレミアを皮切りに、本日からのべ4日間にわたる魔法のような来日キャンペーンが開幕する! 待望の日本公開も控え、ついに日本にもファンタビ旋風が巻き起こる!!!

宮野真守(ニュート)&小野賢章(ハリー)が力説!『ハリー・ポッター』の世界観が色濃く描かれる、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』への期待

宮野真守(ニュート)&小野賢章(ハリー)が力説!『ハリー・ポッター』の世界観が色濃く描かれる、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』への期待

2018.10.23

ファンタビ最新作にも新たな重要アイテムが満載! 造形美術監督ピエール・ボハナが明かすグリンデルバルド、若きダンブルドアの小道具へのこだわり

ファンタビ最新作にも新たな重要アイテムが満載! 造形美術監督ピエール・ボハナが明かすグリンデルバルド、若きダンブルドアの小道具へのこだわり

2018.11.15

【STORY】
シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュートに、最強の敵が登場!ある日、ニュートは魔法界と人間界を脅かす「黒い魔法使い」グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。ホグワーツの恩師ダンブルドア先生から彼を追うことを託されたニュートは、仲間や魔法動物たちとともにパリへ向かう。パリではグリンデルバルドが言葉巧みに賛同者を増やし、勢力を広げていた。そしてその手はついに仲間たちにまで――。果たしてニュートと仲間たちはこの最大の危機から世界を救えるのか!?

作品情報

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』
11月23日(金・祝)全国ロードショー
3D/4D/IMAX同時公開

監督:デイビッド・イェーツ(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品)
脚本:J・K・ローリング(「ハリー・ポッター」シリーズ著者)
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」全8作品) 
出演:エディ・レッドメイン/ジョニー・デップ/ジュード・ロウ/エズラ・ミラー/キャサリン・ウォーターストン/ダン・フォグラー/アリソン・スドル ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

『ファンタスティック・ビースト』オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts/
「魔法ワールド」オフィシャルサイト
https://warnerbros.co.jp/franchise/wizardingworld/