高杉真宙、「映画『ギャングース』はある意味キラキラ映画」。コメント動画解禁

高杉真宙、「映画『ギャングース』はある意味キラキラ映画」。コメント動画解禁

いよいよ明日11月23日(金)より公開される映画『ギャングース』より、高杉真宙のクランクアップコメント動画が解禁された。

原作は、2013年の連載開始以降、読者アンケートでは常に上位人気をキープし続けた「モーニング」の人気作品。ストーリー共同制作の気鋭のルポライターである鈴木大介による未成年の犯罪者への取材をもとに、裏社会の実態をリアルに描いた“超実証主義漫画”として知られている。メガホンをとったのは映画「SR サイタマノラッパー」シリーズ、映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』の入江 悠。

高杉が演じたサイケは情報収集・標的選定を担当。工具全般担当のカズキ(加藤 諒)、車両・機動担当のタケオ(渡辺大知)ら3人で、最底辺から日のあたる場所へ上がろうとタタキ稼業で生き抜こうともがいていく。

リラックスした様子でカメラの前に現れたクランクアップ直後の高杉は早速本作の撮影を振り返り「ずっとサイケをやってて、今回は終わっても手放したくない気持ちがすごいありますね。カズキとかタケオちゃんとかヒカリと仲良くなれたってのもありますし、サイケであの3人に会えないことが悲しい」と少しさみしそうな表情を見せる。最後に見てほしいポイントを聞かれると「サイケ、カズキ、タケオちゃん、ヒカリ、4人のハチャメチャ感がすごく青春なんじゃないかなって僕は思っていて、そこをみなさんしっかり観てほしいな。(ある意味)キラキラ映画だと思います」と満面の笑みで締めくくっている。

【STORY】
職ナシ。学ナシ。犯罪歴アリ。生まれたときから最底辺。親から虐待され、ろくに学校にも行けず、青春期を少年院で過ごしたサイケ・カズキ・タケオ。社会に見放された少年3人が生き抜くためにつかんだ仕事は、悪(犯罪者)だけをターゲットにした“タタキ”(窃盗、強盗)稼業。3人は、裏稼業・悪徳業種の収益金(アガリ)を狙う窃盗団を結成する。暴力団排除の機運の中、日本の裏社会に存在するヒエラルキーにも転換期が訪れ、ヤクザ組織に属さない“半グレ”系アウトローで構成される犯罪営利組織“カンパニー”の支配権を侵す。3人は後戻り不能なキケンな領域に立っていたがー。
ギャングース=悪の毒だけを喰らう小動物

作品情報

『ギャングース』
11月23日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

監督:入江 悠(『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ビジランテ』)
原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社モーニングKC所載)
出演:高杉真宙、加藤諒、渡辺大知(黒猫チェルシー)、林 遣都、伊東 蒼、山本舞香、芦那すみれ 勝矢、般若、菅原 健、斉藤祥太、斉藤慶太、金子ノブアキ、篠田麻里子、MIYAVI
製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
制作プロダクション:アミューズ+パイプライン
©2018「ギャングース」FILM PARTNERS©肥谷圭介・鈴木大介/講談社

『ギャングース』オフシャルサイト
http://gangoose-movie.jp/

『ギャングース』原作コミック