世界初! ドラマ『下町ロケット』、世界最大の“無人トラクターアート”誕生

世界初! ドラマ『下町ロケット』、世界最大の“無人トラクターアート”誕生

TBSで好評放送中の日曜劇場『下町ロケット』より、“世界最大の無人トラクターアート”が公開された。

11月11日放送の第5話をもって第1章「ギアゴースト編」が完結し、後編となる第2章「ヤタガラス編」が11月18日放送の第6話からスタート。今シリーズから出演しているイモトアヤコや徳重 聡、古舘伊知郎、神田正輝など新キャストの好演が話題になるなど、視聴率は初回から二桁を維持し、後編に向けてさらに盛り上がりを見せている本作。

18日に放送した第6話からの新キャラクターとして、佃 航平の同級生で北海道農業大学の教授であり、“無人農業ロボット”の研究をしている野木博文(森崎博之)が登場。それにあわせて、池井戸 潤が原作執筆の際に取材し、ドラマ化にあたり監修をお願いした、北海道大学農学研究院ビークルロボティクス研究室・野口伸教授と協力し、このトラクターアートを製作した。

北海道十勝にある約24,000坪(東京ドーム1.6個分)の畑に、佃製作所の作業服を着た阿部 寛演じる佃 航平と、『日曜劇場 下町ロケット』の文字を無人トラクター2台が描き、約12時間掛けて完成させた。自動運転で動く無人トラクターによるこれほど大規模の農用トラクターアートは世界初である。

この無人トラクターは現在、GPSとGPS基地局からの補正データを使用して稼動しているが、今後は11月1日に本格運用がスタートした日本の準天頂衛星システム「みちびき」の測位サービスを使用すると、基地局無しで高精度なアートを製作できるようになるという。

現在『下町ロケット 無人トラクターアート』の完成までを追ったスペシャルムービーをTBS公式YouTubeおよびオフィシャルサイトで公開中。ぜひ一度目にしてほしい。

番組情報

日曜劇場『下町ロケット』
毎週日曜よる21:00~21:54

製作著作:TBS
原作:池井戸潤『下町ロケット ゴースト』(小学館刊)  
脚本:丑尾健太郎
プロデューサー:伊與田英徳、峠田 浩
演出:福澤克雄、田中健太

【出演者】
佃 航平:阿部 寛
佃 利菜:土屋太鳳
立花洋介:竹内涼真
山崎光彦:安田 顕
軽部真樹男:徳重 聡
江原春樹:和田聰宏
迫田 滋:今野浩喜
津野 薫:中本 賢
唐木田 篤:谷田 歩
蔵田慎二:坪倉由幸
柏田宏樹:馬場 徹
加納アキ:朝倉あき

伊丹 大:尾上菊之助
島津 裕:イモトアヤコ
和泉沙耶:真矢ミキ

辰野:六角精児
神田川 敦:内場勝則
神谷修一:恵 俊彰
中川京一:池畑慎之介
重田登志行:古舘伊知郎
水原重治:木下ほうか
殿村正弘:山本 學
末長孝明:中村梅雀
佃 和枝:倍賞美津子
殿村直弘:立川談春
的場俊一:神田正輝
財前道生:吉川晃司
藤間秀樹:杉 良太郎
ほか

番組ページ(TBS)
http://www.tbs.co.jp/shitamachi_rocket/

©TBS

『下町ロケット ゴースト』
著者:池井戸潤著 出版社:小学館刊

『下町ロケット ヤタガラス』
著者:池井戸潤著 出版社:小学館刊