エディ・レッドメイン、ジュード・ロウら登壇! 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公開を鏡開きでお祝い

エディ・レッドメイン、ジュード・ロウら登壇! 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公開を鏡開きでお祝い

本日11月23日(金)、丸の内ピカデリーにて『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の公開初日舞台挨拶が開催。

イベントには、来日したエディ・レッドメイン(ニュート役)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ役)、ダン・フォグラー(ジェイコブ役)、アリソン・スドル(クイニー役)、クローディア・キム(ナギニ役)、ジュード・ロウ(ダンブルドア役)が登壇した。

イベントが始まると、まずはエディが「こんにちは!」と日本語であいさつ。「今日は勤労感謝の日にもかかわらずここにやって来ていただいて、私たちと時間を過ごすことを選択してくださり本当にありがとうございます」と感謝の言葉を述べると、会場からは拍手が。さらに、日本のファンに向けて「日本のファンの皆さんは情熱的で素晴らしい方々で、魔法ワールドファンのなかでも一番だと思っています。今日はいろんな新しい驚きやビーストたちも出てきますので、ぜひ楽しんでください」とメッセージを送り、会場を盛り上げた。

さらに、本作の見どころを聞かれたジュードは「ひとつだけ? たくさんあるよ!」と答え、エディの方を向きながら「すごくいい演技をしている人がいるよ」と言うと、観客席からは笑いが。加えて、今回はさまざまな色の「ベイビーニフラー」が登場することを明かし、「ハッキーサックス(お手玉のようなオモチャ)を習って彼らを捕まえようとしますので、そこをお見逃しなく」と語った。

イベントでは、本作のヒットを祈願して鏡開きも実施。前作での来日のときと同様に法被を着たアリソンは、「持って帰ろうかしら」と嬉しそうにひと言。続けて、「ずっと応援してくださり、そして私たちにたくさんの愛を注いでくださって、本当にありがとうございます。私もみなさんを愛しています」と感謝の言葉を送り、最後に「日本は魔法のよう」と日本語で締めくくると拍手が上がった。

そして、「ファンタビ大ヒット!」という掛け声とともに、キャスト全員での鏡開きが行われると、会場からはより大きな拍手が。最後はジュードから「日本のすばらしい文化、和食、人々の温かい歓迎ぶりに私たちは本当に感謝しています。最高の場所です」と語り、「I will be back」のひと言でイベントは終了。「また戻ってくる」という言葉に、観客席からは大きな歓声と拍手が巻き起こつた。

フォトギャラリー

【STORY】
シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュートに、最強の敵が登場!ある日、ニュートは魔法界と人間界を脅かす「黒い魔法使い」グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。ホグワーツの恩師ダンブルドア先生から彼を追うことを託されたニュートは、仲間や魔法動物たちとともにパリへ向かう。パリではグリンデルバルドが言葉巧みに賛同者を増やし、勢力を広げていた。そしてその手はついに仲間たちにまで――。果たしてニュートと仲間たちはこの最大の危機から世界を救えるのか!?

作品情報

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』
11月23日(金・祝)全国ロードショー
3D/4D/IMAX同時公開

監督:デイビッド・イェーツ(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品)
脚本:J・K・ローリング(「ハリー・ポッター」シリーズ著者)
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」全8作品) 
出演:エディ・レッドメイン/ジョニー・デップ/ジュード・ロウ/エズラ・ミラー/キャサリン・ウォーターストン/ダン・フォグラー/アリソン・スドル ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

『ファンタスティック・ビースト』オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts/
「魔法ワールド」オフィシャルサイト
https://warnerbros.co.jp/franchise/wizardingworld/