今季もBリーグ得点ランキング首位! 好調・新潟のダバンテ・ガードナーがスゴイ

今季もBリーグ得点ランキング首位! 好調・新潟のダバンテ・ガードナーがスゴイ

2018-19シーズンのB1リーグも序盤戦が終わり、リーグ全体の勢力図が見えてきた。首位の栃木ブレックスが好調を維持しているが、今シーズン躍進を遂げたチームも出てきている。その一つが、新潟アルビレックスBBだ。

Jリーグの新潟と同じ「アルビレックス」の名を持つチームとして2000年に誕生し、2005年から創設されたばかりのbjリーグに参加。Bリーグでは初年度の2016-17シーズンからB1を戦っており、過去2シーズンはともに10位という成績だった。

それが今シーズン、18試合終了時点で12勝6敗と大きく勝ち越し、所属する中地区で強豪・川崎ブレイブサンダースと首位争いを繰り広げている。

そして新潟の中心選手といえば、もちろんこの人! ダバンテ・ガードナーである。

アメリカのマーケット大学を卒業し、2016年から新潟でプレー。チームの大黒柱として活躍しており、昨シーズンは1試合平均28.7得点をあげ、初のB1得点王を獲得。今シーズンも得点ランキング首位を快走している。

203cm、132kgという巨漢のガードナー。ただ、見た目に騙されてはいけない。27歳のセンターは、決して強さだけに頼らない、巧さと速さも兼ね備えた選手なのである。驚くべき彼のプレーを、動画でご覧あれ。

力強いプレーはもちろんのこと、こう見えて? シュートが非常に上手く、フリースローの成功率は昨シーズンから約85%をキープ。また、時に巨体を揺らしながらドリブルで持ち込み、鮮やかな「ユーロステップ」を披露することもある、とんでもない選手だ。

一見強面だが、笑顔がステキなガードナー。性格が良くチームの愛されキャラでもある。リーグ最強のスコアラーを擁する新潟がどこまで行けるのか。今シーズンのB1で注目したい点の一つだ。

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by QOLY