安井謙太郎、初主演作『ニート・ニート・ニート』公開初日舞台挨拶

安井謙太郎、初主演作『ニート・ニート・ニート』公開初日舞台挨拶

安井謙太郎(ジャニーズJr.)が初主演を務める映画『ニート・ニート・ニート』が、11月23日より全国ロードショーとなった。デビュー作『太陽がイッパイいっぱい』(2002)で第8回小説新潮長編新人賞を受賞した三羽省吾による同名小説を『夢二〜愛のとばしり』(2016)で監督・脚本を務め、さらに10月には知英主演の『殺る女』が公開を控える、宮野ケイジ監督が映画化された本作。



さらにメインキャストには、ドラマ『陸王』を始め、現在大ヒット公開中の映画『旅猫リポート』にも出演するなど、映画・ドラマ・舞台と幅広く活躍する注目の若手俳優・山本涼介、安井と同じくジャニーズJr.の森田美勇人、期待の新星・灯敦生らが抜擢。広大な夏の北海道を舞台に、苫小牧市、札幌市、稚内市、釧路市阿寒町、清水町、帯広市、えりも町と総移動距離3,300kmを超える、縦横無尽な逃避行を繰り広げる。

都内で公開初日舞台挨拶が行われ、安井謙太郎(ジャニーズJr.)、山本涼介、森田美勇人(ジャニーズJr.)、灯 敦生、宮野ケイジ(監督)らが登壇した。

上映の熱気冷めやらぬ場内にキャスト陣らが姿を現すと、悲鳴交じりの黄色い歓声と大きな拍手が沸き起こった。まずは主演の安井が「短い時間ですが、今日は皆さんと楽しい時間にできたらなと思います」と挨拶。続くキャスト・スタッフも一言ずつ初日に集まった観客に感謝を述べた。 先日行われた公開直前イベントでは、安井自らがキャストらに話を振る様子が見られるなど、ラジオパーソナリティも務める安井の“司会術”が話題を集めたが、今回はその絶賛の声を受け、安井が舞台挨拶の司会に初挑戦。



突然の司会抜擢に戸惑いながらも、台本を手にすると“MCスイチッチ”が入り、「映画はどうでしたか? 皆さん!」と観客に投げかけるカタチで安井による進行がスタート。まずは総移動距離3,300kmにも及ぶ北海道ロケでの撮影について、「やっぱり車の撮影が一番多かったよね。移動してる時間のほうが長かったくらい」と振り返る安井。すると森田が「ドライブみたいな撮影でしたよね。一度撮影中、スタッフさんには『まっすぐ走ってください』と言われているんだけど、(キャストらが)『このまま勝手にどっか行っちゃおうか』ってなったことがあったよね」とやんちゃなエピソードを披露。するとその話に、安井が「『次の角で曲がってどっか行っちゃおう』って企んでたのに、そういう時に限って曲がり角が全然なくて(笑)」とオチを明かすと会場は笑いに包まれた。



また、撮影中のエピソードを振り返っていく中で、「僕これが一番聞きたいんですが! 今回僕が主演を務めさせていただいたわけですが、“座長・安井”について、今だから言える話ってありますか?」と話を切り出す安井。すると、「そういうのはないです(笑)」と山本が冗談交じりで即答し笑いつつも、「安井君はやっぱり一番スタッフさんと話されてたイメージがありますね」と振り返る。その言葉に安井が「僕はおしゃべりですからね。常に元気だし、『おはようございまーす!』っていう感じでした」とあっけらかんとした表情を見せるものの、山本は「でもそれがすごく助かりました。空気を良くしてくれていたので」と、座長らしい立ち振る舞いに感謝の言葉を向けた。

森田も「確かに、誰よりも早く(安井が)ロケバスに来ていて。朝一番に。だから、すごく心掛けているんだろうなと思った」と安井の“真面目”な一面に感心した様子を見せると、「それバレちゃだめなやつなのよ!」と照れ隠しで突っ込む場面もみられ、彼らの仲睦まじさ伝わる掛け合いに会場からは度々笑いが沸き起こった。 一方で“紅一点”の灯は、「宗谷岬の食堂で、(安井と森田が)二人でダンスの振りを練習されていたところを目撃して」と告白。

「映画ではニート役なんですが、撮影中以外でもそういった練習をされていたので、『そこまで働くか!』と思っちゃいました。普段はすごく働き者なんだなって」と語ると、「食堂にちょうど大きな鏡があってね。A.B.C-Zさんの曲を練習してました。めちゃくちゃ踊ってた!」と振り返る安井と森田。その姿に山本も気づいていた様子で、「めちゃくちゃ音がしましたもん。(安井と森田が)2階にいらっしゃって、僕は1階にいたんですけど、上から“ドンッドンッ”って」と明かす場面も。

そんな微笑ましいエピソードが次々と飛び出す中で、「真面目な話してもいい?」と切り出したのは宮野監督。「主演って特別で、(監督と主演は)波長が合うことが大事なんですよ。安井君と初めて会ったときに、僕はすごく(波長が)合うなと思ったので、現場は基本彼に任せていましたね」と明かすと、思わず「嬉しい」と声を漏らす安井。

対する安井も「監督とは沢山現場でもお話しましたが、カッコイイんですよね。立ち振る舞いや、佇まいが」と憧れの眼差しを向け、ふたりの“相思相愛”ぶりが伺えた。 そしてイベントの最後ではキャスト・スタッフから代表して安井が挨拶。「まさかの初日に“初・舞台挨拶MC”をさせていただけて、ラジオやっててよかったなと思いましたが(笑)本当にこの映画は皆さんのおかげで、少ない館数だったのが徐々に増えていき、98館になって。本当に僕たちだけではなくて、お客さんや北海道の撮影に携わっていただいたスタッフさん方みんなでこの映画を作っているのだなと、改めて感じました。北海道は地震が起こったばかりで、この映画がどこまで力になれるか分かりませんが、少しでも北海道のみなさんに恩返しできるような作品になっていけばいいなと思っています」と熱い想いを語ると、会場からは温かい拍手が沸き起こり、イベントは終了した。

【STORY】
代わり映えのない会社勤め、パソコンに向き合う日々。「俺…会社、辞めようかなって…」。退屈な毎日にうんざりして仕事を辞めてしまったタカシ(山本涼介)。
そんな矢先に高校時代の同級生・レンチ(安井謙太郎)が彼のもとを訪ねてきた。「北海道行くべ!」話を聞くとレンチは危ない筋の関係の女性に手を出してしまったという。レンチはタカシに加えて自家用車を持っている、同じく元同級生のキノブー(森田美勇人)も強引に巻き込み、ニート三人の逃避行が始まった。
道中、レンチが出会い系サイトで知り合ったという女性と待ち合わせをすることに。しかし待ち合わせ場所にいたのはまだ幼さの残る少女だった。月子(灯敦生)と名乗るその少女に主導権を奪われた一行は、彼女に従って北海道の各地を転々とすることに。旅の目的を一切明かさず三人には全く心を開かない月子だったが、その表情はどこか悲しげだった。そんな旅の途中でレンチはまたしてもトラブルを引き起こし、北海道でも追われることに。
果たしてニートたちは危機から逃げ切ることができるのか…月子が抱える秘密と旅の目的は一体何なのか…?

作品情報

『ニート・ニート・ニート』
公開中

監督・脚本:宮野ケイジ(『夢二〜愛のとばしり』)
原作:三羽省吾 「ニート・ニート・ニート」(角川文庫)
主題歌:「キャリーオン」9mm Parabellum Bullet(日本コロムビア)
出演:安井謙太郎(ジャニーズ Jr.)、山本涼介、森田美勇人(ジャニーズ Jr.)、灯 敦生、MEGUMI、松澤一之、相田英瑞、小南光司、山 優香、前田倫良、石野真子(特別出演)、藤本隆宏
企画:ミレ・ファクトリー
製作:映画「ニート・ニート・ニート」製作委員会
配給:スパイラル・ピクチャーズ
©2018 三羽省吾・角川文庫/映画「ニート・ニート・ニート」製作委員会


オフィシャルサイトhttps://neet3.jp/

原作書籍

ニート・ニート・ニート』原作小説
著:三羽省吾 出版社:新潮社