最終興収50億円超え確実! 映画『ボヘミアン・ラプソディ』3週目も絶好調

最終興収50億円超え確実! 映画『ボヘミアン・ラプソディ』3週目も絶好調

伝説のバンド<クイーン>。常識を打ち破り世界を変えたフレディ・マーキュリーの生き様を、魂に響く28の名曲と共に贈る感動の物語『ボヘミアン・ラプソディ』が3週目週末を迎え、前週を上回る驚異の快進撃が続いている。

11月24日はフレディ・マーキュリーの命日で、TOHOシネマズ日比谷では“胸アツ”応援上映前にメモリアルイベントを開催。週末(11月24日&25日)562スクリーンで動員278,910人、興行収入3億9,502万円を上げ、先週の公開週末対比で驚異の102%を記録し、オープニング週末の117%。週末までの累計動員1,660,936人、累計興行収入23億3,610万円を達成した。これは『グレイテスト・ショーマン』(最終興収53億円)の3週目週末の興収対比で135%。劇場では朝イチから満席・完売が続出し、クイーン世代を中心に20代~30代カップルや家族連れを含む幅広い層が駆けつけた。世界各国でも落ちが少なく、全米の累計興行収入は1.52億ドル(約171億円)、全世界累計興行収入は4億7,217万ドル(約533億円)に達した。

SNSでは芸能人から「最高でした!」などのコメントが続々アップされ、複数回鑑賞のリピーターも続出で、さらなる客層の拡がりを見せている。

さらに、サントラの売り上げはCD、配信合わせた出荷枚数は15万枚を超えている。11月25日の夜にはiTunesのアルバムチャートで1位~3位までのTOP3がクイーンを占めるという異常事態となっており(1位サントラ、2位ベスト盤『ジュエルズ』、3位ベスト盤『グレイテスト・ヒッツ』)、ほかのクイーンの作品も含めると全17タイトルがランクイン。映画を観た観客がクイーンのほかのアルバムにも手を伸ばしていることがうかがえる。

作品情報

『ボヘミアン・ラプソディ』
大ヒット公開中

監督:ブライアン・シンガー 
製作:グレアム・キング、ジム・ビーチ
音楽総指揮:ブライアン・メイ(クイーン/ギター)、ロジャー・テイラー(クイーン/ドラマー)
出演:ラミ・マレック、ジョセフ・マッゼロ、ベン・ハーディ、グウィリム・リー、ルーシー・ボイントン、マイク・マイヤーズ、アレン・リーチ
配給:20世紀フォックス映画
© 2018 Twentieth Century Fox

オフィシャルサイト
http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/