映画『赤い雪 Red Snow』マラケシュ国際映画祭 コンペティション部門 正式招待決定! 井浦 新&夏川結衣のコメントも到着

映画『赤い雪 Red Snow』マラケシュ国際映画祭 コンペティション部門 正式招待決定! 井浦 新&夏川結衣のコメントも到着

2019年2月1日(金)より公開される、実話を元にしたミステリー・サスペンス映画『赤い雪 Red Snow』の場面写真が公開。併せて、井浦 新と夏川結衣よりコメントが到着した。

大ヒット映画『64-ロクヨン-』のプロデューサー・浅野博貴が、同作の出演者を再びキャスティングし制作された本作。主演の永瀬正敏は、物語の発端となる、雪の日に失踪した少年の兄・白川一希を演じ、同じく主演の菜 葉 菜は少年失踪事件の容疑者の娘・江藤小百合を演じる。そして、失踪事件から30年後に事件を調べ、小百合を見つけ出し、失踪した少年の兄である白川に知らせる事件記者・木立省吾役を井浦 新、少年失踪事件の容疑者であり、「完全黙秘」で事件を闇に隠しこんだ江藤早奈江役を夏川結衣が担当。そして早奈江の内縁の夫であり、30年後も早奈江の娘小百合と同居する宅間 隆役に佐藤浩市と、錚々たる豪華出演者が普段見ることのできない役柄で本作に登場する。

【井浦 新コメント】
甲斐監督の現場は優しい空気で包み込まれている。⼭形と新潟の極寒の地を巡り、旅をしながら撮影し、凍てつく寒さの中、監督の柔らかい笑い声に、みんな暖をとるように集まってきていました。
でも、ただ優しく暖かいから集まってくるのではありません。監督の内側にある衝動の刃は硬質で、斬れ味は⽇本⼑の様に鋭く、地下世界から天空を⾃由に往き来する想像⼒には、⼈を魅了する毒がしっかりある。
その蜜の薫りを嗅ぎつけたスタッフ・キャストが集結してつくられた【⾚い雪 Red Snow】
尊敬する共演者の⽅々と、毒を味わいながら、共振し合いながら、甲斐ワールドを彷徨い、記憶を辿る旅をしました。
観て下さる⽅々の⼼に、深々と⾚い雪が降り積もり、世界観に浸って楽しんで頂けますことを願っております。

【夏川結衣コメント】
雪の中の少年の後ろを⾃分もおいかけているような、⾃分もこの雪の中に⽴ちすくんでいるような、そんな不思議な感覚に陥りました。掴んでも掴みきれないこの感覚が、⼈の記憶という不確かなものと同化しているのかもしれません。

また、本作が「マラケシュ国際映画祭」のコンペティション部門に正式招待が決定! 2001年にモロッコ国王により設立されたマラケシュ国際映画祭。本年は11月30日(金)から12月8日(土)まで開催され、今年で第17回目となる。今回、「マラケシュ国際映画祭」コンペティション部門には、日本から本作のみが招待されており、12 月2日(日)に甲斐さやか監督が現地を訪れる予定となっている。

【STORY】
ある雪の⽇、⼀⼈の少年が忽然と姿を消した。少年を⾒失った兄・⽩川⼀希(永瀬)は、⾃分のせいで弟を⾒失ったと思いこみ、⼼に深い傷を負う。少年誘拐の容疑者と疑われた⼥の周りでは次々と怪しい殺⼈事件が起こるが、真実は闇へと落ちていった。30年後。事件の真相を追う記者・⽊⽴省吾(井浦)が容疑者と疑われた⼥の⼀⼈娘・江頭⼩百合(菜 葉 菜)を⾒つけ出したことにより、「被害者の兄」と「容疑者の娘」の運命の⻭⾞が⼤きく動き始める。⼀つの事件で深い傷を負った⼈間の、曖昧な記憶を辿る葛藤の中に垣間⾒えた真実は、それぞれの運命を予想もしない結末へと導いていく。それぞれの記憶が氷解した先に⾒えたものは何か。全てを信じてはいけない。

作品情報

『赤い雪 Red Snow』
2019年2月1日(金)テアトル新宿ほか全国順次公開
出演:永瀬正敏、菜 葉 菜、井浦 新、夏川結衣、佐藤浩市、吉澤 健、坂本長利、眞島秀和、紺野千春、イモトアヤコ、好井まさお
脚本監督:甲斐さやか
プロデューサー:浅野博貴
上映時間:106分
日本公開:テアトル新宿 ほか
制作:T-ARTIST
制作協力:ROBOT
制作プロダクション:トライアムズ
配給:アークエンタテイメント
©「赤い雪」製作委員会

『赤い雪 Red Snow』オフィシャルサイト
https://akaiyuki.jp/