趣里 主演映画『生きてるだけで、愛。』の関根光才監督が新人監督の登竜門「新藤兼人賞」銀賞受賞

趣里 主演映画『生きてるだけで、愛。』の関根光才監督が新人監督の登竜門「新藤兼人賞」銀賞受賞

現在大ヒット上映中の映画『生きてるだけで、愛。』で、メガホンをとった関根光才監督が、優れた新人監督に贈られる「新藤兼人賞」にて銀賞を受賞した。

「今後の日本映画界を背負う人材を育てたい」という映画製作者達の思いから1996年に創設され、今年で23回目を迎える本賞。「この監督と組んで仕事をしてみたい」「今後この監督に映画を作らせてみたい」というプロデューサーの観点で選考を行う“日本で唯一の個性を持つ新人監督賞”だ。過去には、是枝裕和、橋口亮輔、李相日、西川美和、佐々部 清、土井裕泰、中村義洋、内田けんじ、森 義隆、呉 美保などの監督たちが受賞し、その後の活躍から「現役プロデューサーによる新人発掘の目は間違いない」と、新人監督の登竜門として高く評価されている。

この度選考の対象となった、2017年12月から2018年11月に劇場公開された新人監督(長編処女作より3作品まで)の作品数は過去最多185作品に上り、厳選なる審査の結果、金賞に『鈴木家の嘘』野尻克己監督、銀賞に『生きてるだけで、愛。』関根光才監督が決定した。さらに本年度は、黒澤 満に『日本映画製作者協会 特別賞』が贈呈されることも決定している。

授賞式は12月7日(金)正午より如水会館 オリオンルームにて開催される予定だ。

映画『生きてるだけで、愛。』主演の趣里が関根光才監督との対談で見せた素顔。「ヒロインは葛藤のある子。とても理解できた」

映画『生きてるだけで、愛。』主演の趣里が関根光才監督との対談で見せた素顔。「ヒロインは葛藤のある子。とても理解できた」

2018.11.06

【STORY】
生きてるだけで、ほんと疲れる。鬱が招く過眠症のせいで引きこもり状態の寧子と、出版社でゴシップ記事の執筆に明け暮れながら寧子との同棲を続けている津奈木。そこへ津奈木の元カノが現れたことから、寧子は外の世界と関わらざるを得なくなり、二人の関係にも変化が訪れるが……。

作品情報

『生きてるだけで、愛。』 
11月9日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

出演 :趣里 菅田将暉 田中哲司 西田尚美/松重 豊/石橋静河 織田梨沙/仲 里依紗
原作:本谷有希子『生きてるだけで、愛。』(新潮文庫刊)
監督・脚本:関根光才
製作幹事 :ハピネット、スタイルジャム
企画・制作プロダクション:スタイルジャム
配給:クロックワークス
©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

オフィシャルサイトhttp://ikiai.jp

『生きてるだけで、愛。』原作