『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公開3日間で100万人動員突破!

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公開3日間で100万人動員突破!

11月23日(金・祝)より、映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が全国359館、1008スクリーンの特大規模で公開中。11月25日(日)までの3日間で観客動員は100万793人、興行収入は14億7193万4500円を記録した。

なお、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の観客動員数は5日間で100万人超えを記録し、初日の興行収入は5億9791万9300円。本作はこれよりも2日早く100万人超えを達成し、興行収入も6億1792万6800円と『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』を上回るの人気を誇っている。

加えて、2018年公開作品の金曜日公開初日興行収入でNo.1を達成。2018年冬興行一番の話題作として、最終興行収入100億円超えも十分に狙える圧倒的な大ヒットスタートを切った。世界興行も2週連続でNo.1。すでに80か国で公開となり、世界的興行収入は500億円に到達も目前だ。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』興行成績
11月23日(金・祝) 617,926,800円/430,449人
11月24日(土) 442,227,000円/295,907人
11月25日(日) 411,780,700円/274,437人
3日間の累計 1,471,934,500円/1,000,793人

【STORY】
シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュートに、最強の敵が登場!ある日、ニュートは魔法界と人間界を脅かす「黒い魔法使い」グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。ホグワーツの恩師ダンブルドア先生から彼を追うことを託されたニュートは、仲間や魔法動物たちとともにパリへ向かう。パリではグリンデルバルドが言葉巧みに賛同者を増やし、勢力を広げていた。そしてその手はついに仲間たちにまで――。果たしてニュートと仲間たちはこの最大の危機から世界を救えるのか!?

作品情報

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』
大ヒット上映中(3D/4D/IMAX同時公開)

監督:デイビッド・イェーツ(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品)
脚本:J・K・ローリング(「ハリー・ポッター」シリーズ著者)
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」全8作品) 
出演:エディ・レッドメイン/ジョニー・デップ/ジュード・ロウ/エズラ・ミラー/キャサリン・ウォーターストン/ダン・フォグラー/アリソン・スドル ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

『ファンタスティック・ビースト』オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts/
「魔法ワールド」オフィシャルサイト
https://warnerbros.co.jp/franchise/wizardingworld/