Netflixオリジナルアニメ『聖闘士星矢』『7SEEDS』『ULTRAMAN』最新情報解禁! 『新世紀エヴァンゲリオン』独占配信決定

Netflixオリジナルアニメ『聖闘士星矢』『7SEEDS』『ULTRAMAN』最新情報解禁! 『新世紀エヴァンゲリオン』独占配信決定

本日11月27日(火)、アキバシアターにてNetflixの「アニメラインナップ発表会」が開催。2019年前半に配信されるのアニメ最新情報が発表された。

Netflixアニメ最新情報

『リラックマとカオルさん』
2019年4月16日配信開始

キーアートとティザー予告が公開。会場にはリラックマがゲストとして登場し、カオルさん役の声優が多部未華子であることも明かされた(※多部未華子からのコメントは下記に掲載)。

【作品概要】
リラックマ初のストップ・モーションアニメシリーズ「リラックマとカオルさん」は、彼女たちが過ごす色とりどりの12か月を描いた、やさしくて、ちょっぴりほろ苦い物語。これまであまり描かれることがなかったリラックマとカオルさんのやりとりを、荻上直子(『かもめ食堂』『彼らが本気で編むときは、』監督・脚本)の脚本による共感性の高い物語を軸に、CFを中心に活躍する小林雅仁監督が大人から子供、そして世界中の誰もが楽しめるストーリーへ映像化。カオルさんを演じるのは、舞台・映画と幅広く活躍する演技派女優・多部未華子。柔らかくも時に芯のある女性として、リラックマたちとの日々を活き活きと映し出している。

【STAFF】
脚本:荻上直子
クリエイティブアドバイザー:コンドウアキ
監督:小林雅仁
製作著作:サンエックス株式会社
監修:サンエックス“リラックマチーム”
制作:ドワーフ

【CAST】
カオル:多部未華子

『新世紀エヴァンゲリオン』(全26話)
『EVANGELION: DEATH (TRUE)2
『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』

2019年春、独占配信決定

SVOD(月額制定額オンラインストリーミングサービス)では、初となる全世界独占配信。

【STORY】
西暦2015年。第3新東京市に、さまざまな特殊能力を持つ“使徒”が襲来した。主人公・碇シンジは、人類が“使徒”に対抗する唯一の手段であるヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンの操縦者に抜擢されてしまう。今、人類の命運を賭けた戦いの火蓋が切って落とされる。果たして“使徒”の正体とは? 少年たちと人類の運命は?

【STAFF】
監督:庵野秀明
企画・原作:庵野秀明
キャラクターデザイン:貞本義行
メカニックデザイン:山下いくと、庵野秀明
副監督:摩砂雪、鶴巻和哉
美術監督:加藤 浩
音楽:鷺巣詩郎
脚本:薩川昭夫、榎戸洋司、庵野秀明 他
絵コンテ:摩砂雪、鶴巻和哉、樋口真嗣 他
作画監督:鈴木俊二、本田 雄、長谷川眞也 他
アニメーション製作:Project Eva.

【STORY】
碇 シンジ:緒方恵美
葛城ミサト:三石琴乃
赤木リツコ:山口由里子
綾波レイ:林原めぐみ
惣流・アスカ・ラングレー:宮村優子
碇 ゲンドウ:立木文彦
渚 カヲル:石田 彰
冬月コウゾウ:清川元夢
日向マコト:結城比呂
伊吹マヤ:長沢美樹
青葉シゲル:子安武人
鈴原トウジ:関 智一
相田ケンスケ:岩永哲哉
洞木ヒカリ:岩男潤子
キール・ロレンツ:麦人

『聖闘士星矢: Knights of the Zodiac』(Netflixオリジナルアニメ)
2019年夏、全世界独占配信

第2弾ティザーアートが公開。なお、過去のシリーズはNetflixにて配信中。

【作品概要】
車田正美原作「聖闘士星矢」は、東映アニメーションにより1986年にアニメ化され、世界で最も成功したフランチャイズのひとつ。原作漫画の発行部数は現在までに総計3500万部を超え、東映アニメーションでは250話以上のTVシリーズと劇場映画6本が製作され、80を超える国と地域で放送・公開されました。30年以上経た今も、漫画・アニメだけでなく、ゲームやフィギュアとしても全世界で愛され続けている作品です。

Netflixオリジナルシリーズ「聖闘士星矢: Knights of the Zodiac」は、女神アテナを守るために聖闘士と呼ばれる戦士となって闘う少年・星矢の成長と冒険を描いた大ヒット漫画のリメイクCGアニメーション。本シーズンは「銀河戦争(ギャラクシアンウォーズ)篇」から「白銀聖闘士(シルバーセイント)篇」までが描かれる予定。

【STAFF】
原作:車田正美
シリーズディレクター:芦野芳晴
Story Editor & Head Writer:Eugene Son(Avengers:Secret Wars)
キャラクターデザイン:西位輝実
聖衣(クロス)デザイン:岡崎能士
アニメーション制作:東映アニメーション

『7SEEDS』(Netflixオリジナルアニメ)
2019年4月、全世界独占配信

2001年から16年にわたって連載された、SFの名作漫画が遂にNetflixでアニメ化。アニメーション制作はGONZO。さらに東山奈央、福山 潤、阿澄佳奈、石田 彰など、「夏Bチーム」のキャラクターを演じる豪華キャスト陣も明かされた。

【STORY】
少女ナツが目を覚ますと、辺りは海。突然荒れ狂う海に放り出された彼女は、嵐と蟬丸、牡丹と共に島へと辿り着く。その島には未開のジャングルが広がり、巨大化した植物や、凶暴化した動物や昆虫に次々と襲われ、死と隣り合わせのサバイバル生活へと放り込まれる。そんな中、ガイドだと名乗る人物より信じられない計画の話を聞かされる。それは、人類絶滅を回避するため、若く健康な人間を冷凍保存し、災厄が過ぎ去った後の世界に人類の種を残そうという壮大な計画「7SEEDS計画」の話だった。
彼女らはその計画に選ばれた人間なのだと初めて知り愕然とするのであった。「7SEEDS計画」に選ばれた若者たちは変わり果てた世界で、過酷な環境にさらされながらも懸命に生きてゆく。

【STAFF】
原作:田村由美「7SEEDS」(小学館「flowersフラワーコミックスα」刊)
監督:高橋幸雄
シリーズ構成:待田堂子
キャラクターデザイン:佐藤陽子
アニメーション制作:GONZO

【CAST】
岩清水ナツ:東山奈央
青田 嵐:福山 潤
麻井蟬丸:小西克幸
早乙女牡丹:沢海陽子
天道まつり:阿澄佳奈
守宮ちまき:石田 彰
草刈螢:悠木 碧
百舌戸要:井上和彦

『ULTRAMAN』(Netflixオリジナルアニメ)
2019年4月1日、全世界独占配信

第2弾ティザーアート、ティザー映像、スタッフ・キャスト情報が解禁。さらに、数多くの名作3DCGアニメーションやSF作品を手掛けてきた、本作の監督・神山健治×荒牧伸志からのコメントも公開された(※コメントは下記に掲載)。

【作品概要】
「ウルトラマン」はTVに初登場した1966年に始まり、世界に誇るヒーローとして世代を越えて受け継がれ、数多くの作品が製作されてきた。 2011年、ウルトラマンが地球を去ったその後の世界を描くコミック『ULTRAMAN』が登場。鋼鉄の強化スーツを身に纏って戦う「等身大のヒーロー」ウルトラマンは、かつてのヒーローの息子だった。本作が切り拓いた新たな世界観は、多くの若者から共感と支持を集め、コミック累計発行部数が280万部を超えるヒット作となっている。 本作を手掛けるのは、神山健治監督と荒牧伸志監督。2大監督の化学反応によって今ここに3DCGアニメ『ULTRAMAN』が誕生、新たな伝説がここから始まる。

かつて、巨大な怪獣や侵略異星人による危機から地球の平和を守り続けてきた“光の巨人”がいた。その名は、ウルトラマン。科学特捜隊の早田隊員と同化していた彼が、その使命を終えて地球を去ってから時は過ぎ、人類は繁栄の時代を迎えていた。しかし、それは表向きの平和に過ぎなかっ た…。 今、再び“光の巨人”の力が求められる時、光の因子を受け継いだ新たな英雄が現れる。だが、それは巨人に非ず、メタリックボディの強化スーツに身を包んだ等身大の悩み多き高校生だった…。 彼の名は、早田進次郎。かつてウルトラマンであった男、早田進の息子が、新世代のウルトラマンとなるべく奮闘する新たなる物語が、ここに幕を開ける!!

【STAFF】
原作:円谷プロダクション
     清水栄一×下口智裕(月刊ヒーローズ連載)
監督:神山健治×荒牧伸志
音楽:戸田信子×陣内一真
アニメーション制作:Production I.G×SOLA DIGITAL ARTS

【CAST】
早田進次郎:木村良平
諸星弾:江口拓也
北斗星司:潘 めぐみ
早田進:田中秀幸

スタッフ・キャスト コメント

【多部未華子(『リラックマとカオルさん』主演)】
Q.オファーを受けた時のご感想は?

―リラックマは周りの友達も結構好きな子が多くて、とても人気のキャラクターだということは知っていました。ストップモーションアニメという初めて聞く作り方にすごく興味を持ちましたし、カオルさんもリラックマファンの中では有名な女性というのを知って、そこにも興味を持ちました。

Q.動くリラックマたちを見たご感想は?
―素直に「可愛い」の一言に尽きるのですが、アフレコの時はリラックマの一言一言や表情だったり、カオルさんとの会話にすごく癒されながら私も収録していました。本当に可愛くて、リラックマというだけあって、リラックスするキャラクターだなと思いました。

Q.今回、初めてカオルさんが登場するということでファンの注目度も高いですが、カオルさんはどんな女性ですか?
―カオルさんは、ごくごく普通の女性で、料理上手で優しく穏やかな女性なのですが、
カオルさんの持っている“間”が私の中ではとっても面白くて。私も観て共感したり、クスっと笑ってしまう部分もありました。どこにでもいるOLですけどちょっと面白い女性ですね。

Q.リラックマやコリラックマ、キイロイトリさんは言葉を発しないキャラクターですが、そういうキャラクターとの演技で工夫した点などは?
―リラックマもコリラックマもキイロイトリも普通に会話しているように話していたので、そこに関してはあまり難しさは感じなかったですね。台本の会話も本当に面白かったですし、日常会話の中にちょっとクスッと笑えるようなシーンがたくさん出てきて、普通に楽しく撮影、収録していたので、あんまり苦労というのがなくて。日常生活の会話を、目でも楽しみながら収録させていただきました。

Q.リラックマたち以外にもカオルさんのお部屋や洋服、景色など女性が見て楽しめる要素がたくさんありますが、おすすめやここが気に入ったと思うポイントはありますか?
―初めて出来上がった映像を見て、外の景色やカオルさんのお家など、色づかいが素敵だなあと思いました。ストップモーションだから出せる立体感や色合いもそうですし、リラックマだけじゃない、色合い全てが癒しを与えてくれます。

Q.全世界190カ国で独占配信されます。声優として「全世界デビュー」を果たす意気込みをお願いします
―日本で一番癒されると言っても過言ではないリラックマの存在を、色々な国の、たくさんの方に知っていただきたいです。国や文化が違っても、ほのぼのした世界観というのは変わらないと思いますし、日本の四季も感じられたりするので、目で見て感じて、楽しんでいただけたらいいなと思います。

Q.「リラックマとカオルさん」の魅力、おすすめのところ、楽しみにしている人に向けてメッセージをください
―1話10分という見やすい時間の中で、リラックマ、コリラックマ、キイロイトリとカオルさんのほのぼのした会話やエピソードをぜひおうちで、本当にダラーっとしながら観てほしいなと思います。

【神山健治×荒牧伸志(『ULTRAMAN』監督)】
Q.本作の見どころ
荒牧 役者の動きをベースに、アニメーション的な気持ちも加味したカメラワークを目指してます。その辺が、かなり実現できているんじゃないかなと思いますね。

神山 モーションキャプチャーを使っていますので、アニメのキャラクターたちがダイナミックに動くところはだいぶ豪華にできていると思います。あと、1話の中でアクションシーンをたっぷりやれるというのは、なかなかセルアニメでは出来なかったことですので、その辺がすごく見どころになってくると思います。

Q.ストーリーについて
神山 この話を頂いた時に、「ヒーローとは何ぞや」、「ヒーローがどうあるべきか」と言ったことを、入れられるかもしれないなと思いました。

荒牧 (主人公は)現代っ子だけど、だんだんULTRAMANの力を得ることによって、いろんなシビアさに直面しつつ紆余曲折を経て、「どういう覚悟でULTRAMANになるんだ」ということが問われる話だと思うので、それにどう彼が向き合っていくのかっていう話だと感じました。

Q.ファンに向けて
神山 原作ファン、特撮のウルトラマンのファンといった全ての人に喜んでもらうことはなかなか難しいんですけれども、皆さんに喜んでもらえることを目指しつつ、かなり良い映像になってきていると思いますので、放送を楽しみにして頂けたらと思います。

荒牧 「ウルトラマンってなんだろう」ということをもう一度考えつつ作ることができましたし、その想いを画面にできたと思うので、既存のファンの方にも響くように作ってますし、新しい人にももちろん観てもらいたい作品になってます。ぜひよろしくお願いします。

© 2018 San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.
©カラー/Project Eva.
©Masami Kurumada / Toei Animation
©2019 田村由美・小学館/7SEEDS Project
©円谷プロ
©Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi
©ULTRAMAN製作委員会

「Netflix」オフィシャルサイト
https://www.netflix.com