映画『鈴木家の嘘』野尻克己監督、2018年最も優れた新人監督に贈られる「新藤兼人賞」 金賞受賞!

映画『鈴木家の嘘』野尻克己監督、2018年最も優れた新人監督に贈られる「新藤兼人賞」 金賞受賞!

全国公開中の映画『鈴木家の嘘』で、メガホンをとった野尻克己監督が、優れた新人監督に贈られる「新藤兼人賞」にて金賞を受賞した。

突然訪れた長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアをまじえつつあたたかく描いた本作は、橋口亮輔監督(『恋人たち』)、石井裕也監督(『舟を編む』)、大森立嗣監督(『セトウツミ』)ら、数多くの作品で助監督を務めてきた野尻の監督デビュー作であり、脚本も野尻監督自ら手がけたオリジナル作品。

1996年に創設され、今年で23回目を迎える本賞は、「この監督と組んで仕事をしてみたい」「今後この監督に映画を作らせてみたい」というプロデューサーの観点で選考を行う“日本で唯一の個性を持つ新人監督賞”だ。過去には、是枝裕和、橋口亮輔、李相日、西川美和、佐々部 清、土井裕泰、中村義洋、内田けんじ、森 義隆、呉 美保などの監督たちが受賞し、その後の活躍から「現役プロデューサーによる新人発掘の目は間違いない」と、新人監督の登竜門として高く評価されている。

この度選考の対象となった、2017年12月から2018年11月に劇場公開された新人監督(長編処女作より3作品まで)の作品数は過去最多185作品に上り、厳選なる審査の結果、金賞に『鈴木家の嘘』野尻克己監督、銀賞に『生きてるだけで、愛。』関根光才監督が決定した。さらに本年度は、黒澤 満に『日本映画製作者協会 特別賞』が贈呈されることも決定している。

授賞式は12月7日(金)正午より如水会館 オリオンルームにて開催される予定だ。

【野尻克己監督 コメント】
映画の神様の名前が冠についた新藤兼人賞というのはやはり特別の思いがあります。
「いい映画を撮れ」という新藤監督のプレッシャーが私に一生つきまとうからです。
嬉しいと同時にこれからは映画の神様を背負わなければならない。
神様は250本以上の脚本を書きましたが、私は250本以上の脚本を書けるだろうか?
神様は100歳まで映画監督をしていたが、私は100歳まで監督ができるだろうか?
新しい目標が二つできました。
ここからが本当の映画監督としての本当のスタートラインだと思っています。

【STORY】
あまりにも突然に訪れた長男・浩一の死。ショックのあまり記憶を失った母のため、遺された父と長女は一世一代の嘘をつく。ひきこもりだった浩一は、扉を開けて家を離れ、世界に飛び出したのだと―。母の笑顔を守るべく奮闘する父と娘の姿をユーモラスに描きつつ、悲しみと悔しみを抱えながら再生しようともがく家族の姿を丁寧に紡ぐ感動作。

作品情報

映画『鈴木家の嘘』
新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国公開中


監督・脚本:野尻克己
出演:岸部一徳 原 日出子 木竜麻生 加瀬 亮 岸本加世子 大森南朋
音楽・主題歌:明星/Akeboshi「点と線」(RoofTop Owl) 
製作:松竹ブロードキャスティング
制作プロダクション:ハーベストフィルム
配給:松竹ブロードキャスティング/ビターズ・エンド
©松竹ブロードキャスティング

オフィシャルサイト
www.suzukikenouso.com