篠原涼子、「ぶっ倒れそうになりました」。映画『人魚の眠る家』で初の主演女優賞受賞に感激

篠原涼子、「ぶっ倒れそうになりました」。映画『人魚の眠る家』で初の主演女優賞受賞に感激

11月28日(水)、公開中の映画『人魚の眠る家』の大ヒット御礼舞台挨拶が、新宿ピカデリーで開催され、篠原涼子、西島秀俊、スペシャルゲストの絢香が登壇した。

「第43回 報知映画賞 主演女優賞」を受賞した篠原は「映画のおかげかなと思います。スタッフのみなさんの熱量や、すばらしいキャストのみなさんのリードがあったからこそだと思います」と本作への感謝の思いを述べた。また、女優として賞を受賞するのは、今回が初ということで「受賞を知った時は、ぶっ倒れそうになりました」と話すと、西島も「僕もぶった倒れそうになるくらい、うれしかったですよ。本当に毎日、段取りのときから号泣して、一日中泣いて帰っていくというのをやっていたので、それは賞をとらなきゃおかしいだろうと思います」と篠原を称えた。

ここで、本作の主題歌「あいことば」を歌う絢香がスペシャルゲストとして登場。「私の作曲家としてのキャリアのなかで特別に誇れる一曲となった」と楽曲の発表の際に話した絢香は改めて「この曲は台本を読みながら書いたのですが、読みながら感情移入してイメージが湧いてきました。母と娘、家族の絆や関係性をどんな言葉で表したらよいかなと考えていたときに、実際には見ることや触れることはできないけれど、でも心で感じられるような言葉が見つかったら良いなと思いました。そこで、出てきたのがこの曲の冒頭にある『透明なあいことば』というフレーズでした。大切な人を失うのはだれしもが経験することですが、別れた後の世界でも希望と救いが求められたら良いなと思いました」とこの曲にのせた思いを語った。

そして、篠原は「この作品のために、ここまで想いを寄せてくださる楽曲があるのかと思い震えました。映画館でこの曲を聴いたとき、涙が止まらなくなりました。すごく歌いたくなる曲で、最近はスタッフさんとカラオケに行ったときに歌ってます」。西島は「一度聴くと忘れられないメロディーで、歌詞も誰もが愛する人に思う普遍的な気持ちを歌われてるなと思います」と主題歌に対する感動を口にし、絢香は主題歌「あいことば」を生披露。篠原、西島は客席から鑑賞し「幸せすぎて興奮気味」と感激。カラオケで歌ってる自分の感じと違うかと聞かれると、「全然違う。そんなの失礼じゃないですか」と恐縮していた。

最後に篠原が「スタッフ、キャスト全員の熱量がすごく入っている作品です。スタッフの方たちが毎日死に物狂いで作った、思いのたくさん詰まった作品です。私も初めてみたとき、自分が出ているのにも関わらず、始まって5分で涙が止まらない状況になりました。そんな作品は初めてです。私もこの作品でいろんなことを勉強し経験できました。そんな作品をみなさんお届けします。どうぞご覧ください」と締めくくり、舞台挨拶は幕を閉じた。

【STORY】
二人の子を持つ播磨薫子(篠原)とIT機器メーカーを経営する夫・和昌(西島)。娘の小学校受験が終わったら、離婚すると約束した夫婦のもとに、突然の悲報が届く。娘の瑞穂がプールで溺れ、意識不明になったというのだ。回復の見込みがないわが子を生かし続けるか、死を受け入れるか。究極の選択を迫られた夫婦は、和昌の会社の最先端技術を駆使して前例のない延命治療を開始する。治療の結果、娘はただ眠っているかのように美しい姿を取り戻していくが、その姿は薫子の狂気を呼び覚まし、次第に薫子の行動はエスカレートしていく。それは果たして愛なのか、それともただの欲望なのか。過酷な運命を背負うことになった彼らの先には、衝撃の結末が待ち受けていた――。

作品情報

『人魚の眠る家』
全国公開中


監督:堤 幸彦
脚本:篠﨑絵里子
原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎刊)
出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中哲司、田中 泯、松坂慶子
配給:松竹

©2018「人魚の眠る家」 製作委員会

オフィシャルサイト
http://ningyo-movie.jp/