GEKIIKE本公演第10回公演、舞台『月光仮面(仮題)』来夏上演

GEKIIKE本公演第10回公演、舞台『月光仮面(仮題)』来夏上演

来年2019年7月に演劇集団GEKIIKEの本公演第10回『月光仮面(仮題)』の上演が決定した。本作はGEKIIKE本公演の記念すべき第10回公演であるとともに、TV放送から60周年を迎えた「月光仮面」の2019年新プロジェクト。

1年半ぶりのGEKIIKE本公演となる本作は、演出を樋口夢祈、脚本を木村純子のおなじみのタッグで、衣裳をヨシダミホ、ヘアメイクを西村裕司が手掛け、GEKIIKE流月光仮面を届ける。

また、主演である正義の味方 月光仮面 役には鷲尾修斗が、W主演となる月光仮面のライバル、舞台オリジナルキャラクター 新月仮面には伊阪達也が決定。

今までオリジナル作品の上演を行ってきたGEKIIKEが、月光仮面という作品を舞台化することになった経緯を、演出の樋口は「水面下で月光仮面舞台化の企画が進んでおり、その担当の方がさまざまな劇団や公演を観に行かれ、その中の一つとしてGEKIIKE本公演第9回『漆黒ノ戰花(しっこくのいくさばな)』を観劇してくれました。観劇後、ぜひGEKIIKEにお願いしたいとお話しをいただきました」と語る。

公演は2019年7月25日(木)~8月12日(祝・月)、会場は新宿村LIVE。チケット情報は近日発表予定だ。

【キャスト・スタッフ】


月光仮面 役:鷲尾修斗
<主な出演作品>
・ミュージカル「Code:Realize~創世の姫君~」
・超体感ステージ「キャプテン翼」
・2.5次元ダンスライブ「ツキウタ。」
 

新月仮面 役:伊阪達也
<主な出演作品>
・斬劇 戦国BASARA 蒼紅乱世『蒼』THE PRIDE
・舞台「十二大戦」
・舞台「刀剣乱舞」ジョ伝 三つら星刀語り

演出・出演:樋口夢祈
俳優としての代表作に舞台『ローズガンズデイズ』アルフレッド赤城役、舞台『銀河英雄伝説 自由惑星同盟篇』アンドリュー・フォーク役、ドラマ『戦国BASARA MOONLIGHT PARTY』明智光秀役、映画『ガチバンスプレマシー1・2』などがある。
演出家としては2010年より商業演劇の演出を手がけ始め、自らの経験や知識を活かし、エンタテインメント性を重視した華やかな作品から、役者の芝居力を引き出したコアな作品まで、幅広くその作品のテーマに沿った演出をする。近年、演出家としてもファンを増やしており、2019年1月舞台『忍び恋うつつ』で初の2.5次元作品の演出を手がけるほか、2019年4月には、本格サスペンスが話題となった乙女ゲーム『Collar×Malice』舞台化の演出も決まっている。これからの活躍が期待されている。

作品情報

GEKIIKE本公演第10回「月光仮面(仮題)」
2019年7月25日(木)~8月12日(月・祝)
新宿村LIVE 

【STORY】
時は大正時代、華やかりし帝都ではあったが、煌びやかな光の裏には必ず暗い影もある。
様々な悪事を働く者たちに人々の生活は脅かされていた。
力なき人々のため、疾風のように現れ悪者を退治し疾風のように去っていく謎の人物があった。その名を月光仮面。決して悪人を殺さず改心させるその姿に人々は喝さいを送っていた。
しかし、悪人に対し甘いと考える者がいた。人々を明るく照らす月光仮面に対し、その黒い姿と思想から人々は深い闇をたたえる新月に倣い、新月仮面と呼んだ。
二つの正義が行きつく先は・・・?


「月光仮面(仮題)」オフィシャルサイト
https://www.gekiike.com/
「月光仮面(仮題)」オフィシャルTwitter(@gekiike)
@gekiike