桂 文枝&ユースケ・サンタマリア、井浦 新主演ドラマ『BRIDGE』出演決定! 熱き技術者を演じる

桂 文枝&ユースケ・サンタマリア、井浦 新主演ドラマ『BRIDGE』出演決定! 熱き技術者を演じる

2019115日(火)よる9時からカンテレ・フジテレビ系全国ネットで放送される、ドラマ『カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』に、桂 文枝とユースケ・サンタマリアが出演することが発表された。

阪神・淡路大震災後、六甲道駅をわずか74日間で復旧させた実話を基にドラマ化した本作。線路ごと崩落したJR六甲道駅高架橋を“ジャッキアップ”という奇抜な工法を使い、わずか74日間で復旧させた建設会社、磐巻組(いわまきぐみ)の工事所長・高倉 昭を主演の井浦 新が演じる。

桂 文枝が演じるのは、阪神・淡路大震災の19年前にJR六甲道駅を作った江戸川正央。現役時代は後輩の高倉を殴りつけることもあった厳しい男だったが、その仕事は丁寧かつ確実で、六甲道駅高架橋も頑強に作られていたが、震災によって変わり果てた駅を前に、現役の高倉から復旧工事について相談された江戸川は、背を向けて去ってしまう…。

一方、ユースケ・サンタマリアが演じるのは、宮城県沖地震で被害を受けた東北新幹線の高架をジャッキアップで修復した実績を持つJR東日本の技術者・玄能美能留。鉄道工事技術界の最高峰に位置する人物でありながらも、物静かな中に技術者としての信念とプライドがあり、その点で高倉と通じ合うものがあるという役どころだ。

“自分が作り上げたものは大丈夫、と信じたい”という、技術者たちの思い、さらにはあらゆる災害の裏側を不眠不休で戦い、“今度こそは”と命がけで復旧に従事する人々が必ずいる。当たり前のようで、特別なことを忘れがちな現代人に向け、豪華キャストでお贈りするヒューマンドラマ『BRIDGE』。震災復興を描く中で登場する人間味あふれるキャラクターから目が離せない。

【桂 文枝 コメント】
Q.実際のお話が元になったドラマですが、このお話が来た時の感想を教えてください。
あの日のことは風化させてはいけない。と、常日頃から思っていました。その後各地で大地震を始め大災害があって、ともすれば忘れられがちですので、今一度あの時のことを、思い出していただくためにも、良い企画、良いドラマだと思いました。
関西テレビでは『パンチDEデート』をはじめ『三枝の爆笑美女対談』、『三枝の愛ラブ!爆笑クリニック』、『モーニングアップル』など数々のテレビ番組でお世話になりました。また声をかけて頂いて大変嬉しく思っております。

Q.文枝さんは井浦さん演じる磐巻組・高倉の先輩技術者で、阪神・淡路大震災が起きる19年前に六甲道駅を作った江戸川役を演じられますが、役づくりをされた事や演じるときに意識された点は?
私は芸人しか経験がなく、建設現場の状況は想像つきませんが、自分の創った落語が人の手に渡り、演じられる時の複雑な気持ちと通じるところがあり、また、同じ年の役を演じるというところで、あまり気負うことのないよう、肩に力が入らないように、役になりきりやらせていただきました。

Q.主演の井浦さんの印象や共演の感想を教えてください。
男らしく、また、繊細で、いかにも工事現場の所長という風情を出されていて「さすが、役者さんは違うなぁ」と感心いたしておりました。大河ドラマの時からファンでしたので、ご一緒出来てとてもうれしかったです。

【ユースケ・サンタマリア コメント】
Q.「阪神・淡路大震災で崩壊した六甲道駅の復旧」という実話を元にしたドラマで、JR東日本の技術者・玄能という役を演じられた心境をお聞かせください。
いつものように現場に入りたいし、入ったようなところもあるけど、どっかで構えますよね。実際にあったことだし、(震災のことを)知らない人だって、いっぱいいるので、やっぱりちゃんと伝えないといけない。今までも世界で、今年も日本で、大変な災害が起こってきたでしょ? でも、その裏では、ものすごい数の人が、大変な作業をして道や建物を直している。ただの補強ではなくて「今度そんなことがあっても絶対崩れないよう」にと思いながらも、急いでやんなきゃいけない。改めてそういうことをしている人たちが、災害が起こる度にいるんだなと思いましたね。見えないから、そのことを知らない人もいっぱいいるし、そういう人に対するリスペクトを持たなくてはいかんなと思いましたね。このドラマの訴えたいところの一つだと思います。やっぱり災害が起こる前に、元(の建物)を作った人がいるわけじゃないですか? そういう方からしたら俺たちのせいじゃないのか? もっと頑丈に作っておけば…とか、いろんな思いに襲われると思うんですよね。でも、そこで悩んでいるだけだと埒(らち)が明かないから、前を向いて毎日不眠不休でやるわけでしょ? そういう人たちの話だから、ちゃんとやらなきゃいかん…って思いました。玄能という役は大事な役でシーンが多くない分、いつも以上の、目に見えない何かを出したいと思ってやりました。常に自分の雰囲気みたいなものが物語のどっかにあるような、そういうことができたらなと思って演じました。

Q.主演の井浦さんの印象は?
新くんとは一度ご一緒したことあるけど、がっつりと芝居はしていないんですね。今回、彼とは無言でお互いが第一印象から認めて、仕事人としてお互いにシンパシーを感じながら、セリフではなく雰囲気だけでやり取りするのが面白かったんです。彼は若松孝二監督の現場とか、いろんなすごい現場も経験しているでしょ。そういう修羅場をくぐっている人って雰囲気が違うんですよ。俳優だけじゃなくて、モデル・ファッション・美術とかいろいろなものに精通しているのに、役者としても一級品という、だから彼のやっていることが好きなんだよね。

Q.改めてユースケさんが感じられた『BRIDGE』の見どころをお願いします。
一番は実話ってこと。本当の話で、実際あったことをエンターテイメントとして成立させているとこですよね。作った人も忸怩たる思いがあると思うのです。俺らが一生懸命作ったものが壊れてしまう。それによって被害が大きくなってしまったみたいな、そういうことがあるのかなと思ってしまいましたね。家とかビルとかもですけど、手抜き工事をしたら大変なことになるじゃないですか。だからそういう工事現場にいる人は、すごいものを背負ってやってるんだなって。

【STORY】
1995年冬・神戸。阪神・淡路大震災は、数多くの命を奪い、人々の生活を容赦なく破壊。電気・ガス・水道、そして鉄道。インフラは寸断され、神戸は陸の孤島となった。中でも被害の大きかったJR六甲道駅は、線路ごと崩落し物資も届かない状態に。そこに現れた一人の男・高倉昭。六甲道駅の復旧を担う建設会社・磐巻組の工事所長だ。通常2~3年かけて復旧させる規模の工事を、JRからの指示のもと、工期を大幅に短縮できる工法で復旧工事を進めることを決意。そんな高倉と、ふと出会った一人の少年、春日豊。六甲道で生まれ育ち、ビデオカメラをぶら下げている春日を、高倉は工事の記録係に任命する。春日はある秘密を抱えていた。彼がいつも手にしているビデオカメラに記録されている幼い少女の姿。彼にとって大きな意味を持つ、その秘密とは…。
そして、2018年秋。神戸で阪神・淡路大震災の慰霊碑にスプレーで落書きをした少年の前に謎めいた男が現れる。23年後の春日だ。人を煙に巻くような態度で正体を明かさないまま、春日が少年に語ったのは、1995年の冬に見た、六甲道での物語だった−−−。
嘆きや悲しみを抱えながらも、助け合い、ぞれぞれの困難に力強く向き合う人間たちの姿が、時を超え、今を生き抜く勇気を我々に与えていく…!

番組情報

『カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』
放送日:2019年1月15日(火)21:00〜23:18
放送局:カンテレ・フジテレビ系 全国ネット

出演
高倉 昭(磐巻組・六甲道駅工事所長):井浦 新
春日 豊(六甲道生まれ・神戸の少年):野村周平
服部瞳(六甲道生まれ・大阪のホテル職員):葵 わかな
鶴義太郎(磐巻組・計画担当者):松尾 諭
花祭俊貴(磐巻組・六甲道駅工事副所長):波岡一喜
御手洗靖(磐巻組・安全管理担当):浅香航大
國代寛治(磐巻組現場主任・長田の被災者):佐藤隆太
佐伯 有(瞳の幼馴染):佐野 岳
春日 豊(2018年・六甲道工事の語り部):椎名桔平
江戸川正央 (六甲道駅を作った磐巻組OB):桂 文枝
玄能美能留 (JR東日本の技術者):ユースケ・サンタマリア

演出:白木啓一郎(カンテレ)
脚本:一色伸幸
音楽:イケガミキヨシ
特別協力:奥村組
コンテンツパートナー:U-NEXT (配信)
プロデュース:米田 孝・萩原 崇・杉浦史明(カンテレ)・日枝広道(電通)・高丸雅隆・水野綾子(共同テレビ)
制作プロダクション:共同テレビ
企画・制作協力:電通
制作著作:カンテレ