バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI、ドラマ『ワカコ酒 Season4』に最高ハッピーな“ひとり酒ソング”を書き下ろし!

バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI、ドラマ『ワカコ酒 Season4』に最高ハッピーな“ひとり酒ソング”を書き下ろし!

BSテレ東にて2019年1月7日(月)深夜0時にスタートする、人気グルメドラマシリーズ『ワカコ酒 Season4』の主題歌を、バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI が担当することが決定した。

原作は累計200万部(紙・電子合計/既刊11巻)を超える人気コミック『ワカコ酒』。武田梨奈主演、「ぷしゅー」の決めセリフと共に女ひとり酒を堪能する人気グルメドラマシリーズだ。ワカコの行きつけのお店「逢楽」の大将(野添義弘)や店員青柳(鎌苅健太)をはじめ、おなじみのメンバーも登場する。

主題歌を担当するバンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHIは、アイドル界のミクストメディアを掲げるグループ。楽曲タイトルは「さけっぱらだい酒(しゅ)☆」で、本作のために特別に書き下ろした最高にハッピーな“ひとり酒ソング”だ。ドラマのテーマである「お酒と共に訪れるちょっとした幸せな時間」をイメージし、バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI らしさをめいっぱい詰め込んだ楽曲になっている。

【バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI コメント】
原作の漫画の方も楽しく読ませていだいているので、お話をもらったときは一人で乾杯しました!笑
お酒を飲んだときの3cmくらい浮ついた気持ちで歌詞も書かせてもらったので、ドラマと合わせて聴いていただいたとき思わずみんながお酒を飲みたくなってくれたらうれしいです。このお酒にこの肴! というワカコおすすめの組み合わせも歌詞に盛り込んであるので、ぜひフルでも聴いて一人酒をより楽しんでほしい! あと、お酒が進みそうなコールのようなパートも実際にメンバーが好きなお酒と合わせて盛り込んだので、一人じゃないお酒の席でも思い出しちゃうようなわいわい楽しめる曲になっていると思います。大人がちょっと子供に返れるアイテムがお酒だと思っているので、一緒に「ぷしゅ〜」して人生もっと遊びましょ!
バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI 鈴姫みさこ

リリース情報

バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI
「さけっぱらだい酒☆」
2019年1月8日(火)配信リリース
作詞:みさこ
作曲・編曲:村カワ基成

番組情報

『ワカコ酒 Season4』
放送日時:2019年1月7日(月)スタート 毎週月曜 深夜0時

1月7日(月)第1夜「マグロの解体ショー」
1月14日(月)第2夜「ラーメン屋でサク飲み」
1月21日(月)第3夜「厚切りハムカツの味」
1月28日(月)第4夜「商店街で飲み歩き」
2月4日(月)第5夜 「浴衣で一杯 夏の味覚」
2月11日(月)第6夜 「ビアガーデンで乾杯」
ほか

放送局:BSテレ東 BS⑦ch(全国無料放送)
BSテレ東4K 4K⑦ch(全国無料放送)
原作:新久千映「ワカコ酒」(月刊コミックゼノン/ノース・スターズ・ピクチャーズ刊)
主演:武田梨奈
脚本:阿相クミコ、女里山桃花
監督:久万真路、湯浅弘章、岩淵崇、片桐健滋
プロデューサー:小林教子(BSテレ東)湊谷恭史(ザフール)、石井光雄(エムロックス)
制作:BSテレ東/ザフール
製作・著作: Ⓒ2019「ワカコ酒4」製作委員会
オフィシャルサイト
http://www.bs-tvtokyo.co.jp/wakako_zake/
オフィシャルTwitter:@wakakozake_tv
©2019「ワカコ酒4」製作委員会

【1月7日(月)第1夜「マグロの解体ショー」STORY】
新人・伊藤くん(長谷川慎也)の成長や、みぃさん(山田キヌヲ)のおめでた、会社でいいことがあって気分のいいワカコ(武田)は、マグロの解体ショーの貼り紙を見つけて吸い寄せられる。冷たい生ビールを飲みながら高まるワクワク感。マグロが運ばれてきて解体ショーが始まる。職人の鮮やかな手さばきで、魚だったマグロが食材へと変わっていく。さばきたてのお刺身に合わせるのは、ほかほかの燗酒。

【STORY】
今日もしあわせひとり酒-
村崎ワカコは酒と料理が何より大好きな26歳。偶然見つけた店でも、勇気を出して一歩足を踏み入れる呑兵衛女子である。ワカコは職場での出来事に想いを巡らせたり、他のお客さんたちの会話に耳を傾けたりしながら、酒場での独り呑みの楽しみを満喫している。時にはこれと決めた料理と酒に舌鼓をうち、時にはまったりと旬の料理とお酒を嗜み―そんなワカコの酒との付き合いを優しく見守る友人や会社の同僚、行きつけの店「逢楽」の大将ら、周りの人々。酒と料理がぴったりと合わさった刹那、全身が高揚感に包まれた彼女の口からは、思わず「ぷしゅー」と吐息が漏れる。ワカコ、至福の瞬間である。

『ワカコ酒』原作