岩田剛典、映画単独初主演作『去年の冬、きみと別れ』で「日刊スポーツ映画大賞 石原裕次郎新人賞」を受賞!

岩田剛典、映画単独初主演作『去年の冬、きみと別れ』で「日刊スポーツ映画大賞 石原裕次郎新人賞」を受賞!

本日12月4日(火)に発表された、「第31回日刊スポーツ映画大賞」において、映画『去年の冬、きみと別れ』で主演を演じた岩田剛典が「石原裕次郎新人賞」を受賞した。
※該当作品:『去年の冬、きみと別れ』ほか 『パーフェクトワールド 君といる奇跡』、『Vision』

岩田剛典と斎藤工が語る「去年の冬、きみと別れ」の撮影現場。 そこにいた誰もが“共犯関係”だった!

岩田剛典と斎藤工が語る「去年の冬、きみと別れ」の撮影現場。 そこにいた誰もが“共犯関係”だった!

2018.03.10


表裏一体にある愛と狂気の物語を生きた2人。岩田剛典と山本美月が「去年の冬、きみと別れ」のテーマを語る

表裏一体にある愛と狂気の物語を生きた2人。岩田剛典と山本美月が「去年の冬、きみと別れ」のテーマを語る

2018.03.13


「常に今の自分よりベストを更新したい」。岩田剛典が映画『パーフェクトワールド』で車イス生活を送る青年を通して感じたこととは?

「常に今の自分よりベストを更新したい」。岩田剛典が映画『パーフェクトワールド』で車イス生活を送る青年を通して感じたこととは?

2018.10.02


「石原裕次郎新人賞」は、故石原裕次郎をほうふつとさせる将来性豊かな映画デビュー5年以内の新人が対象。31回目の今回で15人目の選出となった。

本作は、“映像化不可能”とも言われ続けてきた中村文則のベストセラー小説を映画化した、予測不能のサスペンス・エンターテイメント。EXILE、三代目J Soul Brothersのメンバーとして絶大な人気を誇る岩田が映画単独初主演を務め、従来のイメージを覆す難解な役どころを演じ、その演技が高く評価された。

なお、授賞式は12月28日(金)に都内にて行われる予定だ。

【『去年の冬、君と別れ』 これまでの主な受賞・ノミネート】
・第43回報知映画賞4部門ノミネート
「作品賞」、「監督賞(瀧本智行)」「主演男優賞(岩田剛典)」「助演男優賞(斎藤 工、北村一輝)」
・第31回日刊スポーツ映画大賞 石原裕次郎新人賞(岩田剛典)

【STORY】
最愛の女性との結婚を控える記者=耶雲(岩田剛典)が狙う大物は、一年前、世間を騒がせた猟奇殺人事件の容疑者=天才カメラマンの木原坂(斎藤 工)。真相に近付く耶雲だったが、木原坂の危険な罠は婚約者=百合子(山本美月)にまで及んでしまう。愛する人をこの手に取り戻すため、木原坂の罠にハマっていく耶雲の運命は――?

リリース情報

『去年の冬、きみと別れ』
Blu-ray&DVD発売中/デジタル配信中

【初回仕様】Blu-ray プレミアム・エディション(2枚組)6,990円+税
【初回仕様】DVD プレミアム・エディション(2枚組)5,990円+税
【初回仕様】Blu-ray 4,990円+税
【初回仕様】DVD 3,990円+税

【映像特典:収録内容】
<プレミアム・エディション>
・撮り下ろし!今だから語れる、岩田剛典<公開後>単独インタビュー
・メイキング・オブ『冬きみ』~撮影日誌~
・未公開映像集
・イベント映像集
完成披露試写会舞台挨拶
公開直前!岩田剛典誕生日サプライズイベント:舞台挨拶&舞台裏映像も!
初日舞台挨拶<マスコミ取材回>
・本編をご覧になった皆様へ
~ジャパンプレミア上映後:岩田剛典舞台挨拶~
・劇場予告編/TVスポット集

【封入特典】
<プレミアム・エディション>
・ブックレット(プレス縮刷版/24ページ)
・特製大判ポストカードセット(3枚組)
・木原坂雄大フォトカード
・蝶ステッカー

<通常版>
・蝶ステッカー

【キャスト】
耶雲恭介:岩田剛典
松田百合子:山本美月
木原坂雄大:斎藤 工
木原坂朱里:浅見れいな
吉岡亜希子:土村 芳
小林良樹:北村一輝

【スタッフ】
監督:瀧本智行
脚本:大石哲也
音楽:上野耕路
原作:中村文則『去年の冬、きみと別れ』(幻冬舎文庫)
主題歌:m-flo「never」(rhythm zone / LDH MUSIC)

発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
©2018 映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/fuyu-kimi/

『去年の冬、きみと別れ』原作