吉田 羊、葉山奨之ら出演決定! 井浦 新主演ドラマ『BRIDGE』全豪華キャストが明らかに!

吉田 羊、葉山奨之ら出演決定! 井浦 新主演ドラマ『BRIDGE』全豪華キャストが明らかに!

2019115日(火)よる9時からカンテレ・フジテレビ系全国ネットで放送される、ドラマ『カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』に、 吉田 羊が出演することが決定した。

阪神・淡路大震災後、六甲道駅をわずか74日間で復旧させた実話を基にドラマ化した本作。線路ごと崩落したJR六甲道駅高架橋を“ジャッキアップ”という奇抜な工法を使い、わずか74日間で復旧させた建設会社、磐巻組(いわまきぐみ)の工事所長・高倉 昭を主演の井浦 新が演じる。

吉田が演じるのは、そんな高倉を支える妻で、大阪で中学3年生の娘と夫と、3人で暮らす関西出身の主婦。神戸に比べて大阪は、阪神・淡路大震災で大きな被害を受けずに済んだものの、夫が危険を伴う工事に携わっていることを案じて、内心は心配で仕方ない。しかし、それは決して表には出さず、困難に立ち向かう夫を、ただ静かに力強く支えるという役どころ。初共演ながら井浦と吉田とでしっかりと作った高倉夫妻。過酷な工事現場で戦う夫の背中を、祈るように見つめる吉田演じる妻・奈々の姿にも注目したい。

また、そのほかの豪華キャストも追加発表された。ドラマが始まる2018年の秋、神戸にある阪神・淡路大震災慰霊碑に落書きをした少年・佐渡島克也役に葉山奨之が決定。高倉から工事の記録係として任命され、ビデオカメラを回し続けた春日豊を現代で演じる椎名桔平とともに、物語のメッセージを今に届ける重要な役どころを演じる。

また、被災した神戸で一発当てようと、もくろむ演歌歌手・観音崎発光に片瀬那奈、六甲道駅前で営んでいた店が倒壊し、途方に暮れる焼き鳥屋「鳥和」の店主・但馬 源役に小市慢太郎、同じく駅前に店を構えるスナック「六甲小町」のママ・あだばな役に濱田マリ、新聞販売店の2代目・小比類巻葵役には中村靖日、そして駅の倒壊で徒歩通勤を余儀なくされる中で、瞳(葵 わかな)と出会う銀行員・竹田里津役に阿部純子、高倉昭と奈々の娘・高倉もも役には井頭愛海が決定した。

【吉田 羊コメント】
Q.実話を元にしたお話ですが、オファーが来たときはどう思いましたか?
こんな実話があったんだと驚きました。震災当時、私は実家で父と、神戸の様子をテレビでぼう然と見ていた記憶があります。ネガティブなニュースばかりで、希望のある景色を見ることが出来なかったし、日本全国が絶望と悲しみに暮れていた印象でした。でもこの実話を知って、一見絶望的に思えるような状況で、不可能と言われたことを可能にした人がいた、ということは同じ日本人として誇りに思いました。また、出て来る登場人物には、自身も被災者でありながら、被災地の復興に第一線で参加していく人も描かれていて、力強さ、日本人の底力を感じています。

Q.吉田さんは、復興に携わった高倉の妻役ですが、演じるにあたって意識されたことはありますか?
台本を読ませて頂いた時に感じたのは、すごくカラッとしていて、悪く言えば、旦那さんにあまり興味が無い。でも良く言えば、お互いに自立した夫婦関係で、あの人はあの人で仕事をしているし、みたいな印象を受けました。でも彼女も大阪で、神戸の惨状を見たのならば、もっと旦那さんに寄り添える人でいたいなと思いまして、それは井浦さんにもご相談をさせて頂いて、より想いあえる夫婦関係になるよう、作らせて頂きました。

Q.主演の井浦さんの印象や共演の感想を教えてください。
男らしく、また、繊細で、いかにも工事現場の所長という風情を出されていて「さすが、役者さんは違うなぁ」と感心いたしておりました。大河ドラマの時からファンでしたので、ご一緒出来てとてもうれしかったです。

Q.初共演の井浦 新さんの印象やエピソードを教えてください。
新さんは生々しく、揺らぎのあるお芝居が魅力的な俳優さんだと思っていて、そういう新さんから現場で頂く感情はたくさんありました。私が提案することを、一蹴せずきちんと受け止めてくださって、新さんの中には無かった設定もとりあえずやってみて、その先に広がるお芝居の可能性を面白がって下さり、懐の深さを感じてとても素敵な方だなと思いました。
私が洗濯物を届けに行くシーンでは、セリフの掛け合いが上手くいかなくて「私はこのセリフの時にはこういう気持ちです」って説明させて頂いたんです。そしたら、新さんとの解釈がズレていて“僕はこのつもりでやっていました、でも羊さんが今おっしゃっていた方が、ここの夫婦の関係性は見えると思います。僕はこのシーンでやろうとしていたことは、他のシーンですでに表現出来ているので、このシーンでは、この夫婦関係を見せるようなシーンにしましょう”という風に受け止めて下さったんです。結果的に、狙い通りの雰囲気になりましたし、私もそれを受けた新さんのお芝居からまた新しい感情を頂いて、とても嬉しいなと思いました。

Q.思い出に残るシーンはありますか?
洗濯物を届けにいったシーンでは、新さんの後ろにグリーンバックが張ってあって、オンエアではCGでペシャンコになった高架が映っているのですが、それを想像した時に、絶望的な気持ちと同時に本当に復興して欲しいって心から思えて、思いがけず、グッときてしまったんです。阪神・淡路大震災以降、数々の災害が起きていますけど、私は直後の現場に足を運んだことが無かったので、どれだけリアルに役を捉えられるか不安でしたが、あのシーンではその様子が想像できて、その時に“あぁ、この事柄に関わった人たちの思い、魂がきっとこのドラマを手助けしているんだな”と思って、多くの方に見て頂きたいと思いました。

Q.番組の見どころをお願いします。
自然災害は、一瞬で日常や命を奪い、人間の心をくじけさせますが、「失う」ということから気付かされること、絶望からも人間はリカバリー出来るということ、そんなポジティブなメッセージを感じていただけるドラマです。当時の人々が互いに思い合い、支え合い、復興を信じて形にしたこの奇跡を、ぜひ見届けてください。そしてこのドラマをキッカケに、今一度、震災復興について考えていただけたら嬉しいです。

【STORY】
1995年冬・神戸。阪神・淡路大震災は、数多くの命を奪い、人々の生活を容赦なく破壊。電気・ガス・水道、そして鉄道。インフラは寸断され、神戸は陸の孤島となった。中でも被害の大きかったJR六甲道駅は、線路ごと崩落し物資も届かない状態に。そこに現れた一人の男・高倉昭。六甲道駅の復旧を担う建設会社・磐巻組の工事所長だ。通常2~3年かけて復旧させる規模の工事を、JRからの指示のもと、工期を大幅に短縮できる工法で復旧工事を進めることを決意。そんな高倉と、ふと出会った一人の少年、春日豊。六甲道で生まれ育ち、ビデオカメラをぶら下げている春日を、高倉は工事の記録係に任命する。春日はある秘密を抱えていた。彼がいつも手にしているビデオカメラに記録されている幼い少女の姿。彼にとって大きな意味を持つ、その秘密とは…。
そして、2018年秋。神戸で阪神・淡路大震災の慰霊碑にスプレーで落書きをした少年の前に謎めいた男が現れる。23年後の春日だ。人を煙に巻くような態度で正体を明かさないまま、春日が少年に語ったのは、1995年の冬に見た、六甲道での物語だった−−−。
嘆きや悲しみを抱えながらも、助け合い、ぞれぞれの困難に力強く向き合う人間たちの姿が、時を超え、今を生き抜く勇気を我々に与えていく…!

番組情報

『カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』
放送日:2019年1月15日(火)21:00〜23:18
放送局:カンテレ・フジテレビ系 全国ネット

出演
高倉 昭(磐巻組・六甲道駅工事所長):井浦 新

春日 豊(六甲道生まれ・神戸の少年):野村周平
服部瞳(六甲道生まれ・大阪のホテル職員):葵 わかな
佐渡島克也(2018年の神戸の少年):葉山奨之
鶴義太郎(磐巻組・計画担当者):松尾 諭
花祭俊貴(磐巻組・六甲道駅工事副所長):波岡一喜
御手洗靖(磐巻組・安全管理担当):浅香航大

國代寛治(磐巻組現場主任・長田の被災者):佐藤隆太
江戸川正央(六甲道駅を作った磐巻組OB):桂 文枝

観音崎発光(一儲けを狙う演歌歌手):片瀬那奈
あだばな(スナック「六甲小町」ママ):濱田マリ
但馬源(焼き鳥屋「鳥和」店主):小市慢太郎
小比類巻葵(新聞販売店の二代目):中村靖日
佐伯 有(瞳の幼馴染):佐野 岳
竹田里津(芦屋に通う銀行員):阿部純子

高倉奈々(高倉昭の妻):吉田 羊
玄能美能留 (JR東日本の技術者):ユースケ・サンタマリア
春日 豊(2018年・六甲道工事の語り部):椎名桔平

演出:白木啓一郎(カンテレ)
脚本:一色伸幸
音楽:イケガミキヨシ
特別協力:奥村組
コンテンツパートナー:U-NEXT (配信)
プロデュース:米田 孝・萩原 崇・杉浦史明(カンテレ)・日枝広道(電通)・高丸雅隆・水野綾子(共同テレビ)
制作プロダクション:共同テレビ
企画・制作協力:電通
制作著作:カンテレ