3世代の家族の愛と葛藤を描く。加藤雅也、石橋静河、町田啓太ら出演映画『二階堂家物語』新予告&新場面写真解禁

3世代の家族の愛と葛藤を描く。加藤雅也、石橋静河、町田啓太ら出演映画『二階堂家物語』新予告&新場面写真解禁

2019年1月25 日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国順次公開される映画『二階堂家物語』の新予告編が解禁。併せて、場面写真も新たに公開された。

初の長編作『NAHID(ナヒード)』で2015年「カンヌ国際映画祭 ある視点部門・期待すべき新人賞」を受賞、「なら国際映画祭2016」にて最高賞である「ゴールデンSHIKA賞」を受賞し、注目を浴びたイランの若手監督アイダ・パナハンデを迎え制作された本作は、奈良県天理市を舞台に、名家の存続を願いながらも、跡継ぎ問題に悩む3世代の家族の愛と葛藤を描いた物語。

二階堂家の伝統と威厳を保ち名家の存続を守ろうとする二階堂辰也を演じるのは、デビュー30周年を迎える名優・加藤雅也。自らの恋と跡継ぎ問題の間で揺れ動く辰也の娘・由子は、『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』で「第60回ブルーリボン賞新人賞」などを受賞し、今最も期待される若手女優・石橋静河。由子へ密かに想いを寄せる幼馴染の多田洋輔を演じるのは、大河ドラマ『西郷どん』や『中学聖日記』に出演し話題を呼んでいる町田啓太。辰也の母で跡継ぎ問題に気を揉むハルを白川和子など、日本を代表するキャストが集結し、素直になれない人々の想いが絡み合う人間関係をリアルに表現している。

この度解禁されたのは、互いに想い合う家族とその家族を取り巻く人々の切なくも心揺さぶる最新の予告編映像。ある日、由子(石橋)が恋人のパトリックを実家に連れてくる。まだ見ぬ由子の恋人に跡取りになってもらえればと淡い期待を抱いていた辰也(加藤)とハル(白川)は、在日の外国人であるということが判り言葉が出ない状況に陥ってしまう。二階堂の家名に囚われず、自由に、自分の選んだ道を進んでほしいと、娘を第一に考える父・辰也は、「二階堂の問題は俺の問題だ」と決心したかのように力強く由子に断言。辰也は、二階堂家に生まれ直面しているこの運命をどう受け入れ生きるのか。



【俵 万智(歌人)コメント】
「家」の存続という問題ゆえに、対立し反発しあう父・辰也と娘・由子。辰也の母親ハルへの思いは、息子や孫としての愛情を前提としつつも複雑だ。そこに父娘それぞれの恋愛模様が絡まって、物語は進行する。ハルの影が薄くなるにつれて、辰也と由子にとって家の問題が色濃くなってくるところが、まことにリアル。家をはさんで反対側に立っていた父娘が、いつのまにか同じ側にいる。そのことに気づいた時から、二人はむしろ同志なのだ。押しつけあっていた「家」を、逆に引き受けようとする心の変化。その流れがみごとに描かれていて、なにゆえの変化なのかに思いが至る時、深い感動を覚えずにはいられない。イランの監督が、これほどまで深く日本の「家」問題に入りこめたことに驚くが、入りこんだ先に普遍的な景色が見えたからこそ、生まれた映画なのだと思う。

【INTRODUCTION】
一人息子を亡くし、代々続く家系が途絶える危機に頭を痛めている辰也とその母ハル。息子を失い妻が出て行ってしまった辰也に対し望まぬ相手との結婚を迫るハル。そして娘の由子に婿養子をとり、跡を継いでほしいという思いを秘める辰也。名家の跡継ぎを巡り家族の中が緊迫し、繋がりが崩れだしていくが…。

作品情報

『二階堂家物語』
2019年1月25日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国順次公開

監督:アイダ・パナハンデ(イラン)
脚本:アイダ・パナハンデ アーサラン・アミリ
エグゼクティブ・プロデューサー:河瀨直美
出演:加藤雅也 石橋静河 町田啓太 田中要次 白川和子 陽月 華 伊勢佳世 ネルソン・バビンコイ
配給:HIGH BROW CINEMA

© 2018 “二階堂家物語” LDH JAPAN, Emperor Film Production Company Limited, Nara International Film Festival