中島美嘉、台湾にて一夜限りのスペシャルライブ! 中国語と日本語を交えての挨拶も

中島美嘉、台湾にて一夜限りのスペシャルライブ! 中国語と日本語を交えての挨拶も

中島美嘉が、12月8日、台湾ワンマンライブ『MIKA NAKASHIMA SPECIAL LIVE IN TAIPEI 2018』を開催した。

2016年以来2年ぶりとなった今回の公演は、日本のトップアーティストも足を踏む台北国際会議センター(TICC)にて3度目の開催。台湾のみならず今回もアジア各国から多くのファンが訪れた。

開演前からステージに熱い視線が向けられる中、台湾公演のために制作されたスペシャル映像が映し出され、ライブはスタート。

黒とゴールドのクールなジャンプスーツ姿で中島が登場すると同時に大歓声が沸き起こり、中島は「Fighter」「PASSION」など力強いアップナンバーで一気に会場を温めた。

マイナーチェンジした衣装に着替えた中島は「ダージャーハオ ウォーシー ジョンタオメイジャ(こんにちは 中島美嘉です)今日は楽しんでいきたいと思います。なので皆さんも最後まで楽しんでください」と中国語と日本語を交えて挨拶をし、「ORION」「桜色舞うころ」「FIND THE WAY」などヒットバラードを惜しげもなく次々に披露。観客を喜ばせた。

 

その後バラードコーナーを経て、中島が“チアガール”姿で登場。再び大歓声と拍手が会場に響き渡った。中島は少し照れた様子を見せながら「Over Load」「CANDY GIRL」「LIFE」など豪華メドレーを披露し、前半を締めくくった。

矢継ぎ早に展開して行くステージから一瞬も目が離せないまま、中島の真骨頂ともいえるアコースティックコーナーへ。

「世界が終わるなら」、amazarashiのカバー曲「ひろ」など全身全霊で熱唱する姿が観客の琴線に触れ、涙するファンも。

あっという間に後半戦へ突入すると、ベルベットの赤い衣装に身を包み、「GLAMOROUS SKY」「一色」を歌唱。「Love Addict」「GAME」「ALL HANDS TOGETHER」などロックナンバーからジャズまで色とりどりのサウンドで、会場を熱狂の渦に巻き込んだ。

再び衣装を白のロングドレスに着替えた中島。台湾でも人気の高い「僕が死のうと思ったのは」では中国語で歌詞を投影し、圧巻の表現力で魅せるステージパフォーマンスで本編のラストを飾った。

そしてアンコールでは、台湾でも不動の人気を誇る冬の名曲「雪の華」で登場。イントロから会場が歓声に包まれる中、感謝の気持ちを込め、「雪の華」、新曲「彩恋~SAI_REN~」「JOY」を届け、台湾でのワンマンライブを締めくくった。

“目と耳で楽しむ”をテーマに、中島美嘉の世界をたっぷり堪能できたこの日のライブ。楽曲と衣装の“豪華七変化”と数々のヒット曲(全24曲)で最後まで楽しませた約2時間の貴重なステージとなった。

『MIKA NAKASHIMA SPECIAL LIVE IN TAIPEI 2018』
12月8日 台湾・台北国際会議センター(TICC)
<セットリスト>
01. Figthter
02. LOVE IS ECSTASY
03. PASSION
04. ORION
05. 一番綺麗な私を
06. 桜色舞うころ
07. FIND THE WAY
08. メドレー(Over Lover Load~CANDY GIRL~LIFE~TRUST YOUR VOICE)
09. RESISTANCE
10. 明日世界が終わるなら
11. ひろ
12. GLAMOROUS SKY
13. 一色
14. メドレー(Love Addict~GAME~BLACK&BLUE~ALL HANDS TOGETHER)
15. 僕が死のうと思ったのは
[ENCORE]
16. 雪の華
17. 彩恋~SAI_REN~
18. JOY

リリース情報

2018.11.22 ON SALE
DIGITAL SINGLE「彩恋~SAI_REN~」


2019.01.30 ON SALE
ALBUM『雪の華15周年記念ベスト盤 BIBLE』


中島美嘉 オフィシャルサイト
http://www.mikanakashima.com/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC