北村匠海「僕、“どんくさい”んです」。 映画『春待つ僕ら』での役作りの苦労を告白

北村匠海「僕、“どんくさい”んです」。 映画『春待つ僕ら』での役作りの苦労を告白

土屋太鳳×北村匠海×小関裕太というフレッシュなキャストが集結し、青春映画の傑作『ROOKIES-卒業-』の監督と、日本中が泣いた『君の膵臓をたべたい』のプロデューサーが強力タッグを組んだ映画『春待つ僕ら』が、12月14日に公開となる。

そしてこのたび、北村匠海のコメントが到着。意外な一面が明らかになり、役作りでの苦労も語っている。

北村が本作で演じるのは、主人公・美月(土屋)を気にかける、無口で天然な浅倉永久(とわ)。「寡黙ですが、とにかく真っ直ぐ。基本的にはバスケのことしか見えてないです(笑)」と一見“バスケバカ”にも思える永久について解説。

そんな永久と自身に共通するのは、毎日をゆっくりと過ごすテンションだと分析しつつも、「僕自身は、“どんくさい”んです。片方に重心がかかってしまって、バランスを崩してしまったり(笑)」と北村。そんな“どんくささ”が、永久とは異なるという。

そのため、「僕自身は、歩くときに下を向きがちですが、上を向いて歩く所作とか、佇まいとか、カッコいい仕草を意識しながら演じました」と、観ている人に“カッコいい永久”と思わせることが、大変だったと振り返った。

また、「僕は、クランクイン前のみんなとの練習には、時間が合わず4、5回しか参加できませんでした。でも、バスケに真っ直ぐな永久なので、とにかく朝からバスケをしていました」と、カッコいい仕草だけでない徹底した役作りについても明かした。

そんな北村は、「中学3年間部活でバスケをやっていました。そこからもストリートでやっていました」とのことで、部活を引退してからもずっとバスケを続けているという。

バスケ未経験だった、アメリカ帰りの天才バスケ選手・亜哉を演じた小関裕太を指導することも。たまたまストリートのバスケコートで会ったことをきっかけに、一緒に練習してきたという。

小関は北村について、「僕、めちゃくちゃ下手っぴだったのに、たくちゃん(北村)は、そんな僕にもすごく優しく、熱心に教えてくれたんです。“こうやったらもっと上手くなるよ” “こうやったらカッコいいよ”って」とコメント。

一方、北村は「僕らは経験者だけど、小関くんだけ未経験だったから、何か手伝えることがあればって思いました。教えたのは僕だけじゃないけど、みるみる成長していくのを目の当たりにしてうれしかったです」と小関との練習についても明かした。

カッコいい仕草に苦戦しつつも、真摯に役づくりに励んだ北村。未経験からアメリカ帰りの天才バスケ選手を演じられるまで小関を育て上げ、自身もバスケの腕前を磨き続けた北村が魅せるバスケシーンとは? バスケと、友情、そして恋。様々なキャラクターが交差し紡ぎ出す青春の物語は、この冬、誰もが胸を熱くする。


映画情報

『春待つ僕ら』
12月14日(金)全国ロードショー
監督:平川雄一朗
脚本:おかざきさとこ
原作:あなしん
出演:土屋太鳳 北村匠海 小関裕太 磯村勇斗 杉野遥亮 稲葉 友 泉里香 佐生雪 緒川たまき
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)あなしん/講談社 (C)2018 映画『春待つ僕ら』製作委員会

映画『春待つ僕ら』作品サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/harumatsumovie/

リリース情報

2018.11.16 ON SALE TAOTAK DIGITAL SINGLE「Anniversary」

TAOTAK オフィシャルサイト
http://www.sonymusic.co.jp/artist/TAOTAK/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC